ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

OLD CAMERAがゴロゴロと・・・

▼OLYMPUS 35 EC(1970年)

camera1970



 昨日、実家の大掃除をしていると、古いフィルムカメラやデジタルカメラがゴロゴロと出て来たので、その中から数台を選び、今回ご紹介したいと思う。

 先ず、引き出しからコロンと出てきたのが、OLYMPUS 35 EC(1970年)。E-ZUIKOレンズが装着された、当時としてはコンパクトでハイカラなフィルムカメラである。・・・何と、43年前のカメラだ。フィルターも付いていないので、前玉が汚れていたが、念入りにクリーニングをして、ピカピカに磨き上げた。電池を2個入れて、フィルムを入れると、直ぐにでも撮影可能なようである。

 それから次の引き出しに入っていたのが、FUJICA 350 ZOOM(1976年)。ポッケに入るズームレンズ搭載で、且つ、110判フィルムの珍しいカメラである。まあ、ズームと言っても僅か1.7倍なので、言葉は悪いが、なんちゃってズームとなる。

 筆者が初めて使ったのは・・・たぶん、ミノルタの110判フィルム搭載のポケットサイズのカメラだった。確か、POCKET AUTOPAK 460TXだったと・・・。(現在行方不明)

 今回ご紹介するフィルムカメラの中を覗き込むと、実にシンプルだ。簡易設定で、何気にスナップ写真を撮りまくるようなものばかりで、敢えて紹介する必要はなさそうだが、久し振りにOLYMPUS 35 ECを手に持つと、妙にしっくりと来るのである。脱着できるレンズではないが、当時の手作り感が伝わってくる逸品である。

 カメラの歴史、特に、一眼レフカメラの歴史を塗り替えたのは、一眼レフデジカメが数百万円した時代に、さっそうと現れたNIKON D1だ。266万画素と画素数は小さいものの、筐体は一眼レフフィルムカメラと殆ど区別がつかぬほど、当時のNIKONの全デジタル技術を投入し、どっしりと重く風格のある仕上げとなっている。

 それから14年が経ち、カメラ専門店では、名前を覚えきれないほど、各メーカーから多種多様な精度の高いデジタルカメラが山のように積んである。・・・しかしながら、その間、2008年に出たCANON EOS 5D MARK IIは、圧倒的な人気を誇り、動画撮影を映画のレベルまで引き上げた代物であり、今も尚、その人気は衰えず、逸品中に逸品と言われている。

 カメラ・オブスクラから約1000年。・・・特に1999年を境に、音速どころか、光速の勢いで、その進化は凄まじい。しかし、画素数ばかりを売り文句にしているデジカメには少々虫酸が走る。画素数と画質とは余り関係もなく、撮影された精度の高い写真を出力しようとしても限界があり、3000万画素、4000万画素など不要だと言うプロの写真家が多いのである。・・・何故なら、名のあるプロが使用しているデジタルカメラは、1600万画素から1800万画素であることを、我々アマチュアは知る必要がある訳だ。

 何はともあれ、この秋口から新機種発表が相次いでいるカメラ業界。・・・ある意味、アナログ時代の素晴らしさを振り返った復古調のモデルもちょろちょろ出てきたので、各メーカー間でどのようなバトルが繰り広げられるのか楽しみと言ったところである。


▼FUJICA 350 ZOOM(1976年)
camera1976


▼NIKON COOLPIX E300(1997年)
camera1997


▼NIKON D1(1999年)
camera1999


▼NIKON COOLPIX 5700(2002年)
camera2002


▼CANON EOS 5D MARK II(2008年)
camera2009-1


▼LUMIX TZ7(2009年)
camera2009-2


▼NIKON D800(2012年)
camera2012



【先見塾公式サイト】 http://www.senkenjyuku.com/Link

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2013/11/11 02:48 am

スキルアップの秘訣とは!?

404 File Not Found


 向上心ある人の眼を見ていると、実に清々しい。何事にも熱心で、それに対する意欲は身体全体のオーラとして表れ、無意識な中に、学ぶ姿勢としては理想的なスタイルと採っている。しかし、向上心を持ち、その心を維持継続し、実践的な能力を得て行く人は、一握りと言っても過言では無い。

 昨夜、眠れず、Facebook上に「スキル」をテーマに、眠い目をこすりながら、いくつかランダムに書き綴ったものがあるので、本日は、「スキルアップ」についてのノウハウをご紹介したいと思う。以下の通りである。ご参考になれば、幸いだ。

【英語が流暢に話せない人・・・】
 お手本の発音を良く聴き、猿真似、鸚鵡返しで再現しないから。無駄に口や舌、顔の筋肉を使いすぎるから。感情を込めず、棒読みで終わるから。間違った発音を、塗り絵的に執拗に上塗りすると、上達は鈍化する。耳を澄まして、言葉尻までしっかりと聴き取ることから始めましょ!

【プレゼンテーションのスキルアップ・・・】
 日頃からアーティスティックな事に関心を持つ事。デザインレイアウトや配色の研究を行う事。一目で分かる、タイトルとすること。どのメディアを使って相手に伝えるのか決める事。起承転結、三段論法・・・シンプルで分かりやすい文章を書く事。イラストやグラフ、写真、動画などを操れる事。

【文字を上手く書きたい方へ・・・】
 鉛筆、ペン、筆の持ち方と力配分を習得する事。筆順をしっかりと覚える事。一つの文字が、○に包まれるようなバランスを学ぶ事。漢字の偏と旁の空間を程良く空ける事。脚がある場合は、文字全体を台形のように末広がりで安定させる事。とめ、はね、かえし等・・・強弱を習得する事。文章を書く場合、漢字と平仮名のバランスは・・・漢字の大きさより平仮名をやや小さめに。

【パソコン関連で詳しくなりたい方へ・・・】
 キーボードはホームポジションから基本に忠実に叩く事。同じ機種でも、最上位機種又はそれに近い物を選ぶ事。データのコンバートなど、データの種類と活用法を学ぶ事。ショートコマンドを多用し、作業時間を短縮する癖をつける事。常にバックアップをする癖を付ける事。ワープロ、スプレッドシート、データベースは基本だが、それらを融合して使えるスキルを身につける事。IDやパスワードの保管をしっかりとしておく事。

【カメラが上手くなりたい方へ・・・】
 先ず、カメラをこよなく愛する事。最初から一眼レフを手にして、常に実験を試みる事。汎用的なズームレンズ1本に頼らず、単焦点レンズの醍醐味を知る事。被写体に集中し、ファインダー内の全てをチェックして、どこに視点を置くかを、瞬時に決定するスキルを習得する事。ただスナップ的に撮影するのでは無く、何が主人公で、何処までの被写界深度で表現するかを考える事。レンズ一つ一つの特性を知り、色んなロケーションで実験を重ねる事。折角撮影した写真を、安易にフォトレタッチで改竄しない事。大量の写真データを格納するパソコンや外部HDDを準備する事。最後に、カメラを趣味とする友人と共有する時間を持つ事。

【グルメ通になりたい方へ・・・】
 日頃から味が濃い味の豚骨スープなどを食さない事。京野菜などの食材の知識を増やす事。B級グルメばかりに足を運ばぬ事。中国料理では、上海、広東、四川、東北地方(遼寧省)など・・・色んな地域の食材と料理を実際に食す事。フレンチやイタリアン専門店にて・・食前酒やワインなどとの相性を考えながら食す事。コース料理はあくまでも店からの提案もの。単品勝負で、自らのオリジナルコース設定ができるスキルを得る事。最後に、常に本物の食材を食す事。

【車の選び方・・・】
 自分のライフスタイルに最適な車をイメージ。ディーラーのサービス体勢。ディーラーの下取りの時の誠意ある対応。剛性と足回り。ブレーキが効くかどうか。エアバッグその他のセキュリティ対策。ドアの開閉の重みと密閉度が高いかどうか。ピラーの太さと頑丈さがあるかどうか。アイドリング時の安定したエンジン回転。アクセルを踏む時の軽快な回転計の上がり方。身体を包み込むような心地良いシートかどうか。ステアリングが滑らかで小気味よくタイヤへ伝わるかどうか。車窓からの視界。タイトなコーナーからの立ち上がり。マフラーから聞こえる心地良いエキゾーストノート。空力抵抗。インパネの各計器の視認性。ロードノイズの吸い込み方。それから、やっと・・・スタイル、色、ライト、フォグ、ナビ、エアコンである。



◎先見塾公式サイト http://www.senkenjyuku.com/Link

                         

  • posted by Chikao Nishida at 2013/11/10 10:36 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp