ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 偽計業務妨害

一所懸命も程々に!(自戒)

josui-3


 人のために「一所懸命」になることは、すこぶる良い事である。相談を受ければ、親身になり話を聞き、何とか解決に向けて、ひた走る。

 この「一所懸命」を分かってくれる相手ならば、解決したり、達成できたりすると、必ずや、ハイタッチにて笑顔で喜びを共有するに違いない。

 しかし、この「一所懸命」が、次第次第に「当然でしょ!」となる相手だと、感謝の念もなく、恩を仇で返えす人が現れるのも、しばしば。


<虚言を放ちトンズラした悪徳経営者>

 以前、或る経営者から、その会社某セクションの「底上げ」を依頼され、ボランティアで「底上げ」のため「一所懸命」に尽力したことがあった。

 相手の会社某セクションのスタッフへ、SNS上で「学び舎」を設置し、寝食を忘れるほど「一所懸命」に、毎晩「底上げ」へ専念したのである。

 その「学び舎」では、5ヶ月間、延べ12名の社員たちが、「いつでも、どこでも、自由に。」を条件に、高度な学習に励んでいた。

 ところが、その経営者が「教材」の凄さ(779ページ)に腰を抜かし、「お代が高くつく!」と思ったのか、或る日突然、トンズラしてしまった。

 「私は言ったつもりも、頼んだつもりもありません。」と社員に虚言を放ち、「学び舎」と「教材」の存在を揉み消したのである。

 虚言の流布にて、学び舎に参加していた社員を辞めるように仕向けた、悪徳経営者。事業としての「学び舎」に支障をきたしたのは当然のこと。

 法的には「偽計業務妨害」として嫌疑がかかり、濡れ衣も濡れ衣。頼んだ人間が「つもりではありません」と言うのだから、激昂ものである。

 更に、その「学び舎」へは、その社員の責任者が強引に他の社員を登録させたと、これまた、濡れ衣を着せ、挙げ句の果てに、異動させている。

 上記の「濡れ衣事件」は3月29日に発覚したのだが、今も尚、その会社の善良なる社員一人と筆者が「勝手にやったこと」になっているらしい。

 ・・・・・とんでも無い話である。


▼熊本地震(2016年4月14日、16日)の旧細川刑部邸の猫
cat



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2020/8/23 03:44 am

一所懸命は、昭和時代!?

josui-3


一所懸命に価値なき時代!?

 久しぶりに、闘病生活を送っている旧友と話ができた。声に力が篭っていたので、少しは安心したのだった。

 最近の出来事を振り返り、話をしていると、旧友曰く「正義感が強く、全てに一所懸命なんですよ。それは、昭和時代。今は、千円ならば、千円程度という感覚です。生真面目さや一所懸命さに価値を認めてくれる人って、稀有ですよ。」と。

 企業して三十年目。振り返れば、あっという間の三十年。当初は、NHK、NHK衛星放送、関西テレビ、テレビ新広島、九州朝日放送などなど、全国区で動いていたので、アッパーレベルの企業との取引が多かった。毎日が楽しかった。

 特に、関西テレビの仕事は、日々充実していた作業だったので、一つ一つの作品を自信を持って、同局へ人間宅配便にて届けていた。日帰りも可能であったが、納品後にプロデューサー(心友)との会食がルーチンとなり、北新地を闊歩した。

 又、インターネットに着手してからは、県内行政や優良企業ばかりがクライアントだったので、1秒たりとも暇がなく、パソコン画面に目が張り付き、十数時間のデスクワークで、寝食を忘れるほど多忙だった。

 仕事は、勿論、予算ありきで動く訳だが、新聞社時代は企画専門職であったために、人の喜ぶ顔を見るのが仕事と言えば仕事。よって、予算の数倍、意表を突くような企画にて、喜ぶ顔を沢山増やして行ったのである。

 されど、今日の旧友との会話の中で、「一所懸命に価値を見出さない人が多くなったのだから・・・」と言われると、時代が変わったのか、人が変わったのか分からないが、知らず知らずの内に、仕事の価値観も急変したのだろうと。

ウィズコロナ突入時にちょっとしたトラブル

 最近、ちょっとしたトラブルが二件ほど。一つは、契約についての相談。一つは、偽計業務妨害や名誉毀損、機密情報漏洩、パワハラ等の事件となりそうなものばかり。前者はコロナ禍の時代に突入しばかりで、理解はできない事はない。しかし、後者は犯罪である。

 この犯罪は、近日中に全容を明らかにしたいと考えているものの、その容疑者として浮上している人物やそれを取り巻く役員らが、「雲隠れ」に徹している。こちらから連絡でもしようものなら、会議の「拒絶」、書簡の「受取拒否」、「完全無視」となる。

 スタッフに話し掛けようものなら、「コンプライアンス違反」で追及されると言う。どうも「コンプライアンス」のヨチヨチ歩きの会社のようで、完全に歪みきったベクトルにて動いているようだ。よって、正常に機能するはずがない。

 後者は、所謂、会社ぐるみの「隠蔽工作」であり、一昨年の栗東市による「著作権侵害事件」と同様に、トップとそれを取り巻く皆々が「隠蔽」に必死となっている。すこぶる子供じみた挙動であるが、これが罪人の為す業であろうと。

 又、面白いことに、「被害者と加害者をすり替えて、自らを正当化し、逃げ回る。」も同じ手法。姑息な人たちの苦肉の策であると思われるが、会社を守るために、罪の傷口を大きくしている。しかし、悪事が白日の下に晒されるのが法治国家である。

 日本人精神文化の低迷とでも言えようか。人の立場に立って、物事を考えられない人が多い。それが、全てに「当事者意識の欠如」に繋がるのであるが、それに気づかない。歴史ある企業であればあるほど、へばり付いた「垢」が剥げないのだろうと。


800_6008



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2020/8/7 01:35 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp