ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » えのきぞの

特集・京料理「えのきぞの」(1)

enokizonotoyonari


 数日前の記事にて、京料理「えのきぞの」の今月(七月)の季節限定「鮎と鱧のコース」を紹介したが、本日チラシが完成したので、再度ご紹介したい。

 同コースは榎園豊成料理長の洒落なのかどうか分からないが、七月の「川の鮎」vs「海の鱧」の組み合わせが何となく面白い。双方とも、高級魚として皆さんご存知の通り、すこぶる美味なる魚たちである。

 特に、「鱧」となれば、大都市部ではランチタイムの「鱧の落としコース」でも1万円は下らない。1キロ6000円ほどするので、とんでもなく高価な魚だが、ここ熊本では、ごく普通の魚として認識されている。

 しかし、「鱧」の場合は前処理が大変なので、お値段が高くなるのは納得が行く。勿論、包丁捌きが下手な料理人が作ったものは、論外となるが・・・。

 同コースは、どれもこれも美味だったが、極め付けは、最後の「鱧雑炊」であった。猛暑の夏向けの料理なので、最初からさっぱり目のものがサーブされており、最後に熱々の雑炊での〆が、意外に心地良かった。
 
 ▼季節限定「鮎と鱧のコース」
 先 付 鮎とセロリの南蛮漬け
 向 付 鱧の落とし ハスイモ 冬瓜 土佐酢ゼラー
 変り鉢 鮎寿し みょうが酢どり
 焼 物 鮎の塩焼き たで酢
 揚 物 鱧の天ぷら とうもろこしのかき揚げ アスパラ
 焚合せ 鱧 小芋 オクラ
 飯 物 鱧雑炊

 また、多くのファンに人気を博しているのは、同店の異次元弁当である。

 コロナ禍による「新しいライフスタイル」に合わせた期間限定の弁当や惣菜、そして、異次元の上質すぎるほどの一段弁当(1500円/税別)、2段弁当(2000円/税別・3000円/税別)は、他店の弁当を寄せ付けぬ程の圧巻ぶりである。

 以前、筆者の知人友人に紹介したところ、皆が皆口を揃えて、「これは、旨い!これは、役員会にも是非使いたい!」と、かなり評判が高かったことをお思い出す。食通で口煩い人でも唸るほどの弁当である。熊本市内では、このクラスの弁当は希有ではなかろうか。

 実に勿体ないと思う事は、同店の料理長が積極的に宣伝をしない事(内緒だが宣伝が下手すぎる)である。まあ、腕の良い料理人に多いパターンでもあるけれども、コロナがある程度落ち着いてきた頃にでも、県内外の知人友人に是非薦めたいと考えている次第。


▼季節限定「鮎と鱧のコース」チラシ
enokizono-1


▼期間限定の弁当と惣菜チラシ
enokizono-2


▼ステーキ丼
enokizono-5


▼フォアグラ丼
enokizono-6


▼一段弁当(1500円/税別)
enokizono-4


▼2段弁当(2000円/税別)
enokizono-3


▼カニクリームコロッケ(3個入り)
enokizono-7



<えのきぞの>
〒862-0975 熊本市中央区新屋敷1丁目9-19濫觴77A TEL: 096-211-5525
定休日:月曜日

◎えのきぞの公式サイト
 https://www.dandl.co.jp/enokizono/Link
 電話番号:096-211-5525
◎えのきぞの公式Facebookページ
 https://www.facebook.com/shinyashiki.enokizono/Link

◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                                       

  • posted by Chikao Nishida at 2020/7/9 02:00 am

季節限定の「鮎と鱧のコース」

D85_7709


 本日の取材は、京料理「えのきぞの」の、如何にも涼しげな夏メニュー、季節限定の「鮎と鱧のコース」(4500円 税別/要予約)であった。

 言葉もないほどに、本物の「和」は感動ものである。特に、川の鮎と海の鱧となれば、ちょいと酒が欲しくなる。質は言わずもがな、量も最後の「鱧の雑炊」で完璧な仕上がりだ。

 カウンターの日本酒を見てみると、(1)純米大吟醸 飛露喜(福島)、(2)無濾過原酒 みむろ杉(奈良)、(3)純米酒超辛口 寶劔(広島)、(4)純米吟醸山田錦 鍋島(佐賀)がしっかりと揃えてある。

 ランチで試食を行ったのだが、酒好きの方が上の日本酒と一緒に食せば、食後の満足度は倍増するのではなかろうか。

▼季節限定「鮎と鱧のコース」
先 付 鮎とセロリの南蛮漬け
向 付 鱧の落とし ハスイモ 冬瓜 土佐酢ゼラー
変り鉢 鮎寿し みょうが酢どり
焼 物 鮎の塩焼き たで酢
揚 物 鱧の天ぷら とうもろこしのかき揚げ アスパラ
焚合せ 鱧 小芋 オクラ
飯 物 鱧雑炊

※内容が変わる場合があります。


▼先 付 鮎とセロリの南蛮漬け
D85_7534


▼向 付 鱧の落とし ハスイモ 冬瓜 土佐酢ゼラー
D85_7641


▼変り鉢 鮎寿し みょうが酢どり
D85_7585


▼焼 物 鮎の塩焼き たで酢
D85_7605


▼揚 物 鱧の天ぷら とうもろこしのかき揚げ アスパラ
D85_7609


▼焚合せ 鱧 小芋 オクラ
D85_7551


▼飯 物 鱧雑炊
D85_7574



▼京料理「えのきぞの」のメニュー
 https://www.dandl.co.jp/enokizono/menu.htmlLink

<えのきぞの>定休日:月曜日
〒862-0975 熊本市中央区新屋敷1丁目9-19濫觴77A TEL: 096-211-5525

◎えのきぞの公式サイト
 https://www.dandl.co.jp/enokizono/Link
 電話番号:096-211-5525
◎えのきぞの公式Facebookページ
 https://www.facebook.com/shinyashiki.enokizono/Link

◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                                       

  • posted by Chikao Nishida at 2020/7/4 02:08 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp