ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » コラム・評論

『(出入り)業者』と発する人に違和感。fifty:fiftyの関係が、今の時代である。

pen


 社会人となり、初めて違和感を持った言葉の一つに『業者』と言うものがあった。前職は新聞社であったので、仕事面で優位な立場にあったことは否めない。ただ、訪問先にて『業者』という言葉が連発されると、鳥肌が立つほど不愉快になったものだ。

 それから起業した筆者だが、1990年からの草創期はCGシミュレーション動画に着手。県内、九州を席巻するほど、圧倒的にその分野は強かった。そして、1995年にインターネット着手。そこで『業者』という言葉をよく聞くようになったのである。

 基礎自治体や学校の打ち合わせ会議で足を運べば、『業者』の連発。また、宿関連の経営者と話をしていても『業者』という言葉が噴き出した。すこぶる横柄極まりないと感じたものだ。

 ここで、『業者』の意味を調べることに。『業者とは、商工業などの事業を営んでいる人』とある。よって、基礎自治体や学校の教職から見た『業者』を、宿などの一般企業の経営者が『業者』と言うのは、果たして正解なのか。(自分たちも『業者』なのだから)

 多分に、宿からは『出入り業者』を略して、『業者』と呼んでいるに違いない。これは上から目線の表現に思えてならないが、人間はどこかで他人と比較して優劣をつけたくもあり、優位な立場での物言いなどは、どう逆立ちしてもフラット思考とは言えない。

 また、講演会の講師を依頼された時に、講演にて「出入り業者の人たちを、業者と言って見下すような表現は好ましくはない。何故なら、出入り業者の方の息子や娘が結婚式を貴方のホテルで予約されれば、それは大切なお客様になってしまう。せめて、『業者さん』と呼ぶべきだ!」とよく言ったものだ。

 それから数十年経つけれども、やはり、今でもカントリーサイドに足を運び入れると、『視野狭窄』というか『燕雀知らず天地の高さ』というか、初めてお会いする経営者が、無意識の内に『業者扱い』を当然のように行なっている。先日など、予定していた会議を、当日現地ドタキャンされた。これには驚いた。筆者が一番嫌う『出入り業者扱い』的な差別である。

 これが、『厚顔無恥』なる人の『立ち位置』であろうかと。日頃から当然のように言葉に発する『(出入り)業者』。しかし、オフィスを訪ねてくる人たちを、全てそのような眼で見ていることの恥ずかしさもないところが、何とも、その経営者を痛く感じてしまった。

 仕事のマッチングは、双方にメリットがあるところを見出し、合意の下に、契約なりが成り立つ。ところが、初手から上から目線にしていると、とんでもない落とし穴が眼前に。言い放ってしまった言葉や粗野な取り扱いを、過去に遡及して訂正することは不可となり、大恥をかくばかり。更に、事前に渡している資料を持参せず会議に臨むなんぞ、あり得ない。

 この時代、全てにおいて『fifty:fifty』の関係が常識である。昔のように、どっちが上か下なんぞ、無意味なもの。それを、今でも「あ、それは業者に頼もう!」と言ってしまった段階で、横着でもあり配慮のない人間だと思われてしまう。特に専門知識に長けた『業者さん』ならば、後々赤恥をかくのは必至となる。

 人は、どこかで差別したり、優越感に浸ることへの心地良さを求めているに違いない。極論ながら、人種差別もジェノサイドも絶えない世界が存在するのは、人の悪き本能によるものだと考える次第。

 大事なことは、皆平等であること。自分ができないことを依頼する相手は『業者さん』であり、決して『出入り業者』とキツく言い放ち、粗野に扱うものではない。そんな低民度な考えで人に接していると、必ず、大火傷をするに違いない。御用心、御用心。

▼菊池川と山鹿大橋(熊本県山鹿市)
kikuchigawa20220803


----------
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

             

  • posted by Chikao Nishida at 2022/8/3 12:00 am

『覚醒』した人を見ると、心が躍る!

chikao


 先日、或る社会人(三十代)に苦言を呈した。別に可愛くもなければ、気にもならない人間ならば無視して放置するが、以前からよく知る人間だったので、敢えて、柔らかく厳しく、苦言を呈することにした。

 苦言は、実例を挙げ、一つ一つ噛み砕いて、優しさと厳しさを組み立て話をすることにした。勿論、筆者は彼を叱責する立場ではないが、その人物に『気づき』を求める気持ちの方が強く、敢えて、ベクトルの歪みを検証しながら話をしたのである。

 彼の表情を見ると、いつもの様に、やや遠目の距離感を感じるオーラが滲み出ている。多分に、一方的な『難癖』の始まりではないかと警戒したのかも知れない。しかし、一つ一つを紐解き、ベクトルの歪みについて語ると、しっかりと筆者を見て、真剣に話を聞いてくれた。

 30分ほど経ったろうか、それまで緊張の糸が張り詰めていたのが、急に肩の力が抜けた様に、表情も穏やかになっている。有り難いことに、筆者のサジェッションを、真摯に受け止めてくれたようだ。

 それから数日後、筆者のコラムについて感想文が飛び込んできた。これまで、ほとんどそのようなリアクションがない人物だったが、彼なりの言葉で感想文が舞い込んだ。

 その日のコラムがやや辛辣なものだったので、彼は自分のことだろうと勘違いしたようであった。しかし、それは彼への暗示ではなく、一般的なビジネスにおける心得についてのコラムだった。

 メッセージには、「今回の記事は私のことかと思っている次第です。失礼しました。」とあった。自分のことではないことを知って、再度メッセージが飛び込んできた。「そうでしたか。それもまた失礼しました。しかしながら、自分の事と思って、身を正していきたいと思います。」と。

 とても数日前の彼とは全く異なる人間のようなリアクションである。元々、気が優しく、周囲を気にし過ぎるが余り、重大局面において、迅速かつ正確な判断、実行ができない人物だった。そこを突いたのが、今回の苦言である。

 昔は、喧しい爺さんが、近所の悪ガキたちを叱りまくって躾をしていたが、今時、血族でもなく、会社の同僚でもない人間から苦言などあり得ない時代だ。しかし、良き時代の日本人の距離感は「向こう三元両隣」。彼への期待が大きいから、つい苦言を呈したのだが・・・。

 今回、彼にとってはいらぬ世話だったのかも知れない。しかし、今回のサジェッションを理解し、改善に至れば、5年後、10年後の彼の職位は圧倒的に上位にあるはずだ。特に、接遇をメインとする職種であれば、尚更のこと。

 彼も妻帯者でもあり、10年後には会社を牽引する重責を果たさねばならぬ時期が訪れる。その時、部下の鏡たる存在になっているか否かで、人生が随分変わると、筆者なりに考えたのである。

 今回のサジェッションが奏功するためには、更なる努力と実践が必要となる。人の三倍努力すれば、先々は管理職の先頭を走り、更に、人の三倍信頼を勝ち取れば、経営側に必要不可欠な人材となる訳だ。

 有難いことに、彼は一瞬にして『覚醒』した。その証拠に、「覚醒」した彼の表情は、言葉に尽くせぬほどの素敵な笑みに満ち溢れていた。

 ○○くん、君なら遣れるよ!


kakusei20220801


----------
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

               

  • posted by Chikao Nishida at 2022/8/1 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behanceオブスクラ写真倶楽部ディー・アンド・エルリサーチ株式会社facebook-www.dandl.co.jp