ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » あじさい定食

鹿央物産館へ、ぶらり旅。

▼写真左は「やすらぎ館」、右は「ふれあい館」
D75_2053


 鹿央物産館の各施設に足を運び始めて、僅か10日しか経っていない。しかし、同館のレストランである「やすらぎ館」のメニュー(季節限定メニューを除く)を、本日付けで完食することになった。本日の最後の料理は、ハーフサイズの高菜めしと団子汁のセット。午後2時を過ぎており、腹がペコペコだったので、米粒一粒も残さず、数分で器を舐めるが如く食してしまった。

 丁度その時、同レストランスタッフのミーティングが始まった。マネージャーの問い掛けに、真剣に耳を傾けるスタッフのご婦人方。側から見ていると、マネージャーの口調がすこぶる穏やかで、それにスタッフのチームワークが合間って、和やかな中にトラブルシューティングが行われている。その隙間のない滑らかな歯車の動きに、頷くこと数回。ささっと撮影を済ませ、別棟の「里やま館」へと足を運ぶことにした。

 「里やま館」の店内を物色するのは、今回が初となる。同町名産のスイカやメロンは勿論のこと、その他、朝採り新鮮野菜やフルーツ(地元産)が中央に並び、壁沿いの商品棚には、山鹿市内の菓子類、金山寺もろみ、素麺など、美味しそうな加工食品が所狭しと並んでいる。リーズナブルな卵もいい形をしており、旨そうである。

 話は前後するが、「里やま館」のレジご担当の女性から、入るや否や、「西田さんですか!?このチラシを20枚ほど準備しておりますので、どうぞ!」と声を掛けてくれた。驚いたのは、迅速な指示と担当者の対応である。初めてお会いするレジのご担当。多分、マネージャーからの指示であると推測はできるものの、「やすらぎ館」から「里やま館」へ移動する僅かな時間での指示と対応に、「なるほど!」と、捌ける仕事人の動きに脱帽礼となった次第。
 
 さて、23日からは「2018 鹿央里やま 蓮まつり」がスタートする。また、お中元シーズンに向けて、ご当地名産の果物や野菜の詰め合わせセット(1ボックス5000円)が計画されていると言う。(後日記事として掲載予定)

 他の道の駅と比較すると、規模的には小さい鹿央物産館(里やま館・やすらぎ館・ふれあい館)ではあるが、とてもバランスの良さを肌で感じる魅力的な物産館として、ファンになってしまったと言うのが正直なところである。「蓮まつり」は、県内外から多くの旅行客が押し寄せるようなので、是非、早朝に同館の季節限定の食事を楽しみ、食後に、二十数種類の蓮の花々をご堪能頂ければと・・・。


▼今回食したハーフサイズの高菜めしと団子汁
D75_1836


▼ミーティング中のマネージャーとスタッフたち
D75_1935


D75_1892


▼今日のモデルさん
D75_2022


▼ボリューム満点の賄い飯
D75_1994


▼道路を挟んだところにある「里やま館」
D75_2157


▼「里やま館」で販売している野菜や加工品の一部写真
shop



◎鹿央古代の森 鹿央物産館
 熊本県山鹿市鹿央町岩原2965/TEL 0968-36-3838
 物産館営業時間 10:00~17:00(直売所8:00~)
 ※定休日:月曜日(祝日の時は翌日)
 ※季節限定の料理は要予約(電話にてご予約ください)

▼鹿央古代の森 鹿央物産館公式WEBサイト
 http://kao-kodainomori.comLink

                               

  • posted by Chikao Nishida at 2018/6/22 03:23 am

笑顔が絶えないレストラン・・・

▼談笑するパートのご婦人方
D75_1510


 身体に優しい料理を食す為に、再び(多分、10日間で5回)、鹿央物産館の「やすらぎ館」へ足を運んだ。今回のランチは「カツカレー」。やや大盛りを頼んだつもりだったが、写真下のように気合いの入った大盛りがやってきた。野菜がたくさん入っており、ルーも優しいので、さらさらと胃袋に入って行く。ご飯は、白米ではなく古代米(黒米)を選んでみた。

 最後のランチのお客が終わった頃に、同施設では毎日「おやつタイム」があるらしい。本日も、パートのご婦人方が、端っこのテーブルに着き、コーヒーを飲んでの談笑。マネージャーおよびパートの方々の撮影許可を得たので、機材的には不満もあるけれども、バシバシと撮らせてもらった。

 パートの方々は交代制のようで、もしかすると、この人数の2倍以上は居るようだ。筆者がトレイを戻そうとすると、「有難うございます。そのままで宜しかったのに!」と、談笑中にも関わらず、カウンターのところまで来てくれた。同店は、他の道の駅や物産館とは異なり、食後のトレイは返戻する必要はないようだが、どうしても運んでしまう。・・・理由は、分からない。

 何はともあれ、笑顔が絶えないレストランは心地よい。毎日のように、自宅から花を持ち込むパートさんもいて、各テーブルやトイレなどは、鮮やかで生き生きとした花々が、テーブルフラワーとして飾られている。

 また、マネージャーさんと話をする時間があって驚いたのだが、同店の弁当は公的機関の職員さんにも人気があるらしく、毎週決まった曜日に運んでいると言う。見せてもらって、さあ大変。「この内容で、この値段ですか?」と、腰を抜かすほど立派な弁当であった。・・・このような善意が凝縮されたような食事処は、本当に有難い存在である。


▼本日の五人組
staff


▼大満足のカツカレー
D75_1449


▼鹿央物産館のやすらぎ館内部
D75_1495


▼筆者が勝手に作ったチラシ
chirashi



◎鹿央古代の森 鹿央物産館
 熊本県山鹿市鹿央町岩原2965/TEL 0968-36-3838
 物産館営業時間 10:00~17:00(直売所8:00~)
 ※定休日:月曜日(祝日の時は翌日)
 ※季節限定の料理は要予約(電話にてご予約ください)

▼鹿央古代の森 鹿央物産館公式WEBサイト
 http://kao-kodainomori.comLink

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2018/6/20 12:46 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp