ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

Time-lapse photography

▼ステーキハウス淀川の店内からガラス戸越しに見た観葉植物

lapes1


 昨日、Time-lapse photography(タイム・ラプス写真)の撮影実験をしてみた。

 本来ならば、星空が映り込む無風状態の湖、雲海と山々、ビル最上階から見る大スクランブル交差点、朝顔の開花・・・などなど、自然界を撮りたい気持ちがあるが、撮影実験として選んだのは、(1)ステーキハウス淀川の店内からガラス戸越しに見た観葉植物、(2)JUST DRINK WINEの店内から見た上乃裏通りの人と車であった。

 撮影機材は、NIKON D800+SIGMA 50mm 1.4。(もっとワイドなレンズを使った方が面白そう)設定に関しては、メーカーや機種によって異なるが、NIKONでは「撮影メニュー」の「微速度撮影」を設定し、三脚を使用する方が安定した撮影ができる。

 そもそも、Time-lapse photographyとは、1秒に1回、5秒に1回と設定を変え、それを任意の時間、例えば5分間、10分間、1時間・・・と、コマ撮りを行う撮影法だ。・・・ビデオカメラで撮れないような、実に緻密で美しい一眼レフデジカメの写真が動画として写し出される。・・・鳥肌が立つような素晴らしい動画として、「時間の推移」を短時間に見ることが可能となる訳だ。

 「時間の推移」・・・例えば、1秒に1回の撮影を10分間続けたとする。・・・30回撮影すれば、丁度1秒分の動画となるので・・・30回撮影に掛かる時間は30秒。・・・1分間の撮影で、ビデオ映像に換算すると2秒分の動画が完成することになる。即ち、10分間「微速度撮影」をするとなると、20秒分のビデオ映像を創り上げることができるのである。

 また、手持ちのデジカメで「微速度撮影」機能がない場合は、インターバル撮影で1秒に1回の撮影を行い、その静止画をiMovieやその他動画エディタで、静止画の束を動画にまとめるという力業も残っている訳で、色んな手法でTime-lapse photographyを創り上げることが可能となる。

 いやはや、Time-lapse photographyは、従来の一眼レフデジカメとは全く異なる活用法として、今後より深く探究したいと・・・。


▼JUST DRINK WINEの店内から見た上乃裏通りの人と車
lapes2



▼YouTubeにアップした、ステーキハウス淀川の店内からガラス戸越しに見た観葉植物。
▼YouTubeにアップした、(2)JUST DRINK WINEの店内から見た上乃裏通りの人と車。


【ロゼッタストーン公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2014/4/15 01:42 am
コメントをどうぞ。 名前(ペンネーム)と画像認証のひらがな4文字は必須で、ウェブサイトURLはオプションです。

ウェブサイト (U):

タグは使えません。http://・・・ は自動的にリンク表示となります

:) :D 8-) ;-) :P :E :o :( (TT) ):T (--) (++!) ?;w) (-o-) (**!) ;v) f(--; :B l_P~ (QQ)

     

[X] [Top ↑]

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp