ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » ICT SEO SNS

「Note」を更新!!!

pen


 昨日の「ICT研修」では、「Note」の機能やその他SNSとの連動についてレクチャーを行った。研修生は呑み込みが早く、午前中には各自アカウントを取得して、設定の段階へと進んでいるようだ。筆者も負けじと、本日はマガジン「呑舟の魚枝流に游がず」を新たに追加し、その一つでもある「花鳥風月(一品一筆)」にカワセミ、ミツバチをアップしてみた。

 「Note」の特長は、無意識の内に、自分の頭の中が綺麗に整理されて行くところである。とても不思議なほどに、自分の掲げたテーマが不似合いに見えれば削除し、もっと彩りを与えてバランスを取れば良いと思えば、自由自在にイメージも並びもシーケンシャルに変えて行ける。冗談抜きに、十数年続けているこのBlogと比較すれば、機能としては雲泥の差。ちょいと、浮気をしたくなってきた。

 冗談はさておき、仕事人はしばしば頭の整理をすべきであるが、ネット事業とコンサル事業の二刀流をしていると、たまさか思考回路がショートすることも無きにしも非ず。特に正義、正論が通らぬ時は、トサカから火砕流が噴き出してしまう。それも、ビジネスライクな情報共有や定期的な連絡事項が手元に来ていないと、火砕流が倍増する。短気は損気だが、「逃げ」の音信不通だけは許せない。

 しかし、諄いようだが「Note」は、使い方次第では、真っ当なビジネス・ツールとして、ウェポンとして活用できるのではないかと、現在、いろんな切り口にて、遅ればせながらの研究しているところである。寝不足が続くものの、思い立ったら即行動主義者なので、1に極力近い反発係数にて、思考回路が昔のブロックゲーム(高速)のように、活発に動き続けている。

 蛇足ながら、「Note」において、ハッシュタグにカメラとレンズ「SIGMA」を書き込んでいたら、早々に、SIGMA公式Noteより「皆さまとSIGMA」に筆者の掲載した記事を紹介してあった。流石にハッシュタグの威力は凄いと思ったが、それをしっかりと取り上げるところが、一流企業のSNS戦略であると感服した次第。脱帽、礼である・・・。


▼西田親生の公式「Note」
https://note.com/chikaonishidaLink
chikaonotetop


▼Noteマガジン「呑舟の魚枝流に游がず」
https://note.com/chikaonishida/m/m14d5ce97aca6Link
donshu


▼Noteマガジン「花鳥風月(一品一筆)」
https://note.com/chikaonishida/m/m71076bd5d1b7Link
20220118kingfisher


20220118bee


chikaonishida


----------
ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

               

  • posted by Chikao Nishida at 2022/1/18 12:00 am

「Note」のススメ!

newstop


 「今頃、Noteですか!?」と笑われるかも知れないが、いやいや、なかなか、Noteの面白沼に嵌まり込んでしまい、ここ数日で設定完了したのだった。先日、誰にも知られることなく、静かに始めようかと思っていたが、アップするたびに、フォローの知らせがピンピンと鳴っている。

 ネット事業を開始したのは1995年8月22日であり、今年が27年目となる。現在、業務上、blogを毎日記事として書き綴っているものの、当初は、このカミソリのような性格なので、気持ちが全く乗らなかったのが正直なところである。しかし、仕事なので、仕方なく・・・。

 それでも、公式ポータルサイト「The Rosetta Stone」のBlog Newsは十数年間続けている筆者がいる。周囲は、「暇な人で、カメラも道楽でしょ!?」と揶揄する人もいるとかいないとか。Blog嫌いが必死になって十数年続けているのだから、道楽なんぞと言われたくはない。

 ただ、今回「ICT研修」にて「Note」も教材として閲覧させたいので、数日前に自ら設定を行い、つい先ほど体裁ができたばかり。まあ、幼い頃から「人気者」のキャラではないので、この数日間は全集中。見たいテレビも映画も我慢して、「Note」に専念したのだった。

 そこで気づいたことは、根っからのBlog嫌いの筆者が、何の抵抗もなく、サラサラと増設している自分の姿に失笑し、首肩の痛みに耐えながら、一所懸命に教材作りをやっている自分が子供に見えた。しかし、「Note」というものは、何度も頷くほど完成度が高い。

 TwitterやFacebook、LINEとの共有(連動)が可能なので、文章を書き綴ることが好きな旅館の女将さんやホテルのマネージャーにもオススメしたいと考える次第。マガジンをカテゴリー分けに使えば、とても面白いBlogにより情報発信ができはしないかと・・・・・。

 何はともあれ、本日の午前中は「ICT研修」にて、ZOOMで講義をしなければならないので、ここらでペンを置くことにしたい。

 
▼「Note」で設定を完了した自分の画面
NOTETOP-CN


20220117-note001


20220117-note002


20220117-note003


20220117-note004


▼筆者「Note」のQR-CODE
 https://note.com/chikaonishida/Link
chikaonishida


----------
ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

               

  • posted by Chikao Nishida at 2022/1/17 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behanceオブスクラ写真倶楽部ディー・アンド・エルリサーチ株式会社facebook-www.dandl.co.jp