ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

四川料理 桃花源のお節・・・

osechi-castle-1


 毎年、年明けに楽しみにしているのが、四川料理 桃花源(熊本ホテルキャッスル)特製お節料理である。今年も、有り難くも、元日から頂けることに、感謝、感謝となる。

 同ホテルの大晦日は、全社員総動員の全集中。多分、徹夜仕事として、新年のお祝いどころではないと思われるが、ビッグイベントとして、皆、気合を入れて頑張っていた。

 掛け時計を見ると、そろそろ年が明ける。大晦日の午前11時頃に届いた、桃花源特製お節の箱を開け、年明けの瞬間に一口食べるのが慣例となっているが、大人気なくワクワクする。

 三段重ねの特製お節は、とても迫力がある。最初につまみ食いをしたくなるのが、栗とゆり根。周囲を見回し、お箸で小皿にとって、パクリと口の中へ。小声で「旨い!」と叫ぶ。

 伊勢海老は早めに食べるのがベストなので、さっと大皿に移して、年明け最初のご馳走になる訳だ。写真の様に、名店 桃花源の四川料理がベースのお節なので、食材も多種多様である。

 肉もあれば、魚介類もお菓子もある、ある、ある。真っ白なカシューナッツの砂糖菓子が気になるので、早速、小皿へ移すことに。あとは、食感の良いクラゲやキュウリ、セロリをつまむ。

 幼い頃は、母や祖母たちが大晦日に手作りお節を準備してくれたが、それはそれなりに素朴で、地元の食材をふんだんに使ったもので、同店の特製お節に負けず劣らず美味かった。(懐かしい)

 気づけば、筆者の郷里では、元旦のお節となれば、赤酒(屠蘇入り)、干し柿、スルメやイリコ出汁の雑煮と餅、納豆は必須アイテムであった。いつの間にやら、それらを忘れてしまっている。

 しかし、新年早々からこのような豪華な特製お節料理を頂けるのは、至福の極みと言うよりも、医者いらずで健康に生きていて良かったと思ってしまう。それは、健康あって初めて、美食を楽しめることになるからだ。(昨年は胃腸障害のために食せなかった)


osechi-castle-2


osechi-castle-3


osechi-castle-4



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2021/1/2 12:00 am
コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp