ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » car

国産HONDAの素晴らしさ!!

▼HONDA CR-X 1.5 i(1983年製)
cr-x


 昨日、写真の整理としていたところ約30年前の愛車の写真(写真上)などが数枚出て来た。・・・1985年5月3日に撮影したHONDA CR-X 1.5iだが、確か1983年に購入したものだ。・・・気付けば30年も経っているんだと、まじまじと眺めながら、その当時の愛車のじゃじゃ馬的な走りを思い出してしまった。

 当時、HONDA CITY BULLDOG 1.5ターボ車を見に行き、それをゲットしようかと思いつつ・・・ステアリングが若干倒れているのが気に喰わず、落胆気味にホンダベルノ熊本(当時、瑞鷹株式会社の関連会社)へ足を運んだのだった。

 そこにあったのは、赤とシルバーのツートンで、派手派手のCR-X 1.5iのカタログだった。ボディの一部は、HPアロイというもので出来ており、とことん軽量化に力を入れた、ライトウェイトスポーツカーだと言う。

 1.5ℓの小さなエンジンだが、110馬力。パワーウェイトレシオを比較すると、その辺のなんちゃってスポーティーカーとは比較にならぬほど、加速も凄く良さそうだ。・・・よって、HONDA CITY BULLDOG 1.5ターボ車をさっさと諦め、このCR-X 1.5iをゲットすることで契約書にサインをしたのだった。

 インパネ部分はデジタル表示。当時としてはお洒落すぎる。また、ヘッドライト部分はセミリトラクタブルライトで、点灯すると、小さな瞼がちょろんと開く感じだ。可愛さもあり、今までに無かったライトウェイトなスポーツカーに一目惚れしたのである。

 それから、次の車もCR-X 1.6Si、更に、CR-X 1.6Siグラストップを乗り継いだ。・・・二代目CR-Xは、車重1000kg程度で160馬力を発した。三代目となるとVTECを搭載し、1.6ℓの小さなエンジンながらも、170馬力を発したのである。1980年代、F1を席巻したHONDAの研ぎすまれた高い技術が凝縮されただろうか、兎に角、走る車だった。

 写真下は、CR-X 1.5iが発売されて30年後に世に出た、BMWのMINI COOPER S CROSSOVER ALL4である。これは、ターボ車でもあり、184馬力を発する小さな化け物だが・・・上のCR-Xのノンターボで170馬力を考えると、国産HONDAの技術力の凄さを、今頃になって再認識したのだった。

 流石に、F1を席巻したメーカーとして、当時は、走る車を作ると言うより、追随を許さぬ突っ走る車を作らねばならなかったのかも知れない。・・・30年の歳月を経て、その間、数十台の車を乗り継いできた筆者だが、いつの間にか、小さな可愛い車に戻っているところが、不思議でたまらない。もしかすると、物理学的に分析すれば、1.6ℓ前後の4気筒エンジンが、地球上で一番優れているのではないかと、考えるようになったのだった。

 車もカメラも何もかも・・・進化している。しかしながら、数十年前のものが優れているという事もある。捨てがたい、価値ある車・・・懐が許せば、だだっ広いところに歴代の車を整然と並べてみたいものだと・・・。夢の中で楽しもうかと・・・。

▼BMWのMINI COOPER S CROSSOVER ALL4(2013年製)
DFD_0984


▼JAGUAR 80周年記念限定モデル(2002年製)
DSC_0012



【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2014/4/20 12:00 am

想い出の愛車(2002年)

jaguar2002



 デジタルカメラの写真を整理していたら、2002年に撮影した当時の愛車ジャガー(限定モデル)の写真が2枚だけ出てきたのでご紹介しようと思う。

 このジャガーは、現在まで乗り継いできた愛車の中でも、一際上品さと優しさのある極上の一台だ。また、写真はNIKON D1で撮影したものをモノトーンに加工したものだが、ジャガーの美しいラインが何とも言えない。

 クラシックタイプのフォルムで、重厚感のあるジャガーらしい独特な曲線美を持った逸品であり、車長が5mを超える車なので、ホイールベースは3mほどある。よって、直進性に優れ、その猫足と言われるソフトだが腰のある足回りは実に安心感もあり、素晴らしかった。

 さよならをして10年ほど経過したが、レザーシートの包み具合、ステアリングの滑らかで上品な柔らかさ、ロードノイズを巧みに減衰させる足回りは比類無く、今でも忘れることは無い。ただ、タイトなカーブからの立ち上がりの時に、若干テールが遅れてくる感じだった。それは、ご愛敬ということで・・・。

 最近は、先見塾でも写真倶楽部がスタートしたりで、一眼レフカメラを毎日弄り回しているが、折角なので、今後の愛車をしっかりと可愛がり、想い出に沢山の写真を撮ってやろうと考える次第。



jaguarlimited



【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/Link

           

  • posted by Chikao Nishida at 2013/8/4 03:32 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp