ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

遊びなければ、学びなし。

50mm



 先見塾の野外活動の一つに「写真撮影会」がある。毎月、第2・4火曜日の午前中から午後4時頃に掛けて、グルメや風景写真などを撮影する為に走り回っている。

 きっかけは、昨年6月に桜の馬場 城彩苑(じょうさいえん)の夢あかり(熊本ホテルキャッスル出店)で会食を行い、雨の日の城彩苑の中を撮りまくったのが、同塾の「写真撮影会」の始まりとなる。

 思い起こせば、僅か1年間で、参加する全塾生が一眼レフを保有するようになった。殆どが、何故かNIKON族。NIKON J1、D5200、D5100、D3100、D7000などと、色んな機種を持ち込んでは、カメラや写真談義に余念が無い。

 このように遊びや趣味を取り入れて学ぶことは大切な事。勿論、両極端に遊びすぎたり真面目すぎたりすると、必ず緊張の糸が切れてしまい、凧のように風に流され長続きすることはない。

 ただ、写真を趣味とするからには、肖像権や著作権をクリアし、事前取材許可を得て、常識的なルールやモラルを厳守しなければならない。また、野外の取材では、気象や足場の安全確認などを怠ることなく、危険回避の為のしっかりとした意識を持つ必要がある。・・・よって、遊びにもルールあり、遊びにも責任が伴うことを頭に入れておくべきだ。

 写真撮影に傾注し、ある程度のレベルに達すると、段々と芸術や哲学の世界へと入り込んで行くことになる。所謂、「真善美誠」の世界であるが・・・写真は決して表面的な画像だけの世界ではなく、撮影する人の思い入れや拘り、大自然の息吹・・・ポートレートにおいては被写体の人間像やメッセージなどなど・・・際限のない奥深い世界と語り合うことができるようになって、初めて秀作が創造されて行くのである。


【異業種交流ポータルサイト ロゼッタストーン】 http://www.dandl.co.jp/Link

【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/Link

                               

  • posted by Chikao Nishida at 2013/8/5 05:37 am

この記事に対する TrackBack URL:

設定によりTB元のページに、こちらの記事への言及(この記事へのリンク)がなければ、TB受付不可となりますのであらかじめご了承下さい。
コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp