ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

相良茶屋の「藁苞納豆」

▼杉秀子さん(相良茶屋の店主)
1484406000_aira


 年末に或る方から教えてもらった「藁苞納豆」を作る店、相良茶屋(あいらちゃや)。同店は、相良の相良トビカズラ(国指定の特別天然記念物/樹齢千年)で知られる、熊本県山鹿市菊鹿町の山手にある。

 店主は杉秀子さん(83歳)、元気一杯のおばあちゃんだ。年末から既に数回お会いしているが、今日も一人で翌日店頭に並べる「藁苞納豆」の準備をしていた。「こぎゃん年取っても、まあだ働かないかんとですたい。」(翻訳:このように年取っても、まだまだ働く必要があるんですよ。)と言いながらも、黙々と藁の束を揃えていた。

 また、ご長男だろうか、厨房で人気の栗饅頭やとじこ豆の準備をしていた。「こん納豆ばすいとる人んおんなはっとですが、風邪ばひきなはったっでっしょか、二つとっとってはいよて、電話んあったとですよ。」(翻訳:この納豆を好きな人がいらっしゃるのですが、風邪をひかれたのか、納豆二束を取り置きしておいて下さいと、電話があったんですよ。)

 土曜日というのに、年末年始とは違い、同店や周囲の店々もややのんびりとしていた。年末年始には毎日80束の「藁苞納豆」を仕込んでいると言っていたが、同店には別棟の「納豆小屋」があるようだ。その中に大きなボックスが設置してあり、それらのボックスに籾殻を敷き詰め、「藁苞納豆」の束を並べ、また籾殻を撒いて、何層にも「藁苞納豆」を格納すると言う。

 二日ほどで程良く発酵し、珍味の健康商品として陳列棚に並べるようだが、思ったより手間暇が掛かるものなので、1束350円の値段には頷ける。筆者の食べ方は、藁苞から納豆を取り出し、タッパーに入れ、適量の塩を振り掛け、よく馴染ませて冷蔵庫に保管する。それから数回に分けて食す訳だが、粘りも豆の大きさも、柔らかさも風味も最高の「和製発酵食品の王様」に、大感謝となる。

 ちなみに、この「藁苞納豆」や「とじこ豆」などは、毎年3月頃までは作るとの事。・・・まだまだ楽しむに十分な期間があるようだ。


▼藁苞納豆(藁苞から取り出した納豆)をiPhoneで撮影したもの
aira2


▼相良茶屋
800_2213


▼近くの駐車場に咲く水仙
D75_2884


▼相良観音(昨年末に撮影)
800_2210



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

           

  • posted by Chikao Nishida at 2017/1/15 12:00 am
コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp