ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » 著作権侵害

まだまだ止まぬ、著作権侵害。

▼筆者の写真を堂々と無断借用しているサイト
chosakuken


 久しぶりに、筆者の写真掲載状況などのチェックを行った。検索で抽出している間に、パッと画面に現れたのは、十数年前に筆者が撮影した某飲食店の外観写真である。それが他県(九州外)の某観光協会紹介ページのトップで無断掲載されているのだった。

 著作権に関する法令が厳しくなっている現在でも、このようなお粗末な「無断拝借」的な、苦労せずして穴埋めしているケースが絶えない。とても残念なことであるものの、「法の無知」を気づかず、社会人として業務を行っているのは本末転倒となる。

 早速、先方へ直接警鐘を鳴らす為のメッセージを送ろうかと考えているが、「たった1枚の写真だから、どうせ知られる可能性も無かろうし、転載しても問題ない!」程度の浅はかな考えでのWEBサイト構築なのだろうと・・・。

 新聞社を経て、会社を起こして28年。まあ、色んなことがあった。特に、今回のような「著作権」を真っ向から侵害されたケースは、想定外に多かった。真摯に受け止め、謝罪をして頂いたところもあるものの、ほとんどが逃げの姿勢で、結果的にはマスコミに叩かれた。都合が悪いと嘘で嘘を塗りまくる、姑息な人間が増えていることになる。

▼十年前にドイツ製のライカ(デジタルカメラ)で撮影した店舗写真(店舗名は敢えて消している)

original



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link


       

  • posted by Chikao Nishida at 2018/8/7 02:08 pm

著作権を守らぬ人は・・・

kaitsuburi


 著作権を守らぬ人は、いい加減な人だったり、信用に値しない人が圧倒的に多い!

 ★分からなかったら、適当に使っても大丈夫だろう!
 ★この程度なら、大したクレーム付かんだろう!
 ★貰ったんだけど、ヤフオクなんぞで売ってやれ!
 ★「書」の下、印の部分だけ外して、使ってみよう!
 ★他人の写真だが、トリミングなどエフェクト掛けて使ってみよう!
 ★他人のYouTube動画ダウンロードして、改竄して再UPしよう!

 ・・・・・

 長年、会社経営をしてきた中で、何度も著作権侵害を受けたことがあった。しかし、こちらからの指摘に対して、誠意をもって対応したのは、優良企業のみ。大した問題ではなかったが、優良企業だからこそ、過失を真摯に受け止め、先方から何度も足を運び、謝罪や詫び状を頂き、更には、仕事の繋がりなど、勿体無いほどのご提案もあった。

 されど、堂々と著作権侵害した個人や第三セクタなどの代表や担当者は、黙してさっさと逃げるばかり。それに加担したコーディネータもまた同様に黙して語らず。ひたすら逃げるのである。常識のなさ、人格欠損が浮き彫りとなるばかり。

 商品開発やネーミングなど、特に、著作権や商標登録などの事前調査を行い、慎重にやるべき問題だが、田舎に行けば行くほど、著作権を軽視し、勝手に真似たり、そのまま使ったりと、大胆不敵な違法行為が絶えないのは事実。前述のように、発覚すると黙して逃げる。いい大人が、自分の責任を果たさず、一目散に逃げるのである。平気で違法行為をごまかして逃げるのだ。

 現在、著作権に関しては、その侵害行為は犯罪として厳しく処罰され、保護されるようになった。しかしながら、地方においては、まだまだ犯罪行為である認識さえも欠落している人の方が、圧倒的に多いのは如何なものかと・・・。


◎先見塾公式サイト
 http://www.senkenjyuku.com/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2016/11/16 12:02 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp