ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » コラム・評論

カルガモにフォーカス!

Spot-billed-2


 熊本市内の遊水池として人気の、八景水谷公園。コロナ禍と言えども、四季は移り変わり、カルガモやヒドリガモなど、多くの渡鳥が飛来する季節となった。今回、対岸近くを遊び回るカルガモにフォーカスを当て、その愛くるしい表情を捉えることにした。

 ヒドリガモと比べると、カルガモの方がやや神経質なのか、なかなか近くへ寄って来るそぶりもない。対岸近くを数羽が泳いだり、水面にプカプカと浮かんで寝ているものもいる。カルガモの目がとても可愛いので、シャッターブレを起こさぬように、しっかりと手元を固定して撮影。

 実は、白鷺や青鷺の捕食の瞬間を撮影するのが目的であったが、同公園は、想定外に年配の方々が多く、歩いたり、お喋りしたり、更にはトランペットを吹く人もいて騒々しく、白鷺や青鷺の姿はなかった。写真家の話を聞くと、午前中の静かな時が捕食の撮影に良いとの事である。

 時折、ピーピピピッとカワセミのさえずりが聞こえる。ここでカワセミに浮気をすれば、気が散ってフォーカスが乱れてしまう。頭の中で耳栓をして、カルガモに集中することにした。しかし、食後なのか、昼寝をしているカルガモが多く、動きのない写真ばかりとなった。

 先日、写真仲間の一人が、八景水谷公園にてミサゴや青鷺の捕食の瞬間に遭遇し、ボルテージが上がりっ放しと言う。先ほど電話があって、その詳細を聞くと、ミサゴの捕食の撮影は2年ほど遠ざかっていたので、じわじわと当時の大きなニゴイをゲットしたミサゴを思い出した次第。

 さて、次回のテーマは「ミサゴ」。なかなか午前中に動けないので、山鹿市の菊池川近くに生息する「午後4時半のミサゴ」(勝手に命名)を狙うか、または、午後から同公園に現れるミサゴを待つか悩むが、ホバリングから川面に急降下するミサゴの勇姿が脳裏を過ぎるばかりとなる。


Spot-billed-4


Spot-billed-3


Spot-billed-5


▼昨日、海外の写真愛好家グループ(非公開Facebookグループ)で2位をゲット
Spot-billed-1


▼2年前に撮影したミサゴ
misago-2yearsago



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2021/1/16 12:00 am

コロナ禍に堪える宿・・・

josui-3


 GoToキャンペーンが頓挫し、全国の宿も食事処も、悲惨な状況下にある。政府と各自治体との連携がお粗末だったり、専門家の声が浮き沈みしたりで、どうも、後手後手に回った政府判断に、国内全体が掻き回されているように思えてならない。

 近頃の報道内容を見ていて、感染死者数の移行の「数字」に段々と慣れてしまっているのではないか。単なる「数字」の大なり小なりで判断するのではなく、人口比や発生要因などの詳細を把握して、出歩く人間へは「コロナ対策へのモラル」を再認識させる必要がある。

 GoToキャンペーンの有無により、コロナ感染者が急増しているのではなく、受け皿となる店の対応、更には、その店や宿へ足を運ぶ人たちの認識不足と甘い考えがコロナ感染を急増させている。他国の悪例として、米国大統領のトランプがコロナを軽視した姿勢が、今の米国の惨状をもたらした。

 真面目にコロナ対策をしている店や宿は沢山ある。ところが、そこへ足を運び入れる客がコロナ対策への認識不足となれば、受け皿側の努力も藻屑と化してしまうのである。何事も民度の高さを保ち、自分自身の行動に責任を持って欲しいもの。それが、コロナ感染を防ぐことになる。

 写真下のように、松島観光ホテル岬亭(熊本県上天草市)は、新館となって30年が経つが、今回のコロナ対策については早期に着手し、この厳しい経済状況下においても、可能な限り、「新型コロナウイルス感染対策」を講じてきた。悲鳴が出るほど、一所懸命に頑張っている。

 筆者が取材ランチで足を運び入れる熊本市内のシティホテルも同様に、コロナ対策を講じて、安心安全なホテルとして、万全を期している、ただ、気になることは、それを利用する旅行客や常連客のコロナに対する気の緩み。どうしても、コロナ以前と同様に脇の甘さが見え隠れする。

 コロナ対策では、「三密を避ける」が一番だけれども、コロナが上陸してからは、日頃の手指消毒やうがいなどの衛生管理への意識が高まり、結果的に、年間1万人近くが亡くなっていたインフルエンザの猛威も衰退しているという現実。如何に、日頃からの衛生管理が重要であるかの証となる。

 年が明け全国的なパンデミックに陥ったのは、海外からの人の動き、つまり政府の「水際対策」の曖昧な遣り方にも大きな問題がある。今更ながらに云々言って、パッチワークしているけれども、やはり、入国前2週間の隔離徹底しなければ、当然のように、今の状況に陥るのである。

 コロナ感染は他人事ではない。無症状者が無責任にもマスクも付けず、食事処で騒ぎまくるから、感染拡大が止まらない。忘新年会などは、酒呑みの「口実」であり、悪しき慣習と言わざるを得ない。意味のない呑み会を続けても、今の時期は、コロナ感染拡大を助長するだけの話となる訳だ。


▼松島観光ホテル岬亭(熊本県上天草市)公式サイト表紙イメージ
 https://www.misakitei.co.jp/Link
misaki-hp-1


misaki-hp-2


misaki-hp-3


misaki-hp-4


misaki-hp-5



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2021/1/15 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp