ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

不思議な出逢いの場・・・

▼最初に立ち寄ったステーキハウス淀川の淀川司朗シェフ http://www.dandl.co.jp/yodogawa/Link
collectdata1


 筆者は元々人嫌いではないが、余り積極的に人と会おうとしない性格だ。・・・多分、父の元職業柄、筆者が幼い頃に相当厳しい環境下で育てられた為に、人と会う手前の段階で、自然にフィルタリング、ブレーキが掛かるようになったのだろうと分析している。

 ところが、最近その呪縛から解放されたように、熊本市内の上乃裏通りを散策していると、毎日のように色んな人との出逢いがあり、気付けば、外国人も含めて、僅か一ヶ月ほどで、数十人との出逢いがあり、その場で色んな情報を得ることができた。

 筆者は殆ど独りで行動している。・・・気の向くまま「JUST DRINK WINE」でおやつを食べていたり、「おばんざい 安里」で簡単な食事をとっていると、必ずと言って良いほど、見知らぬ人達から話し掛けられてくる。

 第三者からすれば、筆者は凄く取っつきにくい人間だろうと思っていたが、何かが吹っ切れたように、老若男女・・・誰それから、次々と話し掛けられてくるのである。・・・或るロゼッタストーン会員からは、「以前のような凄みや威圧感が、随分和らいできたような気がします。^^;;;」と、一昨日メッセージが送られてきたばかりだが・・・。(苦笑)

 昨日は、最初に「ステーキハウス淀川」へ足を運び、桜アイスとコーヒーを頂き、それから「おばんざい 安里」のお客の入り具合をちょろんと見て通り過ぎ、それから定番となった「JUST DRINK WINE」へ行って、ベーグルとペリエをオーダーして、雑談に耽っていた。

 そうしている内に、女性二人と男性一人の三人組が同店へ入ってきたのだった。・・・突然、「あの、失礼ですが、何処かで見た事があるんですが!?」と。・・・「あ、そうそう、山鹿のご出身ですよね!Facebookで何度かいいね!したことがあります。」と、ニコニコして話し掛けてくれたのだった。

 筆者は全く記憶にないけれども、英会話を習った帰りに立ち寄ったという三人組。・・・話し掛けてきた女性は、山鹿市の出身らしい。・・・それから暫くの間、皆で英会話のイディオムの話をしたり、筆者の第4作「如水」を手渡し、グルメ談義を行った次第。

 それから、「JUST DRINK WINE」のスタッフ達と話をしていると、丁度、バーテンダーが夕飯を食べてないと言う。そこで、「ステーキハウス淀川」へ連絡を入れて、忙しいのに迷惑だろうと思いつつ、同店のスペシャルハンバーグ弁当を作って貰ったのだった。

 弁当を覗くと、ハンバーグだけではなく、豚肉の手作りハムや焼き野菜が沢山盛られており、キラキラとした美味しそうな白ご飯がぎっしりと詰まっていた。・・・お腹を空かしたバーテンダーは、黙々と笑顔で弁当を食べ、また、夕食はガッツリ食べたと言っていた女性スタッフ二人も、1個の弁当を分け合って、「ステーキハウス淀川」のスペシャルハンバーグ弁当をペロリと平らげたのだった。

 皆は、筆者の事を「いつも贅沢な美味しい食事をしているんだ!」と思っていたようだが、そこで、幼い頃の苦労話をすることにした。

 「いやいや、実はね。幼い頃、相当悪ガキだったので、父が転勤族だった為に、私独りだけ祖父母の処へ勝手に戻り、想定外に、それはそれは厳しく育てられたんだよ。帰宅時間は決まっているけれども、大抵、外が真っ暗になるまで狂ったように遊び回り、毎回遅刻。・・・。そこには、おひつにご飯がちょろんと残っているだけで、おかずも何もないんだよ。それが、私に対するペナルティー。・・・冷たく固くなったご飯に、大根の葉っぱを見つけてはザクザクと切って、冷たいご飯にのせて、それに醤油を掛けて食べた事が何度もあるよ。」と話をしたのだった。

 それを聞いていたスタッフたちは、今の時代では考えられないのか、凄く不憫な子供に感じたのかも知れないけれども、何の脚色もない、実話を聞きながら、大変辛そうな顔をして聞き入っていた。

 「今の若い奴は、ゆとり教育じゃ何だの、つまらん奴ばかりだ!」と言う大人が多いが、ちゃんとしたコミュニケーションを取らずして、一方的に罵言を発するものではない。知っているのが常識だと押し付けても、初手から知らぬ人には、その内容が即座に理解出来る訳もないのだから、時間は掛かるが、その辺はしっかりと枝葉の部分まで懇切丁寧に説明をすべきなのだ。

 将来に不安材料を抱いている今の若者。・・・彼らに必要なのことは、躾がどうのこうの、育ちがどうのこうのと批判する前に、世の中の厳しさやヒューマンコミュニケーションの難しさなどを、しっかりと教えてあげれば良いだけの話。・・・それさえ分かれば、彼らの意識も変わり、責任感の強い大人に育って行くのではないかと期待する。

 考えてみれば・・・「JUST DRINK WINE」のスタッフ達は、筆者の子供と同じくらいの年齢であることに、ふと気付いたのだった。しかし、こういったシチュエーションで話をしていると、親子関係のような年齢差を感じることもなく、皆で真剣に世の中を語り、将来を語ることができているんだ・・・と、世代を超えた会話・・・これが大切なんだと・・・我ながら、再認識させられた。

 暫くして、最後の目的地である「おばんざい 安里」へ足を運んだ。・・・「さっき、熊日の重役さん来てましたよ。西田さんでしょ?って仰ってました。」と報告が入った。最初覗いた時に、カウンターの中央部に座っていた男性だったようで、その時は私の視界には入っていなかった。

 以上のように、僅か数時間の流れだが、以前の筆者には皆無であった「突然の出逢い」が、毎日のように続いている。・・・果たして、この流れが良いのか否か、即答できないが・・・決して悪い事ではなかろうと・・・。

 また、現在記事を書きながら・・・リアルタイムに、Facebookに筆者がアップしていた写真を見て、外人さんが「A great picture! I will try and copy it for the newsletter. Are you working there part-time?」と書き込みをしたようだ。「JUST DRINK WINE」のバーテンダーの知り合いのようだが、「凄く素敵な写真なので、何とかコピーをして、ニュースレターに載せたい!・・・」と言っている。

 まあ、こんな筆者の写真・・・自分なりには相当拘ってクオリティの高い映像をアップしているつもりだが、色んな方からのリアクションがある事へ、凄く嬉しくもあり、感動ものだと・・・最近感じるようになった。・・・本当に、有り難い。・・・情報(ICT)を仕事としている筆者にとって、何よりのご褒美であると。

 
▼スペシャルハンバーグ弁当をガッツリと!
collectdata2


▼英会話レッスン帰りの三人組(男性は恥ずかしいと言って右側に逃げた)
collectdata3


▼明日のポップを書いている「JUST DRINK WINE」のスタッフたち
collectdata4



【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

【西田親生Facebookk】 https://www.facebook.com/dandlcojpLink

                                       

  • posted by Chikao Nishida at 2014/4/4 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp