ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » コラム・評論

グルメ専門サイトの点数で右往左往する、飲食店。点数が必要不可欠なるものかを、再検証!!!

shun20220617-001


 結論から申し上げれば、飲食店をグルメ専門サイトが勝手に点数を付け、序列すること自体、本末転倒と言える。

 ツアーエージェントにも点数制を昔から導入している企業があるが、ツアー客アンケートの分析結果は、正直申し上げて、情報コントロールの可能性が多々あり、信憑性に欠ける。

 飲食店については、SNS時代となり、一般客が主観的な点数を付けがちだ。グルメ通の人もいれば、酒が目的の人もいれば、ワイワイ騒ぐだけの人や料理の質より量の人もいる。客層は、千差万別。

 人の趣味趣向も其々異なり、また、サービス面や衛生面の評価なども含め、それらを束にして「幾つ星」と付けられるのは、飲食店にとっては、大上段にて、不本意なる通知表を手渡されるようなものである。ただ、苦痛でしかない。

 本来、グルメ通の方々は、上述のようなグルメ専門サイトを参考にすることなどすこぶる稀である。自らが足を運び、気に入れば、足繁く通うだけの話。お気に入りにミシュランガイドであったとしても、全てを鵜呑みすることはない。

 グルメ専門サイトの点数を上げるために、悪質なるネット・サクラの存在も無きにしも非ず。選挙で言えば、不正の可能性バリバリの選挙となり、その点数は絶対価値判断の指標とはなり難い。

 更に、広告段数が多いところは、優先的に上位に掲載されたり、また、写真の大きさも質もすこぶる格差があることは、周知の事実。

 筆者は、自称グルメ通として、グルメ専門サイトの存在に価値を見出せぬ側の人間である。よって、今まで、グルメ専門サイトを参考にしたことなど一度もなかった。

 今回、訴訟(裁判沙汰)に至ったグルメ専門サイトの点数被害事件。正直なところ、途中で仕様を変えたりするのも如何なものかと思うが、グルメ通の人たちは、自らの目と耳と鼻と舌を頼りに、日々グルメを楽しんでいる。

 他人様の評価はその他人様の価値判断であり、点数制はグルメ専門サイトの囲い込み戦略の「罠的存在」となっている。万が一、全てに広告料で左右されるものであれば、尚更、価値のないものとなる。

 飲食店も、他力本願であるからこそ、このような事件が発生するに違いない。自慢のオリジナル料理と公式サイトで勝負すれば、しっかりと常連客はストーカーと化し、口コミにて更に多くの人たちを呼び寄せることになる。

 旅館やホテルも同様に、「予約専門サイト」の手数料を考えると、大手ホテルの手数料は億単位となる。第三者的、且つ、公正中立なる「予約専門サイト」が存在するはずがないのだから、自社サイトで直接予約を取るような、「自給自足戦略」を実践した方が、得策ではないか!?。

 蛇足ながら、補助金や割引などが当然なる得々キャンペーンでは、客層は下がる一方となる。価値を求めて、その価値に対して支払う人は文句は言わぬが、元々ドケチな人間はまともに金銭を払わずして難癖つけるのが関の山。

 最後に、筆者の癖について。心底気に入った飲食店については、無意識に記事を書きまくってしまう。因みに、熊本ホテルキャッスルの料理は、長い年月を経て、自称グルメ通としてのスタンダードとなっているので、これまで387本ほどの記事をアップしている。(熊本ホテルキャッスルのグルメ本が何冊もできそうだ!)


▼熊本ホテルキャッスルに関する過去記事(387本)
https://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?mode=category&aim=castle&view=listLink

▼同ホテルのランチメニューから一部掲載
shun20220617-002


shun20220617-003


shun20220617-004


shun20220617-005


shun20220617-006


shun20220617-007


shun20220617-008


shun20220617-009


shun20220617-010


shun20220617-011


----------
◎西田親生@ICTdocotor「Note」プロフィール
 https://note.com/chikaonishida/n/n6513d8114749Link
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2022/6/17 12:00 am

縦横斜めの全天球型思考回路にて、全てのコンビネーションを活用し、リレーショナルデータベースを脳内構築へ!

CHIE2022


 以前、とても読書が好きな人がいた。あらゆる書籍を読み漁り、知識を増やし、最終的には自費出版に辿り着き、英訳本まで出版した人だった。

 とてもユニークな人柄だったので、ある時期、些か接点はあったが、それから20年ほどお会いしていない。

 そこで気づいたのは、その人が追い求めていたのは、「知名度」と「名声」であった。名前を売り、有名になって、前人未到なる分野のエキスパートになるのが夢であったようだ。

 地方では、そのような人はわんさといるが、実は、その読書法に、違和感を感じたのだった。ひたすら読書をするのは構わないが、執筆者の考え方が全く異なるものを、強引に自論(受け売り)へと持ち込んでいた。筆者は、それを敢えて「毒書による弊害」と呼んでいるが、読書とは、自分の読書量を自慢するものではない。

 特に、専門分野においては、メスの入れ方次第では、複数の異なる理論が真逆になることもしばしば。そこで、複数の理論をそのまま自論に埋め込めば、当然の如く、意味不明、理解不能な論理展開になってしまう。

<全天球型思考回路をフルに活用せよ>

 ここで、歴史上の人物である加藤清正公について考察することに。

 清正公は熊本城など多くの名城を築城した凄い武士というイメージが圧倒的に強い。西郷隆盛も西南戦争で、鎮守府(官軍)としての熊本城を攻め落とせず退散する時に、「おいどんは熊本城(官軍)に負けたのじゃなか。清正公に負けた!」と言ったとか言わなかったとか。

 よって、ある書籍には「築城のエキスパート」として書かれている一冊を鵜呑みすれば、清正公のイメージはそこで止まってしまう。

 ところが、或る文献には清正公は「築城のエキスパート」のみならず、「治水事業の神」の一人として書かれている。また、それを掘り下げて行くと、加藤から細川へ移行する時の肥後国の石高は、54万石から70万石を超え、最終的には90万石を超えている。全てに、清正公の治水事業の賜物と言う訳だ。

----------

※熊本では、清正公を「きよまさこう」ではなく、「せいしょうこう」に「さん」を付けて「せいしょうこうさん」と呼ぶのが一般的。

※清正公が築城した熊本城は、茶臼山の地形を利用した、要塞。

※清正公の治水事業のヒントとなったのは、50歳ほど先輩の武田信玄の甲府盆地の治水事業である。更に、武田信玄の治水事業の原点は、当時の禅僧から入手した、更に昔の中国四川省成都盆地の利冰親子による治水事業となる。

※肥後54万石というのが一般的な石高だが、細川氏は江戸城の老中へ、54万石と過小評価の申請を行い、何らかの「得」をしていたのだろうか。

----------

<リレーショナルデータベースの脳内構築>

 読書にあたり、其々の書籍にはいくつか「キーワード」が存在している。そこで、深掘りをするめに、その「キーワード」を絞り込み、上述の加藤清正公について、更に関連する書籍を厳選し、深掘りの参考書として読むことにする。

 それを続けていると、頭の中は、じわじわとリレーショナルデータベースが構築され、標題の如く、「縦横斜め全天球型思考回路」にて、リレーショナルデータベースが脳内に構築され、役立つ時がやってくる。

 更に、清正公について興味を持つ人がいれば、実際に、熊本県内に残る、清正公の治水事業の跡(物理的芸術作品)を辿ることで、清正公リレーショナルデータベースがビジュアル化することになり、一層素晴らしいデータベースの構築に繋がって行く・・・。

 これが、一人の歴史上の人物を探究する場合に、最短最適な読書法ではなかろうかと、筆者は考える。あくまでも、私見であるが。

 地元には、漫画で描かれた楽しい歴史本や歴史上有名な人物の書籍が出版(特に新聞社などの出版物が多い)されているので、それらに目を通されると、すこぶるオモロい情報を発見されるのではなかろうか。

 余談だが、熊本城についての大型本「熊本城-城郭・侍屋敷古図集成」(1993年 北野隆著)は、当時定価5万円ほどだったと記憶するが、現在、アマゾンでも中古本として販売しているようなので、興味のある方は、是非ご覧頂ければと。

▼過去記事「治水事業の神」(2013年9月10日)
https://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?UID=1378751884Link

▼「熊本城-城郭・侍屋敷古図集成」(1993年 北野隆著)
https://www.amazon.co.jp/dp/B00BG642G0?tag=note0e2a-22&linkCode=ogi&th=1&psc=1Link

----------

※リレーショナルデータベース的思考回路は、日本らしい「駄洒落」ではなく、欧米の「ウィッツ」的な一捻り、二捻りのものが好ましい。

----------


▼熊本地震(2016年4月)以前に撮影した熊本城
CASTLE20220615-01


CASTLE20220615-02


CASTLE20220615-03


CASTLE20220615-04


----------
◎西田親生@ICTdocotor「Note」プロフィール
 https://note.com/chikaonishida/n/n6513d8114749Link
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

                               

  • posted by Chikao Nishida at 2022/6/15 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behanceオブスクラ写真倶楽部ディー・アンド・エルリサーチ株式会社facebook-www.dandl.co.jp