ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

「Clubhouse」に集まるおもろい仲間たち・・・

title-josui


 昨日も数時間にわたって、「Clubhouse」の研究を行った。或るルームに入り、開設者とその仲間達の話に耳を傾け、気づけば、いつの間にかモデレーターになっていた。自己紹介を簡単に済ませ、話の流れにベクトルを合わせ、じわじわとそのリズムに慣れて行く。

 聴取者がじわじわと増えてくる。手を挙げれば発言ができるようになるが、初めての人たちは、遠慮気味に聴取者のままとなっている。それぞれのプロフィールを見ると、職種がこんなにも多彩なのかと驚くばかり。海外で活躍している起業家の多さにも驚かされた。

 「Clubhouse」の日本時間でのゴールデンタイムは、午後9時頃から午前0時。時折、回線やサーバーが不安定になり、次から次へと落ちて行く現象が出てくる。酒を飲んでいる人、食事をする人、会話に専念する人と、各自自由な空間で参加している。

 昨日は、元アップル社員だった人、元宝塚の女性、オーストラリアに移住し子育てに頑張っているお父さんなど、おもろい仲間が集まってくる。皆が持ち寄る四方山話は実に新鮮であり、コロナ禍の中、一所懸命に工夫している姿が見え隠れする。

 50カ国以上添乗経験のある女性の話も興味深く、特に航空券とホテルパック商品の激安さには腰を抜かした次第。海外に事務所を構え、コロナ禍にて、出国できない人も居た。因みに、国際線の旅客機ではビジネスクラスが多くなり、エコノミーが無くなる可能性も。

 他のルームも何箇所か訪ねてみたが、圧倒的に若い人たちが多く、起業をした女性の積極姿勢が印象的だった。全く無言のルームもあり、目的を見ると、フォロワー1000件達成のための場所だったり、新規事業への相談などを話し合うところもあった。

 現在、午前4時半を過ぎた頃だが、再び、「Clubhouse」の或る部屋を覗くと、10人ほどが延々と話し合いをしているのである。いつ寝るのかと、人のことは言えないが、熱心な方々が、全体像がまだまだ見えぬ「Clubhouse」について語っていた。

 「Clubhouse」は、TwitterとInstagramと紐付けできるので、今後、どのような連携にて動くのかが楽しみなところでもある。或る人が、「クローズドで講演する場合、レジュメなどの受け渡しができないから、様子見といったところです。」と・・・。

 講演でレジュメを配布するのであれば、事前にPDF又はJPGデータをサーバーにアップして、そのURLをTwitterなりに記述しておけば、簡単にダウンロードができるので、それを聴取者が受け取り、それを見ながら、講演することが可能となるのでは!?

 最後に、そろそろ「Clubhouse」を落ちようかと思った矢先、お二人の男性と遭遇した。筆者の下らない話を聞かせてしまい、2時間が過ぎた。大変申し訳なかったけれども、想定外の「Clubhouse」効果と言えようか。人の繋がりはどこで出来るのか分からない。

 しかし、すこぶる充実した時間だったと、長話を終えて、徹夜明けの早朝からニンマリとする筆者であった。


clubhouse



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

         

  • posted by Chikao Nishida at 2021/2/4 12:00 am
コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp