ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

老舗「珈琲アロー」の底力・・・

850_8092


 炎天下、珈琲アローに暑中お見舞い方々、熊本ホテルキャッスルのケーキを手土産に、顔を出すことにした。午後2時というのに、カウンター席は満杯だ。よって、右手のウェインティング用椅子に腰掛けて待つことにした。

 それから十数分経って2席が空いた。連れと私はその席へ移り、今日の客層をちらりと見てみた。奥の方々は常連客のようだが、隣は台湾からのお客(写真上)のようだ。

 店主の八井巌さんが一所懸命に説明しているが、台湾の方々には詳細が伝わらない。そこで、お二人に聞くと、英語が良いと言うので、店主の説明を通訳するとにした。

 台湾からのお客は、琥珀色の珈琲を見て、「これ、珈琲ですか?紅茶みたいな・・・、粉はココアみたいな・・・!?」と、唯一無二の琥珀色の珈琲にやや困惑気味だが、段々と興味が湧いて来たようだ。

 黒ニンニクを販売していると言う台湾のお客。店主に言って、琥珀色の珈琲となる豆を1粒食べてもらった。「あ、ちょっと硬いですね。ああ、普通の珈琲の味じゃない。」と不思議そうにしていた。

 1杯五百円の珈琲を飲み、その説明を聞いて、これから博多へ戻ると言う台湾からのお客。名刺交換をして、再会を約束し、次回、熊本へ足を運び入れた時は、必ずコンタクト取るように伝えた。

 それから、東京からのお客が「ネットで調べたら、たまたまこの店が出てきたので立ち寄りました。初めてですが、徹夜明けの疲れが吹っ飛びました。え、五百円でいいんですか?」と言って、琥珀色の珈琲を1杯飲み干して店を出た。

 更に、入れ替わりに博多からと言う女性がやってきた。我々が2時間ほど居座っていた中で、8人ほどが入れ替わった。この炎天下に、国内外からのお客が立ち寄るとは大したものだと、老舗の底力に脱帽したのである。


▼琥珀色の珈琲を説明する八井巌さん(83歳)
850_8134


850_8137


850_8139


▼珈琲アローの琥珀色の珈琲
850_8119



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 https://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2019/8/9 03:56 am
コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp