ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

タグ » ダイニングキッチン九曜杏

シェフの腕が上がる時・・・

0


 取材ランチで足繁く通う、熊本ホテルキャッスル ダイニングキッチン九曜杏。既に、35年が過ぎてしまった。

 レストランも、ダイニングキッチン九曜杏と様変わりして随分経つが、その若手シェフたちが育つところを、静かに見守るのも私たち常連客の楽しみでもある訳だ。

 写真上のセカンド。今年春から、サードからセカンドに昇格し、随分貫禄もついて来た。すこぶる礼儀正しく、目が会うたびに、しっかりと挨拶をするシェフであり、後輩の面倒見も良いと聞き及んでいる。

 中には目を逸らし、挨拶もろくにしない若手も確かにいる。しかし、私たちは挨拶をいただくために通っているのではないので、別に何の問題もない。ただ、過去を振り返ると、礼節を重んじるシェフの方が、めきめきと腕が上がると言っても過言ではない。

 料理には、その料理人の人柄や心が染み込んで行く。遣る気のないシェフや横着なシェフの料理は、無味乾燥で食べる気もしない。逆に、礼儀正しく気合の入ったシェフの料理は、毎日でも食べてみたいと思うのである。

 写真下のフランベは、セカンドがフライパンを振っているところを撮影したものだが、もっともっと修行を重ね、熊本県を代表する立派なシェフに育っていただければと、陰ながら応援している次第。

 最後に、写真下の新人シェフだが、この半年で随分料理人らしい顔つきになって来た。時には料理長やセカンドから叱られることもあろうけれども、料理人としての基本をしっかりと学び、料理長やセカンドの支えとなり、更に独創的な料理を創り出してもらえればと・・・。

 
2


3


4


5


404 File Not Found


◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2017/9/15 01:12 am

念願のカツカレー・・・

800_8652


 最近、頓にカレーが多くなっている気がするが、中でも、カツカレーに目のない筆者である。

 今回、料理長に無理を言って、少々カスタマイズしたものをサーブして貰った。思った通りのカレーのルーがサクサクのトンカツに絡み、ふっくら炊き上がった白ご飯と相まって、大変満足の行くものとなった。

 筆者の好みは、ルーはサラサラのものなので、今回のカスタマイズはとても嬉しかった。更に、香辛料を付加して、ピリ辛度を高めて貰ったのだが、案の定、食事中は流れ出る汗との戦いとなり、サウナ状態となった。

 刺激のあるカレーライスは、エアコンで冷えきった体に刺激を与え、温めてくれる。しかし、少々調子に乗って汗だくとなったので、レストランを出て行く頃には、湯冷めでもしたように寒かった。

 幼い頃から、「ごちそうは、カレーライス!」的な育ちだったので、今回のカスタマイズはとても参考になった。

 ちなみに、このカレーライスは、一昨日熊本ホテルキャッスル ダイニングキッチン九曜杏にて食したものだが、昨日の会食で、友人に薦めて食して貰った。「あ、これは食べやすくなってますよね。旨い、旨い!」と言ってくれたのである。


800_8629


800_8628



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

             

  • posted by Chikao Nishida at 2017/9/11 02:57 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp