ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » 山鹿市探訪

有働サイクル(山鹿市)へ・・・

▼NIKKOR 20mm f2.8 単焦点レンズで撮影
800_8809


 有働サイクル(熊本県山鹿市<豊前街道沿い>)へ足を向けた。久しぶりだったが、同店の記事を最初にアップしたのは、確か2016年12月9日だった。90年の歴史を誇る自転車専門店なので、足を運ぶたびに何か書きたくなる。理由の一つに、生粋の山鹿人の方言が大変心地良いのだろうと。明治生まれの祖父母の訛った言葉が蘇るほど、実に滑稽だ。例えば、「うしたる、ねぶったくる、ひゃりこくる、おもさん、あば、あばかん、わいさーし、たいぎゃな・・・」と。

 普段は電話もせずに、ふらっと立ち寄るけれども、土曜日だったので、お店が開いているか否かの確認と、ご家族がいらっしゃるかの確認をするために、前もって電話をして立ち寄ることにした。お店に入ると、いつもの様に、にこやかに迎えてくれる有働家三人組。今日もまた、温かい珈琲と美味しい羊羹をご馳走になった。帰り際に盛り上がったのは、筆者が書き綴った「如水 IV」(吉村悌二の世界)の小冊子にある「チョップドビーフステーキ」のレシピ情報について・・・。

 料理が大の得意のお母さんだが、その小冊子を開くや否や、牛肉の部位や粗挽きの按配、卵の個数、玉ねぎなどをチェックしながら、「ちゃんとレシピば書いてあるけん、今度作ってみよかなあ!」とやる気満々である。息子さんは「この前の記事で、松島観光ホテル岬亭さんのウツボのお造りがあったでっしょが!?あれは、旨かっですかね?一回、食べてみよごたる!」と・・・。隣では、いつものように、担々麺大好きのご主人が、遠慮気味に笑って話を聞いている。

 何とも言えぬ「有働トライアングル」。話題が尽きず、時には取材時間がなくなることもあるが、今回はギリギリのところでミサゴ狩りへと移動したのだった。菊池川沿いの駐車場にて、筆者が名付けた「4時半のミサゴ」を待つことにした。待つこと15分。4時半過ぎに大きな翼を持ち、獲物を掴んだミサゴが、強風の中で姿を現した。残念ながら、装着しているレンズが70-200mm f2.8だったので、情けないほど小さく写ってしまい、意気消沈。

 最後に、これまで有働サイクルの記事を幾つ書いたのだろうと、ロゼッタストーンBlogニュースを開き、「有働サイクル」で検索することに・・・。何と、この1年半ほどで17本の記事を書いている。拙(つたな)い記事ではあるが、それだけ、「有働家三人組」のお人柄が素敵であるという証だろうと、何度も頷いた次第。・・・よって、今回の記事が18回目となる。

 
▼NIKKOR 20mm f2.8 単焦点レンズで撮影
800_8778


800_8790


800_8806


▼SIGMA 70-200mm f2.8 望遠ズームレンズで撮影(被写体が小さく写ったので、トリミング!)
850_1510


▼小冊子「如水I〜V」(非売品) 著者:西田親生
D75_4819



◎有働サイクル
 〒861-0501 熊本県山鹿市山鹿1777/電話:0968-43-2417

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2018/5/20 12:49 am

商売気のない、さかえラーメン。

ramen


 さかえラーメン。熊本県山鹿市の温泉プラザ山鹿1階にある老舗ラーメン店である。最近、取材前のランチタイムに足を向けることが多くなった。同店は、古典的な山鹿ラーメン(熊本県山鹿市)と言える。グルメに関しては人それぞれに好みがあり、「これこそが!」とは断言はできないが、同店の良さは、商売気が全くないことである。

 例えば、筆者が「ラーメン、餃子、ホルモンの煮込み、そしてオニギリ!」と言えば、「それは多すぎるから、ラーメンと餃子程度にしませんか?」と、女将の言葉が飛んでくる。本日も、いつものラーメン、餃子、ホルモン煮込みの三品を注文するつもりだったが、結局、女将のススメで、ラーメンと餃子の二品で我慢した。

 ラーメンの麺と具を食べ、美味しいスープをゴクゴク飲み始めると、また女将が「太るので、スープは三分の一程度の方がいいですよ!」と。兎角、ラーメン店と言えば、威勢が良く、仏頂面の職人が湯切りを行なっているところを連想してしまう。しかし、そこまで格好つけたパフォーマンスなど意味がない。客としては、ちょうど良いスープの温度にて、コシのある麺の喉越しを楽しみ、柔らかチャーシュー、濃厚な豚骨スープまでを完食すると、至福の極みとなる訳だ。

 蛇足だが、同じ山鹿市内にある他のラーメン店など、注文を取る以外に会話が全くない店もある。瞬間的に二度と行かぬ店リストに入れてしまった。観光地であれば、それなりに客との楽しいコミュニケーションは必須なのだが、時代錯誤なのか、バブル時代と変わらず、胡座をかいた、サービスの悪い店が残っているのも否めない。

 折角、外食をするのであれば、笑顔が絶えない店の方が、料理も数段美味しくなるのではと・・・・・。


sakae1


sakae2


sakae3


sakae4



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2018/3/21 04:16 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp