ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » 人間学

ファーストインプレッションの大切さ

DFD_6770


 昨日、親しい経営者の紹介で、午後1時にお二人(会社代表者と部長職)とお逢いすることになっていた。定刻15分に、既に予約していたテーブルに着座しているお二人。

 筆者は正午に到着し、ランチを済ませ、午後1時を待っていたのだが、約束の15分前に到着され、着座されている姿を見て、「流石だな!」と思った。

 よって、午後1時前10分にそのテーブルへと進み、手前の椅子に座っているお二人に、会釈をしながら、奥の柔らかなソファー席をお勧めした。実は、手前の椅子は座り心地が悪く、足元が寒いのである。

 人との出逢いは、ファーストインプレッションで全てが決まる。今回のように15分前に着座されている様子を伺うだけでも、そのお二人の紳士さと遣る気が伝わって来るというもの。

 名刺交換をした後、早速、お二人のお話に耳を傾けた。話の流れは誇張も棘もなく、すこぶる自然。初の対面となったお二人、そして紹介者と筆者の4人は、僅か10分後には既に融合している感があった。噛み合いの良い歯車の状態である。都市部の起業家との話は、とても楽しい。

 話はどんどん蛇花火のように盛り上がる。30分間ほどの顔見せとの予測に反し、気づけば午後3時半を過ぎていた。あっという間の2時間半。・・・数年ぶりだろうか、初対面の空気に全く淀みも濁りも曇りも勘繰りもない。・・・この心地よさはたまらない。

 本日の善き出逢いに対して、「I hope you keep in touch with us for a long time !」と強く申し上げたい。途中で、お二人の代表者が「熊本にこのような方がいらっしゃるとは、失礼ながら知りませんでした!」と紹介者に向かって笑顔で話してくれた。(少々照れてしまう)

 真向かいの若手の方も、真剣な眼差しで質問をポンポンと投げかけてくれる。その決断の早さとヤル気満々の波動が、筆者の体全体に当たって来たのだった。ケチ臭い田舎経営者とは異なり、入り口から出口までのビジョンがハッキリしており、恩着せがましさも全くない。

 夕刻にオフィスへ戻り、今日の善き出逢いに、感謝の意を込めたメールを紹介者に送った。本当に、紹介者の役割は大変重要であることを再認識した1日だったが、1時間ほどで戻ると伝え、近場で待たせていたアシスタントの存在を忘れてしまったのは洒落にならないと・・・。(苦笑)


DFD_6845



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2017/12/21 12:50 am

ランチをしながら思うこと・・・

DFD_6701


 本日は、癖になった「栗豚カツカレー」(熊本ホテルキャッスル)をランチで食すことにした。料理長が、トンカツの揚がり方を心配して厨房から出て来てくれた。毎回、いろんな工夫をして、現在に至っては、非の打ち所がないほどに美味しく仕上がっている。流石、いい職人だなと頷いたのだった。

 その一方で、ここ数ヶ月間を振り返っただけでも、多々、理不尽なことに直面し、地方特有のローレベルスタンダードに首を傾げることがあった。地球がひっくり返ったとしても、その論理展開は決して常識人とは言えない。

 些細な事ばかりであるが、その理不尽さに気づかないのが、当の本人ばかりなり。子供じゃないので、ちょっと苦言を呈すると分かりはしないかと思うのは、如何せん、浅はかだったようだ。数学が弱いのか、原因結果・経緯の整合性の検証も証明もできない。その言葉がどれだけ人の心を傷つけるのか、それ自体が下らぬ屁理屈なのかも分かっていない。

 先見塾の重要サブジェクトの一つとして、「人間学」を掲げている。それは、仰々しいものではなく、人としてのモラルや常識の尺度を今一度検証していただく訳だが、ローカライズされた非常識さは、本人の無知さが故に、思い込みによる真逆の常識として染み付いている。だから、二、三日で簡単に払拭できるものではない。・・・本人は公然と赤恥をかいているに過ぎないのだが。

 以前の記事で、「人を紹介するのは責任をもって慎重に、非礼無きように!」と書き綴ったことがある。とかくローカルでは、仕事を依頼したり相談するのに「金を払う方が偉い」という誤った感覚が強く、上から目線で対応する経営者が圧倒的に多い。そこで、中に入った人がその流れで紹介するとなると、初手から水油の関係となり、予算が潤沢にあるとしても上手く行くはずがない。お友達感覚で、全て無償で情報を入手するような経営者は、論外。

 また、厳正なる契約を交わしても、簡単に契約を破棄する経営者が多いのには驚く。一度、経営者として決断し契約したのであれば、その契約書(約款などを含む)に記載されている事は、信義則をもって徹頭徹尾励行しなければならないが、感情論が先立ち、中途解約を当然のような顔をして逃げ去って行く。・・・せっかくの良縁を潰すような行為でもある。

 契約とは、B to C、B to B、C to Cなど、いろんな形態があるが、特にB to C(消費者個人)の場合、途中から別人と摩り替えても大丈夫だろうと安易に考える人もいる。例えば、学習塾などに通っている長男に替わり、次男を行かせるようなものだ。また、B to Bの場合は会社対会社であるので、契約途中から他の会社が入り込むことなど、三社合意による新たな契約を交わさぬ限り出来る話ではない。

 最後に、会社経営者や従業員の不埒な悪行三昧を、どれだけその会社役員や管理職が把握しているのか否かということである。多分に黙認黙殺している可能性が強い。長年、「事なかれ主義」が蔓延している会社、独裁者に牛耳られている会社では、その膿は溜まる一方で、正論を突き出した勇気ある有能な正論者たちは、皆辞めて行ったのだろうと。実に情けない話だが、そのようなブラックも容認されるような世の中では、救われるものも救われはしない。

 畢竟、将来を良き時代にする為には、今の若い人たちが気づき、これまで世の中を腐らせて来た悪玉菌を徹底排除して、へばりついている過去の悪癖、悪習慣を、絨毯爆撃&撃破する他はなかろうと・・・。現在、「年功序列」という無意味ものは死語となってしまったのだから、遠慮なく前進して欲しいものであると・・・。

・・・先見塾より(主宰 西田親生)


DFD_6685



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2017/12/17 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp