ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

只聞き、只呑み、只頼み・・・三つの只

title-josui


 人は、占い師にお金を支払い、占ってもらう。初詣に行けば、おみくじを買い、願いを込めて小枝にしっかりと結び付ける。スマートなビジネスマンは、常に割り勘にて、自腹を切って酒宴を供にする。更に、ホテルランチでは、料理代を支払い、珈琲の御代わりをウェイトレスに頼む。当然に、全てマネーフローが生じている。

 しかし、田舎であればあるほど、面識のない人に対して只で質問攻めしたり、合コン(社会人)の一律割り勘に乗じて必要以上に大量に酒を浴びるように呑んだり、お礼も言わず無理難題を第三者へ頼み込む人が結構多い。土地柄と言えば、それまで。低民度といえば、それまでとなる。

 幸運にも、筆者の近しい仲間には、「只聞き、只呑み、只頼み」の人物は一人もいない。しかしながら、時折、突然近寄って来ては「只聞き」をして、そのノウハウを如何にも自分オリジナル発信かのように自慢げに話す姑息な人物もいる。所謂、受け売り大好きで、虚栄心の強い人間である。

 より具体的な例えとして・・・一人5000円の食事会に、女性はあまり酒を嗜まないのに、数人の男だけが女性陣の数倍の酒を呑み、醜態を曝け出す。時には、ズカズカと人の懐に入り込み、無理難題を丸投げして、無償で人の教育やら躾やらを頼み込む人間も少なくはない。

 この世の中は、人が動けばお金も動く世の中であることを、全く理解していない人が多いことに、首を傾げてしまう次第。しかし、これら「三つの只」を悪びれた様子もなく、図太く生きる恥ずかしい人間がいるのも事実。とんでもない勘違いだが、さもしいことに本人は気づかない。

 コンサルを請け負うからには、付け焼き刃的なものでは対応できるはずもなく、特に専門的なコンサルとなれば、過去において、相当額の自己投資を積み重ねて来てこそ可能となる。その理屈が伝わらないのが、地方の「な〜な〜主義」であり、実に滑稽極まりない、悪しき慣習とも言える。

 よって、一端の社会人として「恥ずかしさの境界線」を逸脱しないためには、先ずは、上述の「三つの只」を、日頃からタブー視する意識を持つ必要がある。それが理解できてこそ、スマートな人だと言える。最近、国家公務員への接待が取り沙汰されているが、民度低き人間像が浮き彫りとなり、情けなさが募るばかりではなかろうかと・・・。


DFD_0162


D85_4643



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

               

  • posted by Chikao Nishida at 2021/2/23 12:12 am
コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp