ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 熊本地震

今日の旧細川刑部邸・・・

800_8598


 震災後の旧細川刑部邸が気になる!

 駐車場側からは無理だろうが、正面の門から入れるのではないかと思い、足を運んでみた。しかし、写真の通り、想定外に大地震の被害は大きく、まだ、ほとんど復興への動きは見えない。駐車場に隣接して、二階建て仮設事務所が設置してあるが、多分に、熊本城がプライオリティ1で復興がなされるだろうから、旧細川刑部邸は少々遅れ気味なのかと・・・。

 秋も深まると、紅葉が眩しいほどに美しい旧細川刑部邸。今年は、残念ながら門の左にあるイチョウのみが撮影可能となり、邸内の庭に真っ赤な雲のように咲き乱れる紅葉との再会は諦めざるを得ない。

 本日は祝日だったので、旧細川刑部邸横の駐車場はほぼ満車の状態だった。県内外からの観光客が来ているようで、そこに車を預けて、徒歩で宇土櫓、戌亥櫓へと向かっていた。外国からの観光客は、崩れ落ちた石垣を何度も撮影していたが、観光と言えども、何となく沈痛な面持ちであった。

 最後に、正面門から左右の波打つように倒れている長塀を見ると、予想を遥かに超える大揺れが、この地を襲ったことが、よく理解できたのだった。


800_8613


800_8611


800_8599


800_8601


800_8620


800_8617


800_8595


▼取材風景
IMG_0338



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2016/11/4 12:41 am

10月に使用したレンズ群!

▼20mm 台風接近2日前に撮影した夕景
20mm


 10月は天候に恵まれそうで、なかなかシャッターチャンスが少なかった。

 写真は、20mm、24-105mm、35mm、50mm、70-200mm、600mmの各レンズで捉えた写真である。自分ではあまり意識してなかったが、70-200mmレンズが圧倒的に多いことに気づいたのだった。

 ロケーションや被写体によって、できるだけ単焦点レンズを使用するように努めているものの、ズームに頼るところも多々ある。特に、24-105mmレンズは使いやすく、料理、ポートレート、風景など、オールラウンドで使える便利なレンズ。現在使用してるものは、Sigmaのアートシリーズなので、色乗りがすこぶる良く、重宝している。

 11月は、よりアグレッシブに取材活動に専念する予定なので、震災で全体的に凹んでいた熊本県だが、少しでも「今の元気な熊本」をご紹介できればと・・・。


▼24-105mm 城彩苑、取材風景、料理(熊本ホテルキャッスル・なんでも家 廉)
24-105


▼35mm 菊陽町 杉並木公園 泉水の錦鯉
35mm


▼35mm 内田川沿いのコスモス畑
35mm2


▼50mm カントリーパークの花々、アゲハとコスモス、先見塾天草支部研修会
50


▼70-200mm 八千代座、未申櫓(熊本城)、熊本県装飾古墳の埴輪、水前寺成趣園、泰勝寺、竹迫城址、ススキと夜景、八代毅さん
70-200


▼600mm 江津湖の鳰(カイツブリ)
600mm



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2016/10/24 01:18 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp