ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » コラム・評論

若者ほど覚醒が早く、前に進む。

DFD_0275


 「ヒューマンウェア」の再構築に向けて動く中、僅か2ヶ月で見えてきた兆候とは!?

 「ヒューマンウェア」という概念のない企業では、若者の「正論」が通らぬことが多く、新人への「示唆・指摘」も肯けない。所謂、「職位の濫用」ありきで、スポンジのように吸い込み「進化」する若者の「覚醒」を遮断している傾向が強い。

 昔から、「今の若者は・・・!」と見下すばかりで、若者を押し潰してしまう老体や中間管理職がほとんどである。そこで、問いたい。「では、貴方たちは、今の若者と同世代の時はどうだったのか!?」と。

 果たして、採用時点から頭角を現し、即座に企業を支える大黒柱になった人間は、皆無に等しいはずである。どんなに創業家の孫であっても、下積みを体験させて、海外へ目を開かせ、じわじわと育ってきた人間ばかりである。

 そこで「今の若者は・・・!」を目を吊り上げ、拳を上げて、若者を恫喝する姿は、どう欲目で見ても「称賛のマネジメント」とは言えず、見ている方が恥ずかしいほどの「醜態」に過ぎないのである。

 ピンポイントの小言で若者のリズムを掻き乱す者もいれば、忖度ばかりに傾注し己の仕事を放棄している者もいる。そのような夢なき環境下では、若者が正しく育つはずがない。

 しかし、現在、目の前にいる若者の目は、2ヶ月前と違い、黒くキラキラと光っている。口調も随分落ち着きが出て、本音を語るようになってきた。更に、一つ一つの事案についても、真摯に受け止め、「最高のオポチュニティ」として捉えるようになった。

 僅か2ヶ月間で、この「覚醒」である。しかし、老体やら中間管理職のほとんどは、この「覚醒」にさえもついて来れない。ただ、「以前から踏襲しているもので十分だろう!」と、勘違い、履き違えの連続となるばかりだ。

 若者ほど「覚醒」が早く、前に進めるものである。よって、「ヒューマンウェア」の再構築は、企業にとって、一番の命綱であることを認識してもらいたいものである。


DFD_0264


DFD_0238


DFD_0259


DFD_0297



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2019/12/16 11:48 am

「クレーマーストーカー」の存在・・・

▼記事内容と写真は関係ありません

DFD_0238


 この数ヶ月間、無我夢中にてヒューマンウェアの再構築に力を注いできた。人は、腐った環境に長らく居座っていると、それがスタンダードとなり、外界の常識との尺度のズレがとてつもなく大きくなっている。顕著なのは、「謝れば、それで済む。」という安直な考えが横行している。そして、喉元過ぎれば熱さを完全に忘れてしまうという現象である。

 トラブルが生じても、初動の段階にて大きな間違いを起こしていても、「謝れば、それで済む。」が大半のようだ。それを具に検証し、「最高のオポチュニティ」として、ケーススタディに役立てるというベクトルは、全く持ち合わせていない。

 トラブルが生じれば、社内の「犯人探し」に没頭し、トラブルの元凶となる人間を特定し、攻撃する。また、「犯人」も「責任転嫁」という巧妙な技を使い、逃げ隠れする。これでは、本来のトラブルシューティングと言えず、火に油を注ぐばかりとなる。

 それに加えて、最近は「難癖」を付ける愉快犯も増えてきた。最も始末に負えないのは、燻銀のような「クレーマーストーカー」である。そのような人物を何人か垣間見た事があるが、常識では計り知れないほど、異常なるものに包まれている。

 小さなトラブルだったはずが、その「クレーマーストーカー」の存在により、とんでもなく大事(おおごと)になってしまう。図に乗った「クレーマーストーカー」は、これでもかこれでもかと、恐喝、恫喝を繰り返しながら責め立ててくる。

 社内トラルブシューティングには限界がある。それは、如何に冷静沈着に対応したとしても、「クレーマーストーカー」が、ダイナマイト級の「難癖」を執拗に投げ込んでくるので、最終的には「刑事事件」として処理をせざるを得なくなる。

 上記のような現象は、「民度」が低いところにやたらと多い。日常茶飯事の如く、不可思議な現象があちらこちらで発生している。ここまで日本人の「民度」が低いはずがないのだが、想定外に「最低民度」の人間が蠢いているのが現実である。

 何はともあれ、トラブルが生じた時の初動の段階で、そのトラブルの元凶が何であり、どれだけ「感情」がささくれ立っているのか等の実態把握しなければならない。それをちょっとでも気を抜くと、大暴走、大爆発へと連鎖して行くことになる訳だ。


DFD_0260


DFD_0264


DFD_0277


DFD_0278


DFD_0290


DFD_0302



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

               

  • posted by Chikao Nishida at 2019/12/14 03:34 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp