歴史と伝統の日本料理歴史と伝統の日本料理

歴史と伝統の日本料理

 和食は、旬の野菜や魚介など素材のおいしさを最も味わ える日本人の心と味覚にそぐう料理です。日本人になじみ深い食材を用い、日本の国土・風土の中 で独自に発達した和食は、2013年12月ユネスコの無形文化遺産にも登録されました。
 そんな日本の食文化を良き伝統として守りながら、心を 尽くした和食を次世代に継承していく事が我々の使命だと思っております。
 お陰さまで創業80有余年、これからも和食の素晴らしさを皆様にお届けすべく益々精進してまいります。

えのきぞの 料理長 榎園豊成

お知らせお知らせ

 謹啓 晩秋の候、ご清栄のこととお慶び申し上げます。
 平素より格別のお引き立てを賜り、心より御礼申し上げます。
 このたび慣れ親しんだ大江の地を離れ、新屋敷に懐石料理店「えのきぞの」として移転し、お陰様で平穏無事の内に2ヶ月が過ぎようとしております。
 日本料理ENOKIZONOでは、父である榎園一雄(元 榎園料理学校院長)と共に、長きに渡り大勢のお客様をお迎えできたことは、良き想い出として心に深く刻まれており、大変感謝しております。
 しかしながら、父は高齢となり、現在は一線を退いてはおりますが、以前と変わらず、当店の相談役として、栄養理論、栄養管理学など、日々活発に助言や指導を行なっております。
 懐石料理店「えのきぞの」では、大阪、京都で10年程学んだ懐石料理や茶懐石を中心に、古来からの伝統を守りつつ、心を込めてご提供させて頂きたいと存じます。
 また、おせち料理は、これまでと同様に歴史と伝統を受け継ぎご用意をさせて頂きますが、移転間もないことから、今年は二段重(2万円/税別)、三段重(3万円/税別)の二種類に限定させて頂きますので、ご了承頂きますようお願い申し上げます。
 よって、昨年までのオードブルやお雑煮などのご案内が出来ず、大変ご迷惑をおかけ致しますことを、お詫び申し上げる次第です。
 今後ともご指導、ご鞭撻を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

謹白

平成30年11月吉日    
えのきぞの 料理長 榎園豊成

facebook 新着情報

新店舗のご案内新店舗のご案内

えのきぞの 熊本市中央区新屋敷1-9-19 濫觴77A #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA