ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 新型コロナウイルス

コロナ禍に、小さな自然は・・・

josui-3


 温暖化の申し子のような大型台風は、幸運にも、九州西方へと逸れてくれた。コロナ禍、水害に呑まれ続ける昨今、世界が「ニュー・ノーマル」な時代に突入しつつも、目の前の小さな自然は何事もなく、静かなものだ。

 現実逃避ではないが、避暑地への誘(いざな)いなのか、気づけば、取材車は矢谷渓谷へと向かっていた。残念ながら、食事処近くの駐車場は満杯の様子。三密を避けたいので、折角避暑地に来たものの、引っ返すことにした。

 よって、帰り際に、川岸近くの栗と水田を撮影することに。栗の産地で知られる、熊本県山鹿市菊鹿町。栗園の栗は既に出荷が始まり、大粒で旨そうな「利平栗」が育っている。また、水田は稲穂の透き通るような緑一色。

 人生において、嫌なことに多々遭遇するけれども、この小さな自然を眺めているだけでも、如何に人間が小さいかに気づくのである。不毛なる諍いを投げ掛ける人もいれば、恨み辛みをぶつける人もいる。人として、実に情けない。

 個人的な話で申し訳ないが、同地に住む親しい友人の家は、「献上米」を育て上げた農家。以前、同種の米を食したところ、艶があり、腰を抜かすほどモチモチで美味だった。ここで、「日本人で生まれて良かった!」と一言。

 自然が生み出すものは計り知れないが、その自然に逆らうことなく、人としても邪気を捨て、諍いを止め、自然体にて、安寧なる日々を過ごしたいと、願うばかりとなる。笑顔が絶えない、穏やかなる人生が、一番だ。


800_6104


800_6103


800_6106


800_6111



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2020/8/27 12:00 am

熊本市内のコロナ感染者数は???

josui-3


 熊本市の新型コロナウイルス感染者数は、5月10日現在で40人。人口が約74万人なので、40という数字が少なく感じるようだが、果たしてそうなのか否か、ふと深夜に考え出して、眠れなくなった。

 では、ここで東京都を検証すると、同日の感染者数が4,868人、人口は約1,400万人、人口密度は6,359人/平方キロメートル。公共交通機関(地下鉄など)も網の目のように張り巡らされており、トラック、バス、自家用車、バイクの移動数は熊本市の比ではない。

 素人ながら、上の条件でシミュレートを試みることにした。「熊本市の感染者数×(東京都人口÷熊本市人口)×(東京都人口密度÷熊本市人口密度)」という簡単な計算式で答えを求めると、「熊本市の感染者数40人×(18.9)×(3.36)=2,540人となる。

 よって、感覚的に熊本市内で40人が少ないと思い込むのは危険な傾向ではないかと、筆者なりに結論づけたのである。仮に、熊本市が東京都クラスの大都市であれば、単純計算にて2,540人と算出されることになり、この数字が決して安心安全な数とは言えくなってしまう。

 ただし、東京都と隣接県を含めた関東圏の人口は42,995,031人(日本全体の3分の1の人が密集状態)なので、通勤や通学など移動数を加味すれば、現在の東京都の感染者数4,868人になるのだろうと・・・。

 また、もっと簡単にシミュレートするには、双方の人口の感染率を比較すれば、少々怖い結果が算出される。それは、東京都が10万人に35人、熊本市が10万人に5.4人となる。しかし、PCR検査件数のいい加減な数を考えれば、もしかすると、東京都の感染者数4,868人は相当な過小評価となり、熊本市の感染者数もまた、40人の10倍、100倍あるかも知れない。

 最近、「陽性率」が取り沙汰されているが、本来ならば、同地域において、ランダムにPCR検査を行い、統計学的な実数を得られない限り、同地域における感染率が逆算できるはずもない。・・・日々公表される各地の感染者数に、素直に肯けないのである。


CASTLE2



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

     

  • posted by Chikao Nishida at 2020/5/12 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp