ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

向こう三軒両隣の「Clubhouse」・・・

title-josui


 昨日、屋外にて、左手にあるiPhoneのアプリ「Clubhouse」をクリックし、クラブ「D&L地域揺り起こし」を立ち上げ、メンバーが参加するか否かの実験を行なった。もちろん、屋外なのでWiFiではなく、4G接続となる。

 すると、1秒くらいで、秩父のメンバーであるTさんが入ってきた。ログインは、彼の操作ミスだったようだが、数分お喋りをしている中で、彼が「Clubhouse」について、「電話じゃないから、つい、ボタンを押してしまって部屋に入ってしまいました。しかし、Clubhouseは便利ですよね!」と。

 通常の部屋は、「IT戦略、地域揺り起こし、商品開発、販路拡大、食文化、民度UPの秘策を囁くお部屋」なのだが、そこに数人が入れば、どう見ても、長屋の隣人たちの井戸端会議の空間になってしまい、昔の良き時代である「向こう三軒両隣」の世界のように思えてならないのである。

 そこが、「Clubhouse」の凄さでもあり、昨日の実験が、これからの活用法に大きなヒントになったように思えてならない。


▼八景水谷公園の椿
CAMELLIA-1-1


CAMELLIA-1-2


CAMELLIA-1-3


CAMELLIA-1-4



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2021/3/12 12:00 am

人気メニューの検証・・・

▼ダイニングキッチン九曜杏

casle-lunch-1


 多くの人々が屯す近場のレストランやホテルレストランには、必ず、一際尖っている人気メニューが存在する。それは、1週間に一度は食べたいと、イメージや匂いや味が頭の中で暴れるような絶品揃いである。勿論、リーズナブルで、食後の快感がたまらぬようなものばかり。

 写真群は、熊本ホテルキャッスル一階のダイニングキッチン九曜杏と、同ホテル地階にある四川料理 桃花源のもの。以前話題にした「赤牛のハンバーグ」は専門店であるかのように日々注文が多い。また、同ホテル伝統のカレーは、ややカスタマイズしたものを頂いているが、定番ランチメニューとして楽しんでいる。

 筆者にとって、今まで足を運び入れたレストランで、特に、今も尚足繁く通うレストランのメニューを検証すると、どれもこれも、最初に食した時に、強烈な感動なり満足感なりがあった。極論ではあるが、優しいトラップのようなイメージであろうか。よって、魅了された常連客は、無意識の内に足を運び入れることになる。

 「赤牛のハンバーグ」については、地産地消の賜物。脂身が少なく、味わい深い赤肉をベースに開発されたヘルシーメニュー。ゴロゴロとした肉肉しい食感がたまらず、鉄板の上のシズル感は筆舌に尽くし難い。スタンダードなドミグラスソースも良いけれども、時には、大根おろしとポン酢又はニンニク醤油もよろしかろうと。

 下から2枚の写真は、桃花源のランチメニュー。同レストランは全国区のネームヴァリューにて、50年近くの歴史を刻んできた老舗の、「早い、熱い、旨い」の流れにて、開業当時から評価はすこぶる高い。尚、初代料理長は斉藤隆士氏(後に同ホテル社長→現相談役)で、四川飯店創業者の陳建民氏の弟子でもある。

 このように、常連客を釘付けにするレストランには、決まって、定番メニューが鎮座しており、開発コンセプトには地産地消と確たるストーリーが存在する。よって、歴史と伝統、そして驚くべきエピソードに包まれたレストランの美食の数々を、更には、品格ある食文化を、子々孫々へ伝えて頂ければと考える次第。


▼ダイニングキッチン九曜杏
casle-lunch-2


▼四川料理 桃花源
casle-lunch-3


▼四川料理 桃花源
casle-lunch-4



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

             

  • posted by Chikao Nishida at 2021/3/11 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp