ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 宿泊

ホテル文化に学ぶ(6)

▼西田親生が語る「ホテル文化と食文化」
nishida


<理想的なホテル利用法>

 「ホテルじゃお金を払うのだから、何遣っても勝手だろ!」と豪語する人は、先ず、ホテル利用をご遠慮願いたい。更に、タイトルのように「理想的なホテル利用法」とは、一朝一夕に理解できるものではないので、尚更である。

 2回目の連載<礼儀作法と所作>で記したように、「紳士淑女」のイメージが理解できるお客は、その人なりに「理想的なホテル利用法」を見出し、当然の如く、ホテル側からも「紳士淑女」として接遇対象になっている。よって、ある程度の歳月を経て相互信頼関係が成り立つようになれば、所謂、「常連客」としての立場を確保することになる。

 さて、これからホテル玄関に入ってみよう。二重扉となっている正面玄関。扉が開けば、そこは別天地。四季を通じて常春のような、すこぶる過ごしやすい空間として、室温・湿度が一定に維持されている。方や、ベルボーイさんは来客応対にて、車の誘導や施設案内などを24時間こなしている。

 施設はどのようにあるべきか!?・・・肝心要なものは、レストルーム(トイレ)である。トイレが美しく清掃されていないホテルやレストランは、二度と足を運ぶ必要はない。すべて衛生面に通じるのがトイレの状態であるから、最初にチェックする必要がある訳だ。

 次に、宿泊するための各部屋について・・・。ツイン、ダブル、シングル、エクゼクティブルーム、インペリアルルームなど、ピンからキリまで各種の部屋が揃っている。星の数が多いホテルは、快適なバスルーム、疲れを癒す大きなベッドを備えており、入室早々、一気に生活レベルがアップしたかのような気分に浸ってしまう。

 人気シティホテルやリゾートホテルでは、短期滞在では食べ尽くせないほどの美味しい料理が待っている。<和洋中融合の食文化>で話したように、フレンチ、イタリアン、中国料理、和食、寿司、スイーツと、世界の料理群を食せるのがたまらない。大勢で円卓を囲んで食す中国料理は豪快だ。ナイフとフォークをしなやかに使い、ベストパートナーと食すフレンチは、すこぶるロマンチック。その他、リーズナブルだが、たらふく食べれるイタリアン、加えて、あっさり目の和食や寿司を思う存分頬張ることもできる。

 熊本ホテルキャッスルは、「美味しいホテル」を目指すシティホテルとして、県内外に多くのファンを持つ。正直なところ、筆者の食文化のスタンダードの礎を形作ってくれたホテルの一つでもある。お陰様で、あちこち国内外を取材する時に、同ホテルで育まれたグルメのスタンダードが功を奏して、他の五つ星ホテルでの会食やパーティーなどにおいて、一切恥を掻くことはなかった。筆者にとって、同ホテルレストランは食のスタンダードの基本書」でもあり、実に有難く、日々、レベルの高い「生きたホテル文化と食文化」を体感をさせて頂いてる。

 ここで思い付きだが、ホテルの利用法として、次のようなことをシミュレートしてみた。例えば、急ぎでお礼の贈り物をする場合、ホテルメイドの菓子やレトルト食品、その他グッズなどを、伝票1枚書くだけで、全国津々浦々へ簡単に宅配を依頼することができる。また、糖尿病やその他持病があり、摂取危険な食材などの相談をすれば、可能な限り、アレルギー体質を刺激しないようなヘルシーな料理(ブルーサークル)をサーブしてくれるホテルもある。

 もし、ビジネスで急ぎのファックスなどを送らねばない時に、ホテルスタッフへ依頼すれば、しっかりと対応してくれる。何人もの秘書を随行しているかのように、日常と比べ物にならないほど、大変便利な環境である。しかし、大事なことは、お客として横着、横柄な態度は、禁じ手となることを十分把握しておくことが肝要となる。

 ここ数年、全国のホテルにWi-Fi環境が整備され、また、パソコンを持参しなくても、ビジネスコーナーにて、ネットサーフィンやGmailなどの送受信も可能となる。勿論、ホテル側が準備するパソコンの使用履歴はしっかりと消す必要があるものの、持参した自前のラップトップやタブレットなどは、無料Wi-Fiサービスを受けることが可能であり、自社のオフィスを出て、遠方へ出張した時でも、大抵の業務はホテルの中で十分こなせることになる。ユビキタス時代は、何と便利な世の中なのだろうと。

 話は前後するけれども、自分自身のライフスタイル、ビジネススタイルなどを、上手い具合にホテルの仕組みや施設と噛み合わせると、誰しも「理想的なホテル利用法」が理解できるはずだ。マナーやモラルなどを大前提に、自分なりに快適なホテル利用法を編み出しては如何だろうか・・・。


▼熊本ホテルキャッスルの各施設(一部)の写真
shisetsu


▼熊本ホテルキャッスル ダイニングキッチン九曜杏の厨房
DSC_5804


▼熊本ホテルキャッスルの料理群(極一部)
cuisine1


cuisen2


cuisene3


▼熊本ホテルキャッスルのバイキング料理(一部)
V


▼熊本ホテルキャッスルのブライダル風景
bridal



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2015/10/17 02:31 am

ホテル文化に学ぶ(3)

▼西田親生が語る「ホテル文化と食文化」
nishida


<礼儀作法と所作>

 今日のお題は、「礼儀作法と所作」。

 写真下をご覧頂ければ、一目瞭然。ホテルスタッフの立ち姿、笑顔、そして指の先まで神経が通った仕草と表情。私たち素人が、簡単に真似ができるものではない。日々厳しい接遇訓練を重ねた結果が、この所作に通じている。

 写真下1枚目は、熊本ホテルキャッスル1階ダイニングキッチン九曜杏のマネージャーである。学生時代に剣道の経験があり、立ち姿が実に美しい。且つ、常に自然体で臨んでいる。歩く姿も、頭の上下動が少なく、革靴の踵の音もせず、さっとお客の動きに合わせて、視線を送り動いている。ウェイターがトレイで飲み物を運ぶ時も、その背後2メートル弱の距離を保ち、いつでもアシストできる態勢を採っている。

 また、同レストランの最大の魅力は、各スタッフの笑顔は勿論のことだが、常にお客の話に耳を傾け、暇つぶしをしているお客に対して、退屈させないように心掛けている。時には、取扱注意人物も居るが(筆者が含まれぬことを望む)、そのような時も、嫌な顔一つせず、笑顔を保ち、一所懸命レベルの高い接遇をしている。しかし、バイキングや大勢の団体客のサーブ時には、目の色を変えて、1秒でも早くお客の要望に応えるべく動いてはいるが、端から見ていて、気の毒な時も多々ある。

 バイキングシーズンは、これは憶測だが、多分、1日全体で1000枚以上の器を運び、そして片付けまでパーフェクトに行う必要がある。聞くところによると、1日で約10kmほど歩いていると言う。一度、或る女性スタッフの万歩計を見せて貰ったが、間違いなく10kmを超えていた。驚くべき運動量なので、太る暇はなさそうだ。できることなら、一度でも良いので、筆者もお手伝いをして、その1日10kmの重労働を体験してみたいと思ったのだった。勿論、痩身のために。

 話が少々横道に逸れてきたので、ここらで軌道修正をすることに・・・。

 ホテルマンにとって、最重要チェックポイントは「接遇」である。ザ・リッツのクレド、そして帝国ホテルの十則などを拝見すると、特に、高級ホテルであれば、紳士淑女のお客様に対して、全スタッフが真心を込めて、自らも紳士淑女としておもてなしをすることだろうと。我儘放題のお客であっても、笑顔を絶やさず冷静沈着に、しっかりと対応しているホテルマンには、脱帽礼となってしまう。

 心地よく素晴らしい所作というものは、頭の天辺から爪先まで、神経がしなやかに通っている。道案内をする時の立ち位置と会釈をしながらの手先の動きを見ていると、あたかも空間に美しい曲線画を描くようにも見える。言葉がなくても、すっと自然に予約席まで行き着くのである。そこには、スタッフの目線が光っている。目力と言っても良いほどの、高度なコミュニケーション能力を備えている証でもある。

 再び、クレドや十則の話に戻るが、ここでお客として、一つ大きな課題が提起されているように思えて仕方がない。それは、「紳士淑女としてのお客様」として接遇を受けるのだから、当然に我々は、品格を持ち、ホテル利用に関しては、常にお行儀よくしなければならぬのが大前提となる。そこを取り違えて、お金を払うから無理難題が通用するといった思い込みの激しい方々もいるので、その方々には、今一度、ホテル利用法を勉強して頂く必要がある。

 よって、ホテル側にだけ、一方的に最高の接遇や所作を求めるのは履き違えというものであり、最高の接遇を受けたいのであれば、お客側がそれ相応のモラルと品格を備えておかねばならない。

 蛇足ながら、最後の写真を見て頂きたい。・・・数人の女性がロビー中央で井戸端会議に入っている。その他のお客やホテルスタッフの通り道を塞ぐ形で、円形になっての長話。これでは、前述の「紳士淑女としての接遇」を受ける資格がないことになる。特に、パーティや披露宴などの終了後に、このような人たちがワンサと集まり、大声を上げて話している。楽しいのは理解ができるけれども、そこは公共の場。酔った勢いで大人げない愚行をせぬよう、呉々もご注意頂きたいもの。


▼同レストランマネージャー
castle1


▼お客様の歩く姿も美しい
castle9


staff


castle2


castle3


castle4


castle6


▼ホテルロビー中央で話をする人たち
castle8



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2015/10/14 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp