ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

ランチをホテルレストランで!

D60_6173


 8月に入り、熊本ホテルキャッスル ダイニングキッチン九曜杏のグランドメニューが変わった。写真は、最近取材ランチとして食した料理である。上から、ハンバーグステーキ、ローストチキン、そしてサラダである。実にシンプルで彩りが良く、美味しそうなので、つい、ざっとした撮影を終え、カメラを置いてナイフとフォークを手に取る訳だ。

 料理は、食材、器、盛り付け、彩、香りが重要なファクターであるが、もう一つ、温度が「命」となる。同レストランホールは約140席と広々としているので、ウェイターやウェイトレスは、厨房から出される料理を、如何に素早く持ち運び、お客様へその「命」伝えることがミッションとなる。気遣いが絶えず、1日約10kmを歩くというから、体力を要する激務である。

 お陰様で、取材前にランチで立ち寄れば、安心して食事を楽しみ、レストルームでリセット。それから、炎天下の取材に足を踏み入れても、十分な栄養と水分を摂る事が可能なので、熱中症なので倒れる可能性は低くなる。大変有り難い環境を利用させて頂くことに、日々感謝する次第。

 ちなみに、同ホテルは震災のために一時営業停止となっていたが、暫くしてレストランや宴会場、ブライダルが復活。8月5日からは宿泊も一部稼働、更には名物バイキングもスタートし、俄に活気が戻ってきている。よって、この熊本を代表するシティホテルの復活は、最近再び増えつつある外国人観光客が重宝する存在となっているに違いない。


D60_6175


D60_6153



◎ロゼッタストーン公式ポータルサイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

           

  • posted by Chikao Nishida at 2016/8/18 12:00 am

青鷺の日光浴ポーズ

800_4103


 八景水谷公園(熊本市)では、今年の冬場から春にかけて、大鷺、中鷺、小鷺、青鷺、五位鷺の5種を撮影したことになる。夏場になると、鷺たちの姿が激減し、どうしても我々から距離をおいて、高い木々の木陰で昼間じっとしている事が多い。

 取材を終えて、帰る間際にたまたま青鷺の姿を見る事ができた。今まで見てきた青鷺は他の白鷺よりも魚獲りがとても下手であった。今日の青鷺は、以前見かけたものよりずっとやせ細っている。もしかすると、一日中、何度も魚獲りをしては失敗しているような、元気のない青鷺。レンズを向けると、急に、こちらを向いて、妙な動きを始めたのである。

 写真3枚目の通り、初めてみるポーズである。後から調べてみると、そのポーズは日光浴をしている姿らしいが、その顔がとんでもなく滑稽だったので、パシャリと1枚撮ってみた。ズームしたのが写真4枚目のもの。こちらを向いて、口を開いて舌を出し、威嚇しているかのようだが、とても頭が良さそうには見えない。それが、逆に可愛いのだろうと。

 今回は、70mm-200mmの望遠レンズしか持参していなかったので、もっと大きな姿で捉えたかったのであるが、「日光浴ポーズ」だけで今日の取材は大満足となり、その場を立ち去った。・・・その青鷺・・・日が沈むまで、また水面を覗いては、何度も下手な魚獲りに挑戦するのだろうか!?


800_4105


800_4129


aosagi


800_4136



◎先見塾公式サイト
 http://www.senkenjyuku.com/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2016/8/17 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp