ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » ダイニングキッチン九曜杏

洋食シェフが作る「カツとじ丼」!?

D60_2168


 初めてオーダーした、トロトロの卵が流し込まれたカツ丼。これは、熊本ホテルキャッスル・ダイニングキッチン九曜杏の新メニューである。

 見た目は、完璧、和食である。薄くスライスされたミョウガがポイントで、カツはサクサクジューシー、トロトロ卵を絡ませながら食べると、今まで同ホテルレストランでは体験できなかった新鮮さがある。もしかすると、料理長の気変わりメニューかも知れないので、また別のオススメが登場する可能性も・・・。

 普段から取材前や取材後に利用させていただく同ホテルレストラン。毎度のこと、グランドメニューはほぼ食べ尽くしてしまう筆者なので、このような変わりメニューが出てくると、実にありがたい。

 日頃から新鮮野菜も不足気味になりがちなので、健康管理上、大変助かっている次第。・・・さて、次の変わりメニューは何だろうか!?


D60_2163


D60_2155


IMG_0968



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

             

  • posted by Chikao Nishida at 2016/11/11 12:00 am

いつも、生き生き!

staff


 熊本ホテルキャッスルの気合の入ったスタッフの動きを見ていると、ワクワクしてしまう。今日は少々ソフトタッチのモノクロームで撮影を行った。

 ホテルの命は「接遇」、そして、「料理」である。その他の施設の拡充も重要ではあるが、先ずは「接遇」が重要課題。ホテルや旅館を支える三要素に「ヒューマンウェア・ソフトウェア・ハードウェア」がある。その「ヒューマンウェア」に重きをおくホテルや旅館は、その地域では常に上位にランクされていると言っても過言ではない。

 更に、ホテルレストランでサーブされるグランドメニューや裏メニューが重要なファクターともなっている。同ホテルは、「さらに美味しいホテルを目指します」というのが、キャッチフレーズ。流石に、8月に新しくなったダイニングキッチン九曜杏のグランドメニューは、バリエーション豊かである。和洋が融合したダイニングキッチンであり、多くのファンが利用している。

 時には、自分のオフィスかのように大声で振る舞う、履き違いの「自称常連客」も居るには居るが、それもご愛嬌というところで、実に楽しく生き生きした空間となっている。・・・この上ない、シェフの心がこもった料理を、是非、お試しあれ!
 
cuisine



◎先見塾公式サイト
 http://www.senkenjyuku.com/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2016/9/17 01:43 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp