ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

連載 山鹿発見伝(2)

▼熊本県立装飾古墳館にある埴輪
2016-10-7


<非礼なる相乗り商法に、愕然となる。>

 さて、山鹿発見伝の始まりである。連載2回目は、2016年10月24日から11月29日まで、山鹿市のあちこちで撮影した写真から5枚を選んだ。

 1枚目は、熊本県立装飾古墳館(熊本県山鹿市鹿央町)の駐車場近くにある埴輪からワンちゃん?(メスの鹿にも見える)を撮影した。この埴輪はレプリカではあるが、幼い頃に、チブサン古墳(前方後円墳)の周囲には、本物の埴輪の欠けらがたくさん土中に埋もれていたのだった。なんとも言えぬ、素朴なワンちゃんの顔。とても癒された。

 2枚目は、鹿本町の川沿いに咲く秋桜。風に激しく揺れ動くので、シャッターを切る時のフォーカスが大変だが、そこら一面に賑々しく咲いていた。

 3枚目は、岩原横穴群の山手の木々にぶら下がる木の実。蜂があちこちを飛び回っていたので、その場を数分で退散したことを覚えているが、ここは木陰で、昼休みをとるドライバーが訪れるところでもある。

 4枚目は、鍋田横穴群上空を飛ぶ鴨軍団を捉えたものだ。同横穴群近くを岩野川が流れており、鴨や白鷺、青鷺、五位鷺などが餌を求めて飛来する。川沿いの道は国交省管理下にあるので、一般車の通行は原則として厳禁。よって、野鳥を撮るには超望遠レンズが必携となる。

 最後の5枚目は、上内田川の中流域で、イチョウの葉が川面に落ち、流されて行く姿を写したものである。とても幻想的で、次から次へと葉が上流から流れてくるので、何枚も撮影してしまった。

 上述のように、2016年10月、11月は、熊本県立装飾古墳館、岩原古墳、鹿本町穀倉地帯、岩原横穴群、鍋田横穴群、そして菊鹿町の上内田川に立ち寄った訳だ。

 熊本地震から半年後の取材である。余震はまだまだ頻繁に続いている時期。当時は、身の危険のない熊本県北部を中心に駆け巡り、当時は、すこぶる郷里の恩恵を受けたのだった。

 話は前後するが、2016年の夏場に、「在りし日の熊本城写真展」というミニ個展を、二箇所で開催した。しかし、残念にも、筆者が意図する写真展とは異なるベクトルに歪んでしまい、とても心を痛めたのである。展示会場となった二箇所の人たちは、今でも自らの非礼さ、非常識さを自覚していないのだろうと・・・。

 完全ボランティアで、写真を額装し、ハガキサイズの写真も訪れた方々へ無償でプレゼントする仕組みだったが、結果的に、完全に相乗り商売をされてしまった。筆者独自の企画に「コラボ企画」と書かれたり、1ヶ月の開催期間を勝手に延長し展示されたりと。熊本城復興を祈る「在りし日の熊本城写真展」という筆者の構想が、足元から崩される結果となった。

 写真出力料も、額装代も、運搬代も、すべて自腹でやった企画もの。それを、1円の負担なく、自分たちの都合だけで商売に繋げた人たちに、閉口するのみならず、人間性を疑った。ビジネスライクに考えれば、絶対に許されぬ行為でもある。

 商売は、「損して、得せよ!」が大原則。更に、如何に親しい知人であろうが、同級生であろうが、商売となれば「Give & Get」が鉄則だ。それを、常に「Get & Get」で考えている人間がこれほどまでに多いのかと、愕然とした昨年の夏。礼節も弁えず、よくもまあ、商売ができるものだと、郷里の腐れたローカルスタンダード(一部の人間)に腰を抜かしたのである。


▼鹿本町の川沿いに咲く秋桜
2016-10-24


▼岩原横穴群の山手の木々にぶら下がる木の実
2016-11-17


▼鍋田横穴群上空を飛ぶ鴨軍団
2016-11-24


▼上内田川の中流域
2016-11-29



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2017/7/21 12:22 am

連載 山鹿発見伝(1)

▼芝居小屋 八千代座
2015-6-23


<序章>

 熊本地震後に、頓に足繁く通うようになった山鹿市。筆者が十二歳まで育った、熊本県北部にある素敵な温泉町(現在は、菊鹿町、鹿本町、鹿北町、鹿央町などが統合され、新・山鹿市になっている)である。今回、急に思い立ち、「連載 山鹿発見伝」と題して、これまで取材してきた処を中心に、人間模様も含めて、赤裸々に書き綴ることにした。・・・山鹿市長以外の写真は、2015年に撮影した中から選んだものだが、連載の序章に使うことにした。

 さて、郷里である山鹿市には、現在も幼友達、同級生、先輩後輩など多くの人たちが住んでいる。筆者の家は転勤族であった為に、小学校を卒業して以来、残念ながら、この地に再び戻ることはなかった。ただ、社会人(新聞社当時)となり、山鹿市で開催された「山鹿・鹿本県民文化祭」の冊子を作ったり、その模様を番組化し、NHK衛星放送で放映される時に、そのオープニングCG制作を担当した。

 1990年に新聞社を経て起業し、1993年だったか、装飾古墳で有名なチブサン古墳CGシミュレーション動画(1分47秒)を制作し、山鹿市役所(当時、中原淳市長)や山鹿市立博物館に寄贈したこともあった。当時の新聞やテレビなどで随分話題になったが、営利を目的としたものではなく、些少ながら(当時は1000万円を超える制作費が必要な時代)、郷里に対する熱い思いをビジュアル化した、一つのプレゼント程度のものとして寄贈したのである。市長室にてビデオテープを市長に手渡す時に、すこぶる喜んで頂いたことを思い出す。

 写真上は芝居小屋・八千代座の内観であるが、坂東玉三郎公演など、数々の実績を持つ芝居小屋として、筆者なりに可愛い郷里の宝物の一つとなっている。よって、筆者は1995年にネット事業に着手した時に、先ず、郷里の宝物WEBサイト構築に傾注した。同市教育委員会へ足を運び、明治44年の八千代座のモノクロ写真やその他資料を頂き、八千代座、チブサン古墳、鞠智城など・・・、数ヶ月掛けて、「山鹿温泉郷」というWEBサイトを構築したのだった。

▼山鹿温泉郷サイト(powerd by D&L Research Inc.)
 http://www.dandl.co.jp/gold/yamagakanko/Link

▼当時の山鹿市役所市長室にてチブサン古墳CGシミュレーション動画を受け取る中原淳市長(写真左)

CITY



 それから十数年経ったろうか・・・2008年に市の幹部へ「八千代座WEBサイト」について物申したこともあった。実は、「八千代座WEBサイト」は個人に委託していたらしく、HTMLもフレームによるお粗末な作りであり、パソコンのOS次第では、全く閲覧できぬ状態が続いていた。また、問い合わせメールを送信すると、山鹿市担当者へ直接送付されず、その個人へ情報が流れる仕組みとなっており、セキュリティ面や個人情報流出問題について苦言した。

 電話での応対だったが、管理者や上層部の人間は、全く筆者の言う意味を理解できなかったのか、理解しようとしなかったのか知らないが、指摘に対して、即座に対応しなかったことを記憶している。本来ならば、その指摘内容が分からなければ、直接筆者に聞けば良いだけの話だが、筆者からの情報は歪められたまま、数年間放置されることになる。・・・郷里を思い、苦言を呈した事が、逆恨みなのか、いつの間にか悪者扱い(無視)されるに至った。

 もともと、地方行政マンや議員については大きな期待をしていないのが筆者である。なぜなら、土着性の強い所であればあるほど、行政サイドにおいても、人脈だったり、昔ながらの絡みだったりと、グローバル感覚には程遠い、ローカルスタンダードに染まりきっているので、それ以上のことを望んだり、徹底改善を求めるようなことは一切言わないことにしている。

 序章は少々厳しい文言が並んだように思えるが、事実は事実として、しっかりと記した上で、連載を書き綴りたいと考える次第。・・・乞うご期待!

 to be continued....


▼八千代座近くにあるグルメ倶楽部
2015-8-14


▼グルメ倶楽部で人気のオムレツ
2015-7-24


▼土産屋さんの留守番犬
2015-11-7


▼山鹿市立山鹿小学校のグラウンドと校舎(遠景)
2015-12-7



                       

  • posted by Chikao Nishida at 2017/7/20 02:29 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp