ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » 熊本ホテルキャッスル

ぷるぷる美肌鍋膳・・・

▼ぷるぷる美肌鍋膳

bihada-001


 以前は、1日10食限定として、ダイエットが気になる人にぴったりの「ぷるぷる美肌鍋膳」(熊本ホテルキャッスル ダイニングキッチン九曜杏)というものがあった。現在は、限定という文字が外され、季節的にも段々と涼しく、更に寒くなると、取材ランチの一つとして重宝することになる。

 ぷるぷるという言葉の響き通り、この美肌鍋の売りは、熱々の鍋にコラーゲンを投入、固形アルコールの炎が上がり、グツグツと鍋中が煮たってくる。鶏肉やツミレ、豆腐、きのこ、にんじん、ミツバ、分厚いキクラゲ、白菜、ネギ、春雨などが溢れんほどに煮込まれ、つゆに薬味を入れ、それに漬けて食す訳だ。

 最近、新たな発見があった。激辛カレー(キャロライナ入り)を平気で食して汗もかかない人が、この美肌鍋を食すと、体がポカポカと温まり、額や首筋に汗をかくというのだ。お値段のほどはリーズナブルで税サ込二千円。勿体ない話だが、この美肌鍋が名の通り美肌に直結した料理として周知されてなさそうである。

 通常の和食には刺身がつきものだが、この場合、刺身蒟蒻(こんにゃく)がついているので、それにワサビを多めにトッピング、鼻から脳髄までツーンと突き刺すような刺激を毎回楽しませていただいている。重ねて、ワサビには抗酸化作用があるので、美肌作り(若返り)のために、毎回目一杯食べることにしている。

 トレイの料理を食した後に、鍋にはコラーゲン汁が若干残るので、レンゲで椀に全てを注ぎ入れ、薄めに味を整え、最後の一滴まで飲み干すようにしている。食後のデザートが出され、焙じ茶で〆となるが、腹八分の満腹感と、体がポカポカと温まる即効性への満足感は、とても有難く、感謝するばかりとなる。

 また、同レストランでは、宿泊者向けの朝食に和食(普通の白ご飯又はお粥)を準備しているが、一般的に、ホテル朝食はバイキングが多い中で、同ホテル宿泊客の満足度は高いという。かなりのヒット商品のようだが、午前10時までがモーニングなので、これを食すには、早朝取材を組み込まねばならない。


bihada-002


bihada-003


bihada-004


bihada-005


bihada-006


bihada-007


bihada-008



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
写真・文責:西田親生

           

  • posted by Chikao Nishida at 2021/10/9 12:00 am

桃花源三代目料理長との出逢いと別れ・・・

▼銀座桃花源でサーブされたランチ

kawakami-000


 2007年に日本上陸した仮想現実世界セカンドライフ。当時、国内外から特派員を募集し、東京、千葉、茨城、群馬、静岡、京都、大阪、兵庫、熊本、沖縄、台湾、フランス、アメリカ、フィリピンなどから、「熊本ジャパン」の正規会員及びロゼッタストーン特派員に加入して頂いた。今も尚、皆との親交があることへ感謝感謝となってしまう。

 それから各地でオフ会を開催することになり、各地のグルメを楽しんだ。写真上は、東京オフ会を開催した時のランチコース。注文は「遊びでお願いしたい!」と言っておいたものの、途中で、鶏の足が入っているのには驚いた。俗称「もみじ」と呼ぶらしいが、それが、銀座桃花源総料理長 川上洋信氏とのファーストコンタクトだった。

 聞けば、同氏は中国料理世界大会において、肉部門で日本人初の銀賞を受賞した凄腕という。言葉は悪いが、肉の天才的変態である訳だ。それから熊本ホテルキャッスル地階にある四川料理 桃花源本店の料理長として赴任。とんとん拍子に昇格し、同ホテル常務兼総料理長に昇り詰めた。よって、今年は黄綬褒章受章というおめでたい年となったのだ。

 しかし、残念ながら6月下旬に現役を退くことになり、同氏が鍋を振る姿を見ることもなく、その料理を食すこともできなくなったのである。食の想い出というよりも、人生の想い出の1ページを飾ってくれた、凄腕料理人。その味は死ぬまで忘れることはないが、いつの日か、機会があれば、同氏の料理をテーブル一杯にご披露したい・・・。

 同氏は常に平身低頭であり、電話を掛ければ、必ずコールバックをし、パンパンパーンと明るい声で語ってくれた。コールバックするのは、社会人としては常識であるので、同氏は当然のことをしているのだろうが、最近は、コールバックもなく、音信不通を続けるお馬鹿もいるので、同氏の早いコールバックはやけに新鮮に感じてしまうのである。

 これまでどれだけの料理を作ってもらったのか思い出せぬほど、多くの美味しい料理を提供してくれた。写真下は、同氏が同ホテル総料理長になった頃のものである。特別料理ではなく、全て筆者のいつもの流れ注文だが、その料理は早い、熱い、旨いの三拍子が揃っており、万が一、食材にブレがある場合は、必ず声を掛けて確認してくれていた。

 筆者の中国料理のグルメ歴の中で、記憶に深く刻まれるような料理を作ってくれた料理人は、同氏とその先輩である善家繁元常務兼総料理長である。今は、同店にて二人の姿を見ることはないけれども、現在、同店四代目の若手の早川史朗料理長がしっかりと受け継いでいるので、密にならぬタイミングを狙って、下の料理を注文してみようかと・・・。

 末筆ながら、前述の銀座桃花源は、今年3月末をもって廃業となった。熊本発、全国区の四川料理は、知る人ぞ知るであるが、熊本にお立ち寄り頂いた折には、是々非々、伝統と歴史を誇る四川料理 桃花源(熊本ホテルキャッスル)へ足をお運び頂ければと考える次第。決して敷居が高い雰囲気ではないので、お気楽に、お気楽に!

◎写真上の採譜
(1)鶏レバーとハツの椒麻ソース
(2)今が旬 いんげんの炒め
(3)エビ蒸しギョウザ フカヒレ入りギョウザ
(4)やわからガツの四川風
(5)砂肝の菊花仕立て 色々野菜とともに
(6)豚足の香料煮
(7)ホイゴーチャーハン
(8)テールスープ桃花源スタイル
(9)フレッシュフルーツ入り やわらかアンニンドウフ
 ※鶏の足(俗称もみじ)入りスープ・・・サプライズ


<同氏が作った料理>
▼ピータン
kawakami-001


▼雲白肉
kawakami-002


▼フカヒレと蟹ミソのスープ
kawakami-003


▼アヒルの燻製
kawakami-004


▼蟹チャーハン
kawakami-005


▼牛肉の牡蠣ソース炒め
kawakami-007


▼イチジクのコンポート 木苺ソース添え
kawakami-006



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
写真・文責:西田親生

   

  • posted by Chikao Nishida at 2021/9/24 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behanceオブスクラ写真倶楽部ディー・アンド・エルリサーチ株式会社facebook-www.dandl.co.jp