ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » 著作権侵害

悪意ある著作権侵害と落とし所・・・

800_7583


▼悪意ある著作権侵害の実例(1)・・・

 一昨年だったか、YouTubeにアップしていた某茶園のインフォマーシャル(D&L社制作)のデータを、アプリ又はYouTube動画ダウンロードサイトを利用して、不正ダウンロード。

 更に、悪質だったのは、そのデータを某地域のショッピングWEBサイトが別アカウントのYouTubeにアップして、如何にもそのサイトが制作していたかのように掲載していた。

 メールにて指摘すると、間髪を容れず、謝罪もなく、削除して尻尾を巻いて逃げてしまった。姑息極まりなく、違法行為をもみ消すのに必死になっているが、著作権侵害の訴追を免れると思っているところが、実に甘い。


▼悪意ある著作権侵害の実例(2)・・・

 当社玄関に某行政側から議長を始め4人がぞろぞろとやって来た。「いくら支払えば、今回の著作権侵害を大目に見てもらえるのか?」と、横着にも非礼な言葉を発した、議会議長。

 「一銭も要らぬので、社会的な制裁を受けて下さい。」と言って、玄関ドアを閉めたのだった。

 翌日、大手新聞社や地方新聞社など数社が、「第三セクタ○○○が○○企業の著作権を侵害!」と大きな見出しで取り扱ってくれたのだが、これまた、著作権侵害への認識の甘さが露呈した事件だった。


▼悪意ある著作権侵害の実例(3)・・・

 これは随分前の話だが、某地で、観光冊子が発刊されると言う。それを取りまとめたのは、某地の観光関連会社の経営者。

 話を聞くと、掲載される写真の版権処理が全くなされていないと言う。それについて苦言を呈したのだが、悪質極まりない著作権侵害事件となるだけの話で、その出版費用に血税が遣われのであれば、洒落にもならない。

 民度の低さが窺い知れる、田舎特有の著作権侵害事件である。「法の無知」とは恐ろしいもの。


▼過失により著作権を侵害した時の対応策・・・

 口先だけで謝罪をしても、著作権侵害という犯罪行為が免罪されることはないのだから、先ずは、その事実(「非」)をしっかりと認めることである。あれやこれやと言い訳しても、その事実が変わるものでもなく、特に、相手の逆鱗に触れてしまった場合は、簡単に収まる問題とはなり得ない。

 解決策として最良の選択肢は、静かなる「和解」。相手が裁判沙汰にするとか、記者会見やマスコミにより白日の下に晒されるとかの恐怖心などどうでもいい話。初動を誤ると、法を犯した者の無謀なる「防御のための迷走」へと・・・。よって、真摯に受け止め、誠意を持って対応するのが一番。

 そこで、姑息にも指摘箇所を無言で削除し証拠隠滅を図ったり、責任転嫁を臭わせたり、過失だからと甘えたりすることは、余計に墓穴を掘るばかりとなる。個人ならず法人であれば、殊の外、大事に至る。

 著作権法は、著作者や著作物を違法行為から守るためにある厳格な法律なので、その権利を侵害して、許してもらえるはずがない。ただ、ひたすら誠意を持って、双方が波風立てずに、収束に向かって努力するしかない。

 しかし、余りにも強硬姿勢にて恐喝するような相手であれば、最悪の選択肢である「裁判」にて法の裁きに甘んじる他はない。・・・勿論、無駄な時間、金銭、エネルギーだけが飛んで行く。・・・すこぶる精神衛生に悪い日々が続くばかりとなる。

 畢竟、著作権侵害とは、想定外に代償が大きいと言うことを覚悟すべきなのだ。



800_7586



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                             

  • posted by Chikao Nishida at 2018/8/30 12:00 am

「著作権」に対する認識不足・・・

senekenjyuku


 8月の先見塾特別講座のテーマは、「著作権」。過去の著作権侵害の実例を挙げ、再検証を試みた。

 筆者が会社を立ち上げて、今年の10月1日で28年を迎える。自慢にもならないが、弊社の製作物(コンピュータグラフィックス動画、写真など)の「著作権」が、28年間に幾度となく侵害されたことがあった。正直、お腹いっぱいの状況である。

 姑息なものとしては、写真を加工して某生産農家のPB商品パンフレットに勝手に転載されたものがあった。また、悪質なものとしては、YouTubeにアップしていた茶園インフォマーシャルを勝手にダウンロードされて、他のサイトに埋め込まれていたことなど、常識では考えられないような、「法の無知」なる民度の低い事案もあった。最近のスポーツ関連のパワハラ、セクハラ問題と同様に、スキットしない流れである。

 そこで誠意のある詫びがあるのなら上手く収まるものを、大抵の場合、屁理屈を連綿と言い放ち、根拠のない正当化に走り、最終的には無言のまま逃げまくり、結局、マスコミに叩かれるのがオチだった。それは、いくら警鐘を鳴らしても、聞く耳を持たぬ人たちが、思いの外多いという証だ。

 「著作権」は、従来と異なり、近頃強力に保護されるための改正が行われつつある。それを知らずして、著作権に抵触するような愚行を続けていると、大変なことになる。それは、「法の無知」なる者へ、必ずや天罰が下される。テレビでも「違法だ!違法だ!」といった啓発コマーシャルが流れていても、巷の「著作権侵害」は減ることはない。多分に、「バレなきゃ、いいんだよ!」程度の軽いノリである。

 筆者は、時折、過去にアップした写真や動画をチェックしながら、検索に掛け、ネット上での不正使用をリサーチする事がある。よって、FacebookなどのSNS上で危惧するのは、新聞のコピーが平気で掲載されている点である。チェックをしていると、無数に抽出されてくる新聞記事。すこぶる危険な傾向であるが、ここらで自己の「著作権」に対する認識のレベルチェックをされても宜しかろうと・・・。

 蛇足だが、ある店舗の取材を行い、その記事をA41枚にまとめて、100枚ほど出力し、宣伝に使うように計らった。ところが、「無くなったら、これをコピーして使いますから!」と言う。一度出力したものを更に複写すると、オリジナルの質がぐっと下がってくるのも気になるが、「コピーする」こと自体が著作権侵害に繋がるという認識がないところが恐ろしい。

 SNS時代となり、インスタ映えする写真を撮るのは自由ではあるものの、或る店舗で撮影する場合、必ず事前に「写真を撮って、SNSにアップしていいですか?」と、一言声を掛けておけば、すこぶるスマートでオシャレなSNSの活用法になるのだが・・・。

◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link


         

  • posted by Chikao Nishida at 2018/8/10 04:18 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp