ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » コラム・評論

市房山の連山縦走の大失態・・・

▼市房山山頂(標高1721m)

content-4


 写真上は新聞社時代、若き頃の筆者(30歳)。市房山(標高1721m)の山頂に立った時の写真である。(この写真撮影後の縦走中に災難が・・・)

 当時の水上村(熊本県球磨地方)の丸太小屋を午前8時に出発し、市房山を含む7つほどの連山を縦走し、戻ってきたのは午後4時。市房山の山頂にて昼食及び休憩した以外は、ずっと動きっぱなしの難儀な登山・・・実は、筆者にとっては、1700mを超える山々の初縦走だった。

 大失態は、縦走途中に10mとほど岩をよじ登ぼる時に起きた。垂直に聳え立つ岩に、スパイダーマンのように貼りつき、やっと岩の上のエッジに手が伸びたと思った瞬間、枝らしき感触があったので、それをギュッと掴んだのである。

 手袋を外して素手で登っていたので、枝とイメージした物が、なんと狐の糞?ではないか。指の間に、ニュルッと生暖かい物が・・・。咄嗟に左手で体を支え、右手を何度も振って、その糞をパタパタと振り落としたのだった。

 しかし、部下が岩の下方をよじ登っていたことを、完全に忘れていた筆者がいた。当然の如く、真下に糞がポロポロと落ちて行く。部下は、それを避けようとして足を滑らし、3mほどの高さから地面(土)に落ちてしまった。

 運良く、大怪我ではないが、落ちた瞬間に無理な体勢にて両手で体を支え、右手薬指の指先を痛めたようだ。後日病院へ行き、レントゲンを撮ると、右手薬指の指先の骨に、縦ヒビが入っていたことが判明した。さぞ痛かったに違いない。

 岩をよじ登るのは楽しいが、掴む前に、それが何なのかをしっかりと確認すべきであった。また、下方から登ってくる人間も確認しながら、慎重に登らなければ、二人とも滑落して大事故に繋がる可能性が高くなる。・・・猛省のしっぱなしとなった。


▼写真下はイメージ
river



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

               

  • posted by Chikao Nishida at 2019/12/6 01:26 am

大物を釣ったはずが・・・

▼写真はイメージ

1


 随分昔の話・・・

 宮崎県延岡市から南へ下った日向市近くに、魚の養殖場があり、そのイカダから魚が釣れると聞き、足を運んだのだった。餌はサバの切り身。長期冷凍保存している餌らしく、段々と溶けてくると、手はサバの脂でベトベト。そして、相当臭い。

 数百メートル沖にあるイカダのところまで漁船に乗り、イカダに渡してもらった。イカダの周囲はデッカイ網籠で囲まれ、その網籠と網籠の隙間に竿を置き、十数メートル先を狙っての投げ釣りとなった。

 養殖場なので、中に入っている養殖魚用の餌が海へ落ちて、その周辺に生息する大型のクロダイ(チヌ)などが入れ食いだと言う。特に、外洋が嵐となり、その嵐が収まる頃が、入れ食いと聞いたので、「今日は、釣れるぞ!」と気合が入った。

 しかし、1時間ほど経っても、全く当たりもなし。掌はサバの脂でテカテカと光り、昼ごはんのおにぎりを手に取ることさえできぬ状態。少々、イライラしてきた時に、私の竿がゴトン♪と音がして、倒れるほど勢いの引きがあった。

 「これは、でかいぞ!」と、頭の中は2kg超えの大型チヌの顔が浮かんだのである。リールは、スウェーデン製のアブマティックという高級リールを使っているが、グラスファイバーの竿は弓のように曲がり、道糸がどんどん海中へ引っ張られる。

 確かに大きな魚は掛かっているけれども、どうも、引き方がおかしい。真下に向かって引かれず、途中から、やや斜めに道糸が引かれるのである。引きが止んだので、リールをガンガン巻いて行く。しかし、急に、ぐっと強い力でそれが止められる。道糸を緩めると、又、ジージーと引っ張られる。摩訶不思議な現象である。

 見えざる呑舟の魚と闘うこと30分。正直、腕も指も背中も痛い。かなりの大物だが、全く姿が見えないのである。丁度、お昼時となったのか、岸壁から漁船がこちらへ向かって来る。お茶の差し入れだろうか!?

 先ほど、イカダに渡してくれた漁師さんがやって来た。「おおお、引いてますね!かなりの大物!?」と笑って近づいて来た。30分以上もこちらへ魚を引き揚げることができないと伝えると、その漁師さんが「ちょっと、竿を貸してもらえますかな?」と。

 漁師さんは、竿を両足に挟み込んで、竿の先から道糸をたぐり始めた。「あははは、わかった!お客さん。掛かっているのは大物のチヌじゃなくて、私が養殖しているハマチですよ!」と苦笑い。

 結局、その日は1匹も釣れずして帰ることになった。岸壁へ戻り、車に乗ろうとしていると、再び、先程の漁師さんがやって来て、「お客さん、ほら、これ1本持って帰ってよ!」と。右手に大きなハマチを持って来てくれたのだった。

 まあ、幻の大型チヌと思い込んで格闘したのが、網の中の養殖ハマチとなると、正直、恥ずかしくて、恥ずかしくて、たまらなかった。しかし、そのハマチは頬が落ちるほど、旨かった。

 「ご馳走様でした!」


▼写真はイメージ
2



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

           

  • posted by Chikao Nishida at 2019/12/5 03:36 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp