ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » コラム・評論

全集中できない、平和ボケ人間。・・・他人の話に耳を傾けぬ人間は、その時点で思考はフリーズ、よって、進化はない。

newstop


 聞いて(聴いてではない)いるようで、全く頭に入らない人間がいるが、それは、他人(ひと)の話に、真剣に耳を傾けていないことになる。ただ、他人の声が聞こえているだけで、その内容を理解しようとしていない。

 特に男性の場合は、二つ、三つの事を同時にできる人は少なく、他人の言葉を聴きながら、パソコンを操作したり、プラモデルのパーツを組み立てたり、針の穴に糸を通すことなど儘ならぬ。

 女性の場合は、赤子を背中であやしながら、フライパンで卵焼きを作り、スマホで友達と楽しい会話をしている。元々、左脳右脳間の信号の受け渡しの仕組みが、男性とは異なるようだ。

 また、他人の話を聞き(聴きではない)ながら、目はドロンと濁り、睡魔に襲われる人も少なくない。それは、学びに対するボルテージも上がらず、元々全集中ができない気質の人間となる。

 国会中継を視聴していても、居眠りしている議員をよく見掛ける。会社の会議中でも、指で顎を支え、舟を漕ぐスタッフもいる。緊張感も集中力も微塵もない状態となり、語る他人の姿がぼんやり見えているだけで、耳は完全に遮断されている。

 では、どうすれば、集中力を維持し、突然の睡魔と戦い、勝てるのか!?

 それは、他人の言葉をしっかりと耳にインプットしながら、ひたすら考え、メモを取ることだ。それでも、睡魔が襲うのであれば、腿を嫌というほど抓ってみる。それでもダメなら、初手から会議に参加しないことだ。先般、或る会議を開いたが、残念ながら、メモを取る人間は誰一人いなかった。

 愚痴はさておき、流行語にもなった鬼滅の刃の「全集中」。炭治郎の独り言で何度も出てきた言葉であるが、人間は、戦慄が走るような危機感迫り、恐怖感なりに襲われると、このような睡魔など吹っ飛んでしまう。

 しかし、平和ボケした人間は、日頃から鈍感、無気力、無関心、無感動、ボルテージダウン、モチベーションダウンという酸欠状態の中で全集中できず、重要な情報が竹輪耳に入り、素通りするだけで、脳内に格納されることは無い。

 ここが、捌ける人間と捌けぬ人間との大きな違いでもある。思いの外、自信過剰で自己評価を高めたがる人間は論外となるが、捌ける人間となりたければ、全てに、他人の話にしっかりと耳を傾けること(聴くこと)である。

 捌けぬ人間は、他人からの質問に答える準備に気が散ってしまい(言葉を選んでいる暇は無い)、他人が語る核心部分を見過ごしている。結果的に、完全に理解できないまま、会議は終了となる。

 何はともあれ、少しでも進化したいのであれば、全集中して聴くこと。それから、質問に対して端的に答える訓練を日々行う必要がある。

 これ、捌ける人間となるための、王道なり。


chosakuken2022-6-9


----------
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2022/6/26 12:00 am

最高のリコメンドとは!?・・・レストランマネージャーたる者は、常に、顧客満足度、一人当たりの売上単価、そしてセキュリティを考えよ!!!

newstop


<お客の心をくすぐるリコメンド>

 レストランでは、お客が注文し、最初の一品を15分以内に、間違いなくサーブするのが鉄則である。時には、レアな食材を仕入れた時や、新たなメニューが出来たばかりの時には、お客の心をくすぐるようなリコメンドは、とてもお洒落で、好印象となる。

 ファストフードではないのだから、その辺は、臨機応変に対応するのがマネジメント責任者の仕事である。因みに、お客の心をくすぐるとは、日頃からお客の動静や好みを具に記録し、その瞬間に閃くのが、遣り手のマネージャーと言える訳だ。

 コーヒーが好きなお客であれば、飲み干す前に、次のお代わりをお尋ねするとか、ハンバーグでは好みの焼き加減を確認するとか、いろんなシチュエーションを想定して、顧客満足度アップの秘策を講じる必要がある。

 一見さんであれば情報不足で仕方はないけれども、お客の心をくすぐるようなリコメンドの積み重ねは、塵も積もればで、思いの外、売り上げアップに繋がる。勿論、要らぬお世話だったり、無用なるものは論外であるが。

※一見さんでも、身なり、所作、言葉遣いにて、民度レベルは大凡推し量ることができるので、そこで最高のリコメンドの微調整が可能となる。

<要らぬお世話のリコメンド>

 以前、あるフレンチレストランにて、夜食でコンソメスープを頼んだことがあった。その当時のギャルソンが、「コンソメスープでございましたら、トリュフを添えましょうか!?」と言い、出されたのはスープ表面が隠れるほどの山盛りトリュフのコンソメスープだった。

 案の定、レジにて支払いをする時に、小さな器のスープが5000円。総計15000円ほどを支払った。完全にぼったくり、要らぬお世話、遣り過ぎのリコメンドであったが、これは、おバカなギャルソンのスタンドプレーだと判断し、知らぬ顔して帰途についた。

<誇大広告の看板写真>

 また、こんなことがあった。レストラン入口の案内看板とフライヤー。写真にはとても大きくて美味しそうなステーキの写真。出されたものを見て、驚いた。お子様ランチですかと言いたくなるほどの、チビたんステーキである。だったら、「お値段が少々アップしますが、大きめのステーキをご準備しましょうか!?」と尋ねるのが、正解。

<とんでもないエスコート>

 時間が午後5時を過ぎており、夕食にはやや早く、レストラン内には誰もいない。筆者を含め三人が、早めの夕食を楽しもうと注文した時に、突然、隣の席に二人のご婦人方がエスコートされてきた。互いに、目の刺さる嫌な位置である。

 こんなに広いレストランホールにて、何故に、二組のテーブルを近づけたのか、理解に苦しんだ。ご婦人方も、我々が近くにいれば、気兼ねなくお喋りもできないだろうし、レストラン側の配慮のなさに、少々苛立った。

<メニュー以外の料理>

 また、ランチタイムを過ぎていたので、メニューにない冷製のものをオーダーしたいと或る人が言うと、数分後に「今日はできません!」と簡単に断られた。筆者が注文したものではなく、随行の人間の注文だったが、できない理由を告げずに、「できません!」と言われると、こちらが悪いことでもしでかしたように、嫌な気分になってしまう。

 厨房にある食材で、何とか工夫をして冷製のものを作って欲しかったのだが、そのマネージャーと厨房側とのコンセンサスが取れていないのだろうと。実に、融通の利かない話である。

<邪推したくなるほどの緊張感>

 何かを質問しようとすると、一歩、二歩引かれてしまう筆者だが、誰かがヒソヒソと有る事無い事をインプットしてる可能性も無きにしも非ず(前例あり)と、邪推したくもなるが、まあどうでも良いことである。言葉は悪いが、客商売であれば、「それはタブーでしょ!」と言いたくもなる。

<最高のリコメンドとは!?>

 お客にとって、最高のリコメンドと言えるのは、お客が迷っている時や分からない時に、さっと助け舟を出して、お客が納得の行く料理や飲み物をサジェストすることである。それが大好評となれば、必ずリピータになるに違いない。

 非常に厳しい言い方をすれば、レストランのマネージャーたる者は、常に、顧客満足度と一人当たりの売上単価、そしてセキュリティを考えておかねばならない。それが出来ないようでは、その部署を管理する力量なしの名ばかりのマネージャーとなってしまう。

 御用心、御用心。

▼写真はイメージ:極上のコンソメスープ(デミタス)
soup2022-2116


----------
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

               

  • posted by Chikao Nishida at 2022/6/24 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behanceオブスクラ写真倶楽部ディー・アンド・エルリサーチ株式会社facebook-www.dandl.co.jp