ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

西田親生写真展「如水」情報

koten


 連日、多くの知人友人との再会に、「郷里で個展をやって良かった!」と安堵している自分が居る。それも、郷里のみならず、遠方からわざわざ山鹿市民交流センターに足を運んでくれる知人友人に対して、感謝の言葉も見つからぬほど、最高クラスの「幸せ一杯感」に包まれている。

 本日、突然現れた知人は、こんなメッセージを残してくれた。「スマフォで見るのと、実際の物とでは迫力が違いました。本日は突然の訪問でしたが、一枚一枚、丁寧に解説していただき、誠にありがとうございました。また、数々の嬉しいお言葉もかけていただき、頑張った甲斐がありました。」と。

 また、一昨日来てくれた知人は、「スマホでは毎日のように画像を見てますが、写真はホント違うなと感じました。誰か行くなら一緒に行こう\(^^)/」と、同様に、大きなサイズに出力された写真に関心を持ってくれたようだ。

 ちなみに、写真の出力と額装は、明治5年創業のカメラの坂梨さんに依頼したので、プロ仕様の緻密で深みのある美しい写真に仕上がっている。お時間ある方は、スマフォの小さな画面で見る写真より、小さな水しぶきの飛び散る瞬間を、額装されたビッグサイズの写真でご覧いただければと・・・。

 今回の個展は、特別にテーマを設けていない。しかし、我が故郷への想い、熊本城復興への願い、そして生きている人々の力強さなどが、少しでも伝わればと考える次第。一つ一つの作品をじっくりとご覧いただく人の眼は、実は、筆者の心の中を覗いていることになる。よって、手抜き、誤魔化しの撮影など以ての外。・・・これからの取材活動は、今まで以上に情熱を傾け、磨きを掛けなければならない。

 尚、「西田親生写真展 如水」は、2月27日(月)まで。・・・これからは、もっと人間臭く、泥臭く、生々しい究極のリアリズムを追求できればと考えているが、なかなか思うように撮れていないのが現状だ。・・・だから、写真は止められないのかも知れない。


▼一昨日来てくれた知人
1


▼昨日突然のサプライズを与えてくれた知人
2


▼優しい笑顔に見える頂き物の美しい花
4


▼芳名帳にご記入頂く方へのプレゼント(如水 第5巻/2017年2月10日発刊)
D75_4819



◎西田親生のBehance
 https://www.behance.net/chikaonishidaLink

                           

  • posted by Chikao Nishida at 2017/2/16 12:00 am

16年ぶりの友人の宿・・・

1



 昨日、16年ぶりに(2001年9月11日/「9.11」以来)、友人との再会のために、彼の実家でもある、玉名温泉の人気旅館「花鳥風月の宿 さつき別荘」へ足を運ぶことにした。

 現在、筆者は個展(写真展)を山鹿市内で開催しているが、久しぶりに友人の元気な顔を見たくなり、そこでランチを食すことにした。料理は写真のように、料理長が拘りを持って、しっかりと調理していることが直ぐ分かった。

 また、同旅館の自慢は、泉質の良い源泉かけ流しの湯(源泉温度は摂氏51度ほど)。特に、露天風呂は、料理と同様に、滞在する旅行客の最高の癒しとなっているようで、昼時は、日帰り企画(温泉&ランチ)に参加した熟年女性たちを、ロビーや通路で見掛けた。

 熊本地震では玉名方面も揺れるには揺れたが、同旅館周辺は岩盤が頑丈なのか、ほとんど被害がなかったと言うメイドさん。湯量の変化や設備損壊もなく、現在でも安心安全の宿として、いつでも受け入れ万全であるとのこと。

 玉名市は、新幹線も高速道路も通り、交通インフラは良好で、県北菊池川沿線3市(菊池市、山鹿市、玉名市)の中では、突出している。山あり、海あり、温泉あり。食材も豊富で、料理の旨さには定評がある。ただ、魅力ある地域であることを、知らぬ人の方が思いの外多いと言うのは、実に勿体ないことでもある。

2


3



◎花鳥風月の宿 さつき別荘公式サイト
 http://www.satsukibessou.com/Link

           

  • posted by Chikao Nishida at 2017/2/15 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp