ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » コラム・評論

四方山話・・・

▼写真は八景水谷公園の「鷺」(決して「詐欺」ではない)

KOSAGI-2


 自分の方から食事を誘っておいて、堂々とご馳走になるというのは、厚顔無恥なる「おねだり」ができる人種である。女性だからご馳走になるのが当然という考え方だが、恋人でも妻でもあるまいし、理解不能となる。

 京都の床にて芸妓さん、舞妓さん、そして地方(じかた)さんたちをお呼びした事がある。ちゃんとお代が決まっており、三味の音に合わせ、舞や唄などが披露される。更に、皆で一緒に食事をする訳だが、確とギヴ&テイクが存在する。

 しかしながら、夜の帳で接待業ありきの飲食店では、高尚なるギヴ&テイクが存在するはずがない。1時間半ほどで2万〜5万も支払って、何を得ることもなく、何も残らない。無駄な時間とお金の浪費となる。

 下ネタ全開の阿呆トーク。その場にいない人たちの悪口ばかりで、宴たけなわとなる。面白おかしく誹謗中傷や揶揄が続き、誰と誰が付き合っているとか、誰がポルシェのビンテージ物を買ったとか、脳みそに蛆虫がわくばかり。

 まあ、気の利いたクラブでは、グルメ談義が繰り広げられることもあるが、自腹を切って、京都の料亭や五つ星ホテルのレストランへ行く訳でもなし。他人の財布を宛にしたものばかりで、体験談と言っても価値がない。

 世の中の経営者の変なおじさんたちで共通しているのは、真面目な仕事の打ち合わせよりも、夜の帳の女性群との同伴を第一義と考える人も少なくない。男性にはキツく、女性群には鼻の舌を伸ばし、地面にぞろびいている(熊本弁 ※1)

 全ては価値観の問題であるから、どれが良い、どれが悪いと言うことではない。ただ、厚顔無恥なる人種のリップスサービスを信じて、神輿を担がれても、後の祭りと言う訳だ。まあ、モテないおじさんが、お金でモテるのだから、その程度。

 そんな醜態を見せる親父の妻や娘たちは、どんな気持ちでいるのだろうかと。多分、「チーン♪」と音がして、白い目をして、中指を立てているに違いない。世の中の変なおじさん方、夜の帳でモテても、「一銭がつもなかとですよ!(熊本弁 ※2)」。

 上の理屈が理解できず、新型コロナウイルス感染の恐ろしさを知らぬから、夜の帷でクラスターもどんどん増えて行くだけの話・・・。実に情けない。

 ※1 ぞろびく=引きずる
 ※2 一銭がつもなかとですよ=一銭にも値しないんですよ


KOSAGI-1


KOSAGI-3



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

           

  • posted by Chikao Nishida at 2020/12/16 12:00 am

八景水谷公園の野鳥たち・・・

▼ツグミ

hakenomiya-bird1


 昨日は、熊本市内も風が強く冷たく、日中でもダウンジャケットが必要なほど、寒かった。月曜日は、八景水谷公園の「水の科学館」が休館なので、手前にある駐車場に車を預け、同園の野鳥観察へと足を運んだ。

 寒いので人の姿は少なかったが、野鳥も同様に少なく感じた。歩く途中に飛び回る野鳥を追いながら、やっとのこと、ツグミやジョウビタキ、小鷺、そしてセキレイを撮影をすることができた。

 なかなかじっとしてくれない野鳥たち。それも、木陰に隠れるように枝に留まるので、逆光で影絵のようになったりで、四苦八苦しながら撮影して行った。されど、じっとしている花々を撮影するよりも、動きや表情のある小動物は面白い。

 私事だが、先日、庭の雑草刈りとジャングルになりかかった木々の枝下ろしを行なった。金柑の枝に覆い被さる蔦を引き摺り下ろしていると、野鳥の巣を数カ所発見。直ぐに作業を止めようかと思ったが、惰性のまま作業を続けたのである。

 もしかしたら野鳥の寝ぐらを奪ってしまうのではないかと心配しつつ、汗だくの作業が続いた。日暮れ近くになり、自宅窓から刈り取った草や剪定した金柑、ヒイラギ、南天の木々を見ていると、目の前にジョウビタキのオスが不安げに降り立った。

 やっぱり、ジョウビタキの巣立ったのかと、大変申し訳く思った次第。それから十数分して、ジョウビタキのメスも近寄ってきた。悪いことをしたなと思いつつ眺めていると、ヒイラギの木の中に入ったので、家移りするのかと、一安心。

 我々人間は、自分の居所維持管理のために、草刈りをしたり枝下ろしをする訳だが、野鳥からすれば、とんでもなく迷惑な話となる。野鳥側と我々の境界線がどこなのかは定かでないが、今回のように、無闇矢鱈に刈りまくるのも如何なものかと、猛省。

 1日経っても、庭ではジョウビタキやヒヨドリなどの鳴き声が聞こえているので、スカスカに剪定された木々に、新しい彼らのアパートを建ててもらえればと期待するしかないが、不安に満ちたジョウビタキの表情は、脳裏に焼き付いてしまったのである。


▼ジョウビタキ
hakenomiya-bird2


▼小鷺
hakenomiya-bird3


▼セキレイ
hakenomiya-bird4



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

         

  • posted by Chikao Nishida at 2020/12/15 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp