ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

スペアリブに味噌ベースのソース

D75_6287


 生きていると色んなことがある。人生、山あり谷あり。延々と平穏無事に暮らせるのは、至難の業である。そこで、生きることの厳しさを、少しでも和らげてくれるのが、美味しい料理である。

 今回、久しぶりに特大のスペアリブを、熊本ホテルキャッスルで食すことにした。ソースがピリ辛から味噌ベースに変わり、優しい味わいとなっていた。ご飯にもパンにもバッチリで、その肉質の柔らかさとジューシーさは、抜群だった。

 先日、某所のとんでもない弁当と比較するのが申し訳ないほど、美味であった。本物の食材を、本物のシェフがしっかりと調理した料理は、目の前に運ばれてきた瞬間で分かる。

 筆者がすこぶる幸せであると感じるのは、全く好き嫌いがないことだ。馬の角以外(あるはずがない)は、何でも食せるので、甘辛両刀使いで、ドンと来いといった具合となる。

 自称グルメ通であると豪語する中、最近はシェフとの直接対話で、新たなメニュー開発に生き甲斐を感じている。本物を知らずして、コンサルができるはずがない。よって、これまで培ってきた筆者独自の食のスタンダードを、新たなメニュー開発に活かせればと意気込んでいる次第。

 世の中には、大したキャリアもなく、食に対して精通していない人間がコーディネートしている話をよく聞く。口先だけの無責任な商品開発なんぞ、世のため人のためにならぬのだが、リサーチ不足で、それに気づかぬ主催者が多々いるところが洒落にならない。インヴァストゲートしなくては!

 コンサルやコーディネートなどを依頼する場合、最も重要なことは、その人物の履歴や実績、日頃の素行をしっかりと調査して、間違いのない人物を選ぶことである。決して、虚偽だらけの自己申告を鵜呑みしてはならない。・・・そこをしっかりとしないから、堂々巡りの間違いだらけとなる訳だ。


D75_6299



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

             

  • posted by Chikao Nishida at 2017/3/21 12:05 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp