ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » ICT SEO SNS

ラッコのツールボックスを見て、「!マーク」が頭に突き刺さる。・・・際限なく進化するツールの今昔物語。

newstop


 或るテレビ番組を見ていると、ラッコが脇下にある袋(皮膚の皺が袋状になっている)から、おやつの生きた貝、貝殻を破るための石、その他おもちゃなどを、飼育員へ次から次へと渡す姿があった。

 折角、自分の脇下の袋(ツールボックス)に入れているものを、短い両手を器用に使い、入っている全ての物を渡していた。10個ほどあったろうか。余りの可愛さに、つい吹き出してしまった。

 実は、この動画を見るまでは、ラッコは脇下の隙間に石1個を抱えていると思っていたのである。カンガルーかワラビーのような袋ではないが、マジシャンのように取り出す可愛い姿に、釘付けとなった筆者だった。

 ツール(道具)と言えば、原人が狩猟の道具や調理道具を発明したことで、人間の進化が加速したことは歴史書に記してあるが、ラッコと同様に、ツールを常にツールボックスに携行するビジネスマンは、甲冑を身に纏った戦士のように思えてならない。

 薄くて軽い、iPhoneやiPad(タブレット)を持ち歩くだけで、いつでもどこでもネットサーフィンしたり、企画書を公園のベンチで書いたり、魚釣りをしながらビデオ会議に参加したりできる、便利な世の中になった。

 第二次世界大戦後、空前絶後の復興を遂げた日本だが、特に、昭和30年代(約60年前)からの、日本経済発展の極超音速進化時代を振り返ることにする。

 家庭にどんどん浸透して行く、文明の利器。白黒テレビ、洗濯機、冷蔵庫は、当時、家電製品の三種の神器ともてはやされ、我先にと電気屋さんに行列ができるほどであった。

 算盤で事務をした人たちが、シャープ、キヤノン、カシオなどの電卓を使い始める。1964年の東京オリンピック前夜には、カラーテレビが世に出される。大きな箱型ステレオが、ラジカセに変身。昭和の文明開花の凄まじい風が吹き出した。

 扇風機がエアコンに、黒電話が各家庭に浸透し、国産車も軽自動車からグレードアップ。東京オリンピック同年には、ホンダがF1初参戦を果たしたのである。前年に、軽トラックと軽スポーツカーを発表したばかりの、4輪自動車メーカー最後発のホンダだが、本田宗一郎氏の英断であった。(1980年代はホンダがF1を席巻する)

 発明の後に製品化するを繰り返し、日進月歩から秒進分歩、そして光進音歩の時代へと様変わりして行く。

 以下は、過去60年ほどを振り返り、その当時の新しいツールが、これまでどのような進化を遂げ、新たな時代の文明の利器として、世界を変えてきたのかを、筆者なりに書き綴ってみたい。

1)白黒テレビがカラーテレビとなり、ワンセグの小さな液晶画面でテレビを視聴。更には、現在のスマホ画面でテレビ番組も映画も、普通に観れる時代となった。(真空管→LSI/大規模集積回路)

2)洗濯機が本格的なドラム式に変わり、乾燥機能が当たり前となり、冷蔵庫もIOT搭載となり、進化したものは、冷蔵庫内の食材管理まで可能となっている。製氷機も、レストランにあるそれに負けず劣らず、いつでも瞬時に美味しい氷が取り出せる。

3)算盤を使っていた事務職員が、電卓時代を迎えたのも束の間、現在はパソコンのテンキーで数値を打ち込んでいる。画面は自動計算結果が瞬時に出され、複合機でプリントすればウェルダンである!

4)フィルムカメラがデジタルカメラへ。1999年にニコンがD1というデジタル一眼レフカメラを世に出して、本格的なDSLR(Digital Single Lens Reflex camera)戦争が始まった。ご存知の通り、世界を席巻するDSLRは、全て日本製。現在は、4Kも8Kの動画撮影が可能となり、映画の世界にもDSLRとそのレンズ群が活躍する時代となっている。

5)糸電話でも凄いと、拍手喝采の小学校時代。それがダイヤル回して、遠隔地に住む友人と会話ができる黒電話や公衆電話。ダイヤルがプッシュに変わり、市外局番の最初の「0」の戻りに苛つくこともなく、サッと電話が通じる時代。今や、掌(てのひら)で、登録している友人の電話番号をワンプッシュで話ができる。更には、SNSを通じれば、電話回線を使用せずに、ネット回線で電話ばかりか、ビデオ会議も無料で可能となっている。

6)文書作成、表集計とグラフ、統計解析など、全て手作業であったものが、パソコンが高速処理を可能とし、全てのオフィスのデスクに鎮座していた時代。そのどでかいモニターが薄い液晶画面に変わり、今や、ラップトップ(ノートブック)が仕事の戦略ツールとなっている。

7)自宅にストックしていたLPやEPレコードとステレオ。それが、ラジカセでカセットテープの音楽を楽しめる時代となり、SONYのWALKMANが世界を席巻した。更に、カセットテープが新たなメディアに変わり、今では、ネットから音楽MP3データを数秒でダウンロードして聴ける時代へ。

8)車の三角窓が、クーラー搭載の車に。更に、クーラーがエアコンとなり、現在、高級車に搭載されているツイン・エアコンは、運転席側と助手席の温度を変えることも可能である。クーラーは、時には霜がつき、冷たい白い煙が吹き出していたが、今や、自宅の部屋のエアコンよりも快適なものに進化した。

9)ツーリングに必携であった地域別日本地図。今や、衛星からの位置情報を的確に知られるカーナビ搭載の車は当たり前の時代。カーナビにて、テレビ番組など、自宅のリビング感覚にて楽しめる。更には、スマホのカーナビアプリを使用することで、最新地図情報は自動更新となり、道に迷うことは殆どない。

10)牛乳と言えば、牛乳屋さんの宅配。ベビーコーラやラムネ、サイダーはお菓子屋さんやスーパーにて。お茶は自宅で点てるが当たり前の時代。今や、世界一の自販機国日本では、スマホのアプリを使用し、電子決済にてガチャンと音がして、選んだ飲み物が落ちてくる。

11)食パンはトースター、餅やサンマは七輪、冷めたカレーは鍋で再び温めていた昔。今は、高機能電子レンジ1台で、全てを捌いてくれる。冷めたコーヒーは50秒で飲み頃に。食パンに限らず、いろんな形状のパンも焼ける。更に進化したレトルトのカレーやその他食材は、電子レンジに置いたまま、1分少々で「いただきます!」となる。(火傷注意)

12)本屋さんに行き、自分が読みたい本を物色するアナログ時代。今や、Kindleなどの電子本が登場し、数分でデータをダウンロードすれば、iPadなどのタブレットで、すぐに読める時代になった。難を言えば、ページを捲る時に、パサっと音がすれば、臨場感があり嬉しいのだが。まだ、進化の余地ありと見ている。SDGsという観点では、森林伐採を抑える効果があるに違いない。

 上述のように、昔と今を比較すると、昔が旧石器時代のように思えて、懐かしいばかりの思い出になるが、LSIの発明は、特に、電化製品や事務用ツールの進化に、すこぶる貢献してきたことが良く分かる。

 本日も、徒然なるままに、一気に書き綴った主な家電製品の変遷やその他ツールの進化。スティーブ・ジョブズが2000年に「パソコンは100年進化する!」と言っていたが、これから80年弱、どのようなデジタル時代になるのだろうか、興味津々である。

 しかし、懸念していることは、「量子コンピュータ」が一般的に流通すれば、現在の管理社会がより一層厳しいものになり、AIロボットに支配された、刑務所のようで無機質な社会に変わり果てるのではないかと・・・。


▼AI調理ロボットよりも、愛する人が作る料理が断然旨いに違いない。
20220630curry


----------
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

                           

  • posted by Chikao Nishida at 2022/6/30 12:00 am

ICTプロ並みスキルアップの王道とは!?ピンポイント学習よりも、コンビネーション学習がオススメ!

newstop


 本日は、筆者のICTプロ並みZOOMセミナーについて、触りのところだけお話ししておきたい。

 ICTと言っても、間口が広く、奥が深い。そこで、特にデジタルが苦手という方は、何から学習すれば良いのか迷い、途方に暮れることが多いと推察する次第。

 ICTの概念さえ理解できず、結局、パソコン「いろは教室」に通い、基本コースでピンポイント学習を体験することになる。数ヶ月後に修了証をもらい、現実に戻る。何となく分かったようで、頭の中はハゲ散らかしの状態である。

 その程度であれば、ノートブックをゲットし、Amazonからパソコンやアプリの教本(基本書)を買って、自主学習した方が手っ取り早い。

 パソコンを買って、立ち上げ、Wi-Fiさえ繋がれば、誰でもブラウザを利用し、インターネットの世界を閲覧できることになる。

 Google上で検索キーワードを入力すると、それなりに、探したいものが見つかる。最近は、その行為自体を「グーグル先生に聞けば!?」と言うらしいが・・・。

 ワープロや表集計のアプリがあれば、各々のアプリを立ち上げれるだけで、誰でも手紙を書いたり、数値入力後にデータの並び替えやグラフなどを簡単に作れる。所謂、数値データのビジュアル化である。

 デジカメやスマホで撮影した写真や動画をパソコンと共有(クラウドに保管&共有)し、市販のエディタを使えば、誰でも写真や動画の加工、編集が簡単にできる訳だ。しかし、最近は、サブスクリプションのアプリが増え、契約解除に難儀している人も多いと言う。要注意である!

 以上が、ICTスキルアップであると思い込んでいる人が多いけれども、それは、パソコン教室のハードとソフトのお遊戯でしかない。ICT全体からすれば、完結への「あみだくじ」スタート地点であり、幼稚園を卒園したレベルでしかない。

 実は、40年以上も前のパソコン&アプリの機能を挙げれば、1)文書作成、2)表集計とグラフ、3)データベース、4)画像処理、5)音楽、6)通信など、基本は全く変わっていない。

 そこへ、2D又は3DコンピュータグラフィックスやSNS、ビデオ会議、メタバース(仮想現実世界)などが加わると、現代の最先端ICTに少しずつ近づくことになる。

 大抵の場合、パソコンやスマホなどのハードウェアと表集計など数種アプリを使えれば十分だと考え、胡坐をかく人が多い。それは、単に触れているだけであり、業務に応用するためのツール(道具)として、更には武器として実践できるスキルと言うには程遠い。

 ここらで、パソコン教室のお遊戯を学んだ方々の制作物を検証することにしよう。

 先ずは、ワープロで書かれた文章を見ると、主語述語が曖昧で支離滅裂。表集計の数値や関数などを入力しているだけで、処理分析ができない。よって、肝心要のグラフも完成しない。

 パソコン操作と数種のアプリ操作が可能になったと言うので、その使い方を見ていると、とにかく無駄な動きが目立つ。想定外にデータが嵩張るだけで、プレゼンテーションの段階まで到達していない。

 写真や動画の加工についても、目の前のアプリの操作ボタンを探すのに必死となり、オリジナル写真自体がどんどん劣化して行く。タイトルや本文などのフォントの組み合わせが、余りにもダサい。BGMの著作権フリーか否かのチェックを怠り、或る日突然、著作権侵害として刑事告発(又は告訴)される。

 データの保存状態が悪く、どこに何のデータが格納されているのか分からなくなり、気づけば、同じ内容のデータ(単に名前を変えたもので、中身は同じ)が複数散在し、大切なオリジナルデータが迷子になってしまう。

 更に、入力装置の一つであるキーボード操作を見ていると、両手の人差し指と親指だけが、太極拳のようなペースで動き、他の指は完全スリープ状態となっている。見ているだけで、こちらが眠くなる。

 翌日、前日からの業務を続けようとして、パソコンからアカウントとパスワードを求められると、何度入力しても弾かれてしまい、ログインできない状態が続き、とうとう諦め、パソコンのリセットに走る。

 ショートカットキーを上手く使えないために、一つ一つの作業が、プルダウンメニューからいちいち選択することになり、10分で処理できるものが、1時間も2時間も掛かってしまう。終業後の業務報告に長時間掛かるようでは、初手からパソコンを使わぬ方が良い。

 何故、上述のように漫画のような話になるのだろうか!?

 それは、ピンポイント学習に原因がある。コンビネーション学習を理解していないために、同じ自転車に乗って観光地を一気に散策できるのものを、別々の自転車を借りて散策に臨むといった、非常に無駄なことを繰り返しているのである。

 畢竟、ICTプロ並みになりたい人は、ソフトウェアとハードウェアのコンビネーション学習に挑戦し、最短最速最適な操作レベルに達することが先決となる。

 そして、楽しい音楽を奏でるような流れで、ハード&ソフトを業務に活用できる段階までスキルアップできれば、しめしめ「完全無敵」の捌ける人間となる訳だ。


ict-20220620


ChikaoNishida-seminar


----------
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2022/6/28 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behanceオブスクラ写真倶楽部ディー・アンド・エルリサーチ株式会社facebook-www.dandl.co.jp