ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

「てまり膳」に舌鼓・・・

▼細川 和食料理長 脇宮盛久氏(黄綬褒章・現代の名工)

WAKIMIYA-CHEF


 リーズナブルで、ランチタイムをゴージャスにしてくれるメニューに「てまり膳」(熊本ホテルキャッスル ダイニングキッチン九曜杏)がある。これぞ、ランチタイムに最高の和食。普段のランチ洋食メニューよりはやや高めだが、食後の満足度は高い。

 本日、同レストラン細川の和食料理長 脇宮盛久氏とは直接会えなかったが、炊き立てご飯を準備してくれていたので、同レストランのスタッフに伝言「炊き立てご飯を頂き、有難うございました。とても美味しかったですよ!」を口頭で申し上げたのだった。

 同料理長は、ランチタイム前後に、新商品企画開発中であったらしく、多忙な様子。いつも控えめで、にこやかな同氏。数ある和食レストランの料理長で、熊本市新屋敷にある「えのきぞの」の料理長と同様に、私のグルメ歴の中で10傑に入る名匠である。

 コロナ禍による影響は凄まじいものであるが、常に冷静沈着にて前を見て、粘り強く、仕事をこなしている。「てまり膳」を目の前に、フレンチの水本料理長が挨拶に来てくれた。何やら紙製ランチボックスに盛り付けていたので、洋食部も秘策を練っているに違いない。

 40年ほど足繁く通う同ホテルの弁当はすこぶる人気で、以前、ロケ弁としてオーダーすることもあった。同ホテル地階の四川料理 桃花源の弁当もしっかりと記憶している。確か、初めて食した四川料理の弁当は、善家繁(当時の総料理長)作の豪華な弁当であった。

 企業は人なりと言うように、料理もまた人なり。寡黙で優しい人格者が創り出す料理は、とても完成度が高く、皆を幸せにしてくれる。先日も、生モノが苦手な人が、刺身をぺろっと食べていたが、匠が作る料理は、多分に、その辺のものと比べれば、全く別物なのだろうと。


▼てまり膳
TEMARIZEN-1


▼てまり膳のデザート
TEMARIZEN-2



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
文責:西田親生

             

  • posted by Chikao Nishida at 2021/5/21 12:00 am

時は今、企業リボーンの時代!

▼中小企業リボーンの秘策は、ディー・アンド・エルリサーチ(株)にお任せください。
 https://www.dandl.co.jpLink

dandllogo


 コロナ禍の中、経済が氷柱のように冷え切っている。頭上の氷柱がいつ落ちてくるのか、中小企業の経営者や幹部は居ても立っても居られない状況である。飲食業などを中心とした救済措置は偏り過ぎており、その他の業種業態の企業は、どうやって我が身を支えるのかに苦悩するばかり。

 万とある業種に対する救済へ眼は向けられず、税金の無駄遣いが聞こえるたびに、憤りどころの騒ぎではない。自粛して損害を被る業種もあれば、自粛せずとも損害を被る業種もある訳だ。誰の匙加減か知らないが、余りにも、理不尽な政策に、国民が憤りを隠しきれないでいる。

 公務に就く人たちは、身分保証、給与保証、退職金や年金などがしっかりと支払われるので、何も心配する必要がない。そのような人まで10万円ずつ配布したのには閉口するばかり。言葉では「不平等にならぬように!」と言っているが、言葉の綾であり全く説得力がない。

 その悪条件の中で、中小企業の経営者たちは、お先真っ暗となり、廃業を余儀なくされたところも多数出てきており、歴史と伝統を誇る老舗へもお構いなしの仕打ちが続く。周囲を見回しても、誰も助けてくれる様子もなく、感染者数の急増に日々怯えているのである。

 現在、大手、中小企業などテレワークに移行しているところも多くなってきている中、業務フローやマンパワーを検証すると、想定外に、無駄無理が浮き彫りとなり、修正すべきベクトルが見えてくる。一人当たりのマンパワーにて、どれだけの実益があるのかも。

 今や、企業断捨離の時代。外に向けては、公式サイトのコンテンツ見直し、電波媒体や紙媒体への広告と費用対効果にメスを入れる必要がある。また、社内的には、各社員の貢献度もしっかりと分析すれば、サイレント・マジョリティが如何に生かされていないかが分かる。

 特に、歴史ある企業では、長年歪み切った非常識なる常識が垢としてへばり付いており、このような状況下であるからこそ、その垢をゴリゴリと削ぎ落とさなければならない。企業の基礎部分にどれだけ膿が溜まっていたのか、理不尽なことがどれだけ罷り通ってきたのかなど。

 企業のスリム化は、スリムな思考回路を持ち合わせたヒューマンウェアが必要となる。つまり、外から新しい風を吹き込むことにより、鈍化した企業のカンフル剤として、新たな事業展開なり、新たな商品開発なりが、見える化してくるに違いない。

 時は今、企業リボーンの時代。SNSに捲かれてしまい、個人情報垂れ流しの、自己満足の世界にどっぷり浸っている暇などあるはずがない。


▼花々は咲いては散り、また、次の季節に艶やかにリボーンする!
danshari-1


danshari-2


danshari-3


danshari-4


danshari-5



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
◎ロゼッタストーンBLOGニュース
 https://www.dandl.co.jp/rsblog/Link
文責:西田親生

               

  • posted by Chikao Nishida at 2021/5/20 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp