The Rosetta Stone Blog

拘りの「えのきぞの」のお弁当・・・

▼「えのきぞの」のお弁当「地の巻」
enokizono-1



 熊本市内のお弁当で、自信を持ってご紹介できるのが、「えのきぞの」(榎園豊成料理長)のお弁当である。

▼「えのきぞの」の歩み(昭和9年に前身の料理研究所開設/85年の歴史を誇る)
 http://www.dandl.co.jp/enokizono/history.htmlLink

 同店は、昨年9月19日に、熊本市中央区新屋敷に移転オープンしたばかりで、ランチタイムとディナータイム(それぞれ要予約)に加え、「えのきぞの」のお弁当(2日前までに要予約)を開始したのは、今年の2月末からとなる。(昨年、茶懐石や御節などもスタート)

 お弁当の予約がある日は、同店料理長以下スタッフは、午前5時半頃から仕込みを始め、午前10時半以降のお客の受け取りに備えている。写真は、「えのきぞの」のお弁当の「地の巻」。同料理長の一番の拘りは、可能な限り揚げ物を扱わないことにある。

 「どうしても、揚げ物は揚げてすぐにお召し上がっていただきたい!」という職人気質によるもので、お客からどうしてもとの要望があれば、アーモンドの衣で揚げる工夫をし、その揚げ物の風味とサクサクとした食感を保つようにしている。

 ちなみに、「えのきぞの」のお弁当は、宮本武蔵の五輪書より命名されており、「地の巻」、「水の巻」、「風の巻」の3種。どれもこれも、仕上がり絶妙にて、受け取りに来られたお客の笑顔が絶えない。

 先日の月曜日など、同店の定休日にも関わらず、前々日までに「えのきぞの」のお弁当の発注が相次いだ。早朝よりの完全手作りのお弁当なので、思いの外、数的には制限があるものの、その日は、しっかりと「地の巻」を中心に、計60食を作り上げた。

▼「えのきぞの」のお弁当チラシ(JPGデータ、5.4MB)ダウンロード
 http://www.dandl.co.jp/enokizono/enokizono-bento.jpgLink

enokizono-2


enokizono-3


bento



▼えのきぞの
 〒862-0975 熊本市中央区新屋敷1丁目9-19濫觴77A TEL: 096-211-5525

◎えのきぞの公式サイト
 http://www.dandl.co.jp/enokizono/Link
◎えのきぞの公式Facebookページ
 https://www.facebook.com/shinyashiki.enokizono/Link
◎えのきぞの過去記事
 http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?mode=category&aim=enokizonoLink

文責:西田親生


                             

  • posted by Chikao Nishida at 2019/4/14 02:58 pm
コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

ロゼッタストーン

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp