ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

カテゴリー » コラム・評論

日本の国土面積は、意外に広い!

newstop


 日頃からなかなか世界地図を見ることがなくなって、何年が経つだろうか。最近の、余りにもローカライズされた生活に甘んじていることを反省した。勿論、国内外からの写真愛好家グループ「Obscura Photo Club」を主催しているので、コミュニケーションで英語を使うことで、グローバル化と思っていたが、頭に地図が浮かばないでは、グローバルとは言えない。

 2月24日、ロシアによるウクライナ侵略が始まり、ローカライズされていた生活が一変した。グローバル感覚が薄れていた中で、ウクライナ危機が火を付けてくれた。よって、無料ダウンロード可能な世界地図(白地図)を入手することに。ロシアのジェノサイドで苦しんでいるウクライナ国を中心に、他国の位置関係などを検証することにした。

 何より、各国の歴史、国土面積、人口や産業に関心を持った。小学校から中学校と、義務教育課程で学んだ古い地理感覚。随分国名も変わっている。ただ、国土面積については、ヨーロッパの人たちと会話を交わしていると、日本国土がとても小さいという感覚を持たれていることに気づいたのである。

 メルカトル図法を見れば、ヨーロッパや北米の人たちからは、日本は極東という、東の果てにある小さな島国と見られがちで、図の収差のために、やけに日本がちっぽけに見えて仕方がない。ところが、世界約200ヵ国の中では、日本国土面積の順位は62位(Wikipediaより)と、思いの外、広い。

 噛み砕いて説明すると、意外にも、皆さんがご存知のドイツ、ベトナム、マレーシア、ポーランド、イタリア、フィリピン、イギリスよりも日本の国土面積が広い。ウクライナ及びその周辺国家を見ても、ルーマニア、ベラルーシ、ギリシャ、ブルガリア、ハンガリーなどよりも、断然広いことになる。

 勿論、世界最大の国土を有するのは、ロシアである。世界総陸地の11.5%を占めている。その広さは、米国やカナダ、中国のそれぞれ約2倍の広さになる訳だが、ツンドラ地帯などの一般的な生活には不向きな地域を差し引けば、広大な割には西欧や北米の方が、有効活用できる土地は多そうだ。

 しかしながら、それだけ広い国土を持つロシアが、私利私欲、歪んだ歴史観、宗教観、政治観によって、ウクライナやその他周辺国、特に、西側に近い小国を威嚇殲滅しようとするなど、主権国家の乗っ取り工作を仕掛けるのは、時代錯誤も甚だしい。理解できるはずもなく、認める者は誰一人としていない。

 ヨーロッパ圏は、現在の日本であれば、各国が47都道府県のようなリレーションシップを維持し、隣の県境を跨いで気楽に旅行できるような自由なところだ。東側の大国(大国と呼ぶにはふさわしくない神経過敏国)が、皆の自由(Freedom and Liberty)を潰そうとするのだから、とんでもない話だ。

 そうそう、本日は、ならず者や筋論が通らぬ神経過敏国の話をする予定ではなかったので、本論に戻すことにする。

 再び、世界白地図を見ていると、こんなに地球は小さいのかと思ってしまう。知人が多いヨーロッパであるので、旅客機に乗りひとっ飛び。また、豪華客船の旅であれば、長期間の旅を楽しむこともできる。ただ、予算的にも時間的にも叶う話ではないので、地図上で航海してみようかと・・・。

 パリやローマなどは、しっかりと記憶に刻んで歩いたので、時折、Google Mapsをネットで開き、自分が歩いたところや立ち寄ったホテル、レストランなどをぐるぐる見回すこともある。随時SNS上で発信される、ウクライナ情勢。同国へは一度も足を踏み入れたことはないが、いつの日か、ひまわり畑と青空の地平線を見てみたいものである。

 因みに、筆者が参加しているBehance(芸術家の集まるサイト)で、フォロワーを調べてみると、十人近くがウクライナ(キーウやオデーサ)出身の芸術家がいる。素敵なデザインをする人、油絵を描く人、そして、流石にIT王国なのか、3D CGにて建築物やインテリアデザインを仕事とする、素敵な方々ばかりだ。

 これからも、非道なるロシア侵略に決して怯むことなく、素晴らしい作品を創造されることを祈るばかり・・・。

▼ウクライナ出身のデザイナーMs.Alla AVitkoの過去記事
https://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?UID=1650466800Link

※国別国土面積順位などはWikipediaを参照
※世界白地図は白地図専門店(freemap.jp)よりダウンロード


▼見慣れた日本人感覚の世界地図
WORLDMAP


----------
◎西田親生@ICTdocotor「Note」プロフィール
 https://note.com/chikaonishida/n/n6513d8114749Link
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

           

  • posted by Chikao Nishida at 2022/4/27 12:00 am

職業差別の悪しき文化が根付く、日本。

newstop


 幼い頃の心無い大人の会話を思い起こすと、嫌な言葉を耳にした記憶が今も尚沢山残っている。所謂、他人への常態化する誹謗中傷の前座でもあり、「職業差別」の悪しき文化の象徴的なものであった。

 例えば、「あの人は、ゴミ拾いをしてるんだよ!」、「あの一家は、血筋が良くないって噂だよ!」、「あんな仕事してて、よく生きていられるな!」、「子供の服はボロボロだし、風呂にも入ってないんじゃないか!」など、差別用語満載の誹謗中傷の汚い現場を思い出す。

 そんな汚い差別用語を常日頃から聞かされていると、その子供たちも真似をして、弱者に対して攻撃的な言葉や暴力を是として、「いじめ」がアメーバーのように拡大して行くことになる。弱者(被害者)の心を引き裂く、汚い差別用語の数々。聞いていて、戦慄が走った。

 当時の小学校のクラス内に、一人の女の子がいた。妙なあだ名を付けられ、普段からクラスメートも教員も無視の状態にて、彼女の日頃の辛さを理解しようとする者は皆無に近かったように記憶する。確かに、彼女一人のみ清潔さに欠け、表情も暗い。所作も挙動も尋常ではなかった。

 ただ、その時、我々子供たちは何もできる力もないが、そこに立つ教職の一人でも旗を振り、彼女の生活環境改善なり、アドバイスなり、ボランティアにてサポートするような教職は皆無であった。教職が一丸となって行政へ強力なるサポート要請や心のケアに尽力すべきだったのではないか。

 富や社会的地位を「美」として捉えがちな、歪んだ価値観。そこには道徳、弱者救済など一切ない世界である。貧困を誰しも目指しているものではない。誰しも、人並みに人らしく生きる権利を有している。それを心無い差別定規で測り、毎日のように誹謗する者こそ、非国民であるとしか言えない。

 海外では、耳掃除でもプロフェッショナルがいて、立派な職業として認められている。靴磨きや修理も、物を大切に扱うSDGsのお手本として、高い技術を持った職人技である。それを、「戦後間もない頃は、貧乏人が駅前に集まり、靴磨きをする人間がわんさと居たよ!」と罵る人がいる。

 こんな世界を、誰が民主主義、平和主義、人道主義と言えようか。明治の鹿鳴館時代を紐解けば、既得権益者がわんさと集まり、金のなる木を追い求めて、踊り狂い、美酒に酔っていた。欧米文化に酔いしれることが、果たして、日本国らしい民主化に役立ったかどうか、首を傾げてしまう。

 日を追うごとに差別化を是として、権力者とその周辺の近親者が、自らの都合の良いシステムを構築していったに過ぎない。時には政治家が既得権益者を利用し、また、逆に既得権益者が政治家を悪用するという、偽善的悪魔のサイクルが繰り広げられ、現在に至っている訳だ。

 「ゴミ拾い」と見下げられ、鼻つまみされてきた人たちが、社会貢献に一番近い業種として、今や、正統派の職業として存在する。元々差別すること自体が狂っているが、特にアジア圏の人間は、外見を気にするが余りに、否定と冒涜のみの思考回路が働き、正確な価値判断ができない。実に、哀れなことである。

 或る人物が、「あの人は、水呑み百姓だからね!」と愚弄したことがあった。時代錯誤どころか、そんな目で第三者を見下すのかと、「あなたこそ、何様だ!?」と言いたかった。答えは、愚弄している人間こそ「イカ様」なのである。そういった暴言を吐く人間は、逆立しても、立派だとは言い難い。

 明治維新から欧米の近代文明に目覚め始めた日本だが、僅か150年しか経っていない。猛烈なる欧米化により、列強の仲間入りを目指したのは理解できるが、社会的地位と富のみを価値基準とする悪しき文化は全面否定すべきであり、今こそが、平和平等なる国づくりに切り替える時期ではなかろうか。


shokugyousabetsu2022


----------
◎西田親生@ICTdocotor「Note」プロフィール
 https://note.com/chikaonishida/n/n6513d8114749Link
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
写真・文責:西田親生

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2022/4/20 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behanceオブスクラ写真倶楽部ディー・アンド・エルリサーチ株式会社facebook-www.dandl.co.jp