ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » バーチャルワールド

「Clubhouse」は、第2の「Second Life」!?

title-josui


 1月23日に日本初上陸した新型SNS「Clubhouse」に入り込み、2週間余り。2007年に日本上陸を果たした仮想現実世界「Second Life」と同じ様な匂いがするのであった。「Second Life」の機能を大幅に端折り、必要最小限の機能だけを搭載した、コミュニケーションツールとなっている。

 当時、高速グラフィックボード搭載のマシンと高速通信にて接続できた仮想現実世界「Second Life」は、リアル世界からバーチャル世界へ瞬時にワープ。仮想現実世界に自分のアバターを作り、文字チャットは勿論だが、直接肉声にて会話ができ、仮想現実世界で物作りや自宅建設なども可能であった。

 実寸大の夢の様な仮想現実世界に、誰しも寝食忘れるほど、虜になった。特筆すべきは、仮想通貨(リンデン・ダラー)の存在である。物販やら土地の売買などの商売ができ、儲けは現実世界のドルへの換金をも可能だった。因みに、或る米国女性は、不動産事業をスタートさせ、数ヶ月間で1億円を稼いでいる。

 ただ、仮想現実世界「Second Life」は、思いの外敷居が高く、高速マシン(高速グラフィックエンジンほか)を保有し、高速通信環境下でなければ、安定して繋ぐことができないのが、最大の欠点だった。しかし、アバターが集まり、コミュニティを形成し、オフ会などが全国各地で盛んに開催されていたのである。

 爆発的な人気を博した仮想現実世界が、僅か数年間でじわじわと衰退し、現在も存在してはいるものの、国内のスポンサー企業は立ち去った。また、海外には根強いファンが「Second Life」を日々楽しんではいるものの、日本国内では皆無に等しいと言っても過言では無く、SIMは閑散としているのが現状となる。

 上述のように、地球規模にて人気を博した「Second Life」だが、2010年頃を境に、Facebook、Twitterなどの新たなSNSが台頭し、インターネット世界が様変わりすることになる。更に、皆さんが日頃から利用しているInstagramやLineも、SNS本流の時代に乗じて現在に至っている訳である。

 よって、本格的なSNS時代となり約10年が経つが、今回の新型SNS「Clubhouse」が日本初上陸し、スマホという万能マシンを片手に、高速通信環境下にて気軽に参加し、ラジオ感覚で人々の会話に耳を傾けたり、直接語り合ったりが可能となれば、正しく、第2の「Second LIfe」の到来であろうかと・・・。

 現在はアイドリング期間中でもあるけれども、これから課金制など「Clubhouse」の仕様が変わってくれば、よりビジネスライクに活用できるウェポンとしての存在が確立され、これをベースに、新たなビジネスモデルか次から次へと登場することになりはしないかと、期待が膨らむばかりとなる。

 
▼熊本ホテルキャッスル桃花源のランチ
 深夜の「Clubuhouse」で会話をしていると急に血糖値が下がり、すこぶる腹が減ることが多い。
TOKAGEN-1


TOKAGEN-2



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

             

  • posted by Chikao Nishida at 2021/2/14 12:00 am

20年前にチブサン古墳をCG化!!

▼山鹿市役所 市長室で「チブサン古墳シミュレーション動画」を寄贈する場面(左が、当時の中原淳市長)
nishida-yamaga


 写真を整理をしていたら、20年以上も前の写真が数枚出て来た。その中で、凄く思い出深いものがあったので、是非紹介したい。

 当社(D&L社)が、当時、CG専用マシンであるシリコングラフィックス(1基3200万円/ソフト720万円)を導入し、熊本県で初の装飾古墳「チブサン古墳の再現」を動画として創り出したのだった。手前味噌だが、当時としては本格的なCG動画は大変珍しく、勿論、熊本県では初の画期的なものであったと自負する次第。

 筆者が最初に眼を付けたのは、古代建造物などの再現及び復元である。熊本県には、全国に存在する装飾古墳の内、4割近くが点在する。装飾古墳のメッカでもあり、中でも、珍しい装飾で知られる「チブサン古墳」の姿は幼い頃から気になって、気になって仕方がなかった。

 先ずは現地へ足を運び、取材許可を得て、実際に羨道を通り、玄室へと進んだ。しかし、そこは保管(湿度及び温度管理)の為に、分厚いガラスで仕切られ、やっと石棺が見れた程度だった。当時はデジカメなどなかったので、フィルムカメラを用い、ノーフラッシュで撮影した写真を、CG用のテクスチャーに使用した。現在のデジカメだったら、暗がりでの撮影はおてのものだが・・・現像を頼んで出来上がりを見ないと何とも言えない状態だ。

 そこで、現像した写真のネガをスキャナで読み込む必要があるが、これも色々と難航した。1200年前の石棺に描かれた絵柄を、如何にリアルに表現するか。又、盗掘されたのだろうか・・・石棺正面の一部の石板が紛失しているので、その手掛かりとなる物があるか否かも調査したが、結局はその当時の絵柄を突き止める事はできなかった。

 ようやく出来上がった1分少々のシミュレーション動画。・・・今ならば、大したレンダリング時間などは気にもならないが、当時は、1枚のCGをレンダリングするのに、数千万円のマシンを使用しても、20分以上掛かったのだ。仮に、1秒(30コマ)の動画を創るとしても、モデリングやマッピングの作業を別として、そのレンダリングには・・・何と、20分×30=10時間以上を要するのだ。

 気が遠くなるほどのレンダリング、そして、放送局用(業務用)デジタルビデオに落とし込む時間も必要となる。・・・取材、モデリング、テクスチャーマッピング、アニメーションプログラム、レンダリング、βカム落とし込みと、二ヶ月ほど掛けてやっと完成した。

 そこで、当社としては是非山鹿市の観光情報の一助となればと思い、「チブサン古墳CGシミュレーション動画」を、山鹿市へ寄贈する事にしたのだった。当時の中原淳市長も大変喜んで頂き、その動画を、同市役所のロビーと私立博物館にて定期的に放映する事になった。

 テレビ局や新聞社などマスコミも、大々的に取り上げて頂き、微力ではあるが、山鹿出身の筆者としては、一つ故郷にお返しをできたかと安堵した事を思い出す。本来ならば、大スポンサーが付けば、もっとディテール及び学術的なシミュレーション動画が制作できたであろうけれども、筆者なりのささやかなプレゼントのCGを見て、マルチメディアの世界に飛び込んだ子供も居るんじゃなかろうかと、勝手に想像したものだ。

 CG制作は凄く大変辛い仕事だが、素晴らしいバーチャルワールドを創り出すもの。・・・また、機会があれば、このような歴史的に貴重な遺産など建造物、仏像などの再現、復元ができればと・・・まだまだ、その夢を捨てきれない筆者が居るのである。

 末筆ながら、当時の制作者は寝食忘れてこの動画制作に傾注した。本当に苦労を掛けたけれども、当社23年半の歴史における業務実績の中で、ナンバーワン、最高の逸品であり、感謝の気持ちを忘れたことはない。


▼1996年に当社が立ち上げた「チブサン古墳」のWEB SITE
chibusan



【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

【チブサン古墳当社サイト】 http://www.dandl.co.jp/gold/chibusan/Link

           


  • posted by Chikao Nishida at 2014/8/17 02:11 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp