ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 山際

二つの小さな公園・・・

D60_8333


 熊本ホテルキャッスル前を流れる、坪井川。千葉城橋を渡り、右手(NHK熊本放送局側)に小さな千葉城公園がある。そこは花々がいつも咲き乱れており、小さい公園ながらも、シャッターチャンスがたくさん転がっているところだ。川面を覗き込むと、鴨の親子もチョロチョロしている。

 また、千葉城橋を渡り左折すると、細道が続いている。その先にあるのが、二つ目の小さな公園 高橋公園緑地。たくさんのモニュメントがあるけれども、熊本市民もあまり知らない公園ではなかろうか。写真撮影会をするには、夕刻は逆光となるので、朝方の撮影がオススメだ。

 高橋公園緑地を過ぎると、道向こうに真っ赤な鳥居の熊本城稲荷神社が見えてくる。商売人には縁起の良い処である。数年前に撮影会の場所に選定したことがあるが、これまた、面白い被写体がたくさん詰まっている。

 昨日は、アジア系のカップルがコンデジを持って、高橋公園緑地でスナップを撮っていた。私が先にモニュメントに近づいて撮影していると、ニコニコしながら後ろでお行儀よく待っててくれた。撮影マナーもしっかりしている外国人さんだなと思い、挨拶をして別れたのだった。

 いつもながら心地よく思うことは、写真を趣味としている人々との遭遇は、何気にあたたかい。何故か笑みがこぼれるのである。・・・ちなみに、今回はf1.4の50mm標準レンズ1本を使用して撮影に臨んだ。


▼千葉城公園の花々
D60_8311


D60_8309


▼千葉城橋から高橋公園緑地へ通ずる細道
D60_8330


▼高橋公園緑地
D60_8350


▼モニュメント
D60_8399


D60_8384


▼写真左から、坂本龍馬・勝海舟・横井小楠・松平春嶽・細川護久。
D60_8367


D60_8347


▼熊本城稲荷神社
D60_8357



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2015/11/11 02:01 am

28mmで捉えた世界・・・

DF1_7839


 今回は、28mm f2単焦点レンズだけを持ち歩き、撮影してみた。28mmというワイドレンズは、いつも使っている35mmや50mmのレンズとは全く異なる世界だ。

 一日中かんかん照りのように暑い休日。花々や木々、昆虫を見回すと、段々と冬に向かっている様子がわかる。花びらをムシャムシャ食べているショウリョウバッタ。レンズを近づけても、全く気づくこともなく、ひたすらムシャムシャしている。

 夕餉近くの時間帯だったので、先ほどまで汗ばんでいたシャツが、急に冷たくなっている。撮影中に、あちこちから虻や小さな虫たちが舞い込んでくる。カラスたちた合図を送る。花々は急に元気が無くなってしまったようで、探すのに大変なくらいである。

 そんな静かな撮影時間を楽しんでいると、日没となり急に暗くなってくる。

 まだ、しっくりとこない28mmレンズ。構図を考え、暗がりの光を拾って撮影しようとしても、なかなか思ったように写らない。収差は少ない上等なレンズだが、何度も試し取りを繰り返す中で、何かヒントが出てくるだろうと・・・。

DF1_7847


DF1_7850


DF1_7876


DF1_7894



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2015/11/4 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp