ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

SAVE UKRAINE !!!!! ...Ms.Alla AVitkoとの出逢い、そして、今。

▼Ms.Alla AVitko(ウクライナの人気デザイナー)

Alla2


 昨夜、たまたまLinkedInを覗くと、Ms.Alla AVitkoからメッセージが来ていた。Allaは、ウクライナ出身のデザイナーである。

 ロシアによるウクライナ侵略から2ヶ月近くが経つが、何かウクライナに対して、微力ながらも応援できないかと、日々悩んでいたところだった。

 Allaとの出逢いは、数年前のこと。Behanceという世界中のアーティストが集まる、Adobe有料サイトであったと記憶する。筆者の写真に「いいね!」やコメントが付けられ、その時、パッケージやフライヤー、ロゴ制作などの話を聞くことができた。

 Allaは、彼女の国で勃発した想定外の出来事の為に、従来の安定した仕事環境が急変し、全く異なるシチュエーションに置かれ、クリエイターとしても仕事が激減したのである。よって、彼女の現在の居所は安全とは言えず、転居する必要があるかもしれないと心配している。

 筆者がウクライナにできることは、このタイミングだと、第六感が働いたは事実。昨日、神様がAllaの背中を押し、筆者にメッセージを送らせたのではないかと受け止めている。メッセージ詳細は個人的なものなので、ここで披露するのは控えるが、只事ではないに決まっている。

 彼女は、今の心境を次のように語ってくれた。

ウクライナにおける生活は、とても平穏な毎日であり、主に、ウクライナは勿論のこと、ロシアや西ヨーロッパ、そして日本にも多くのクライアントがいらして、パッケージデザインやロゴマークなどの制作をしていました。しかしながら、このウクライナ危機により、素晴らしいクライアントとの接点が遮断され、パソコンを利用できるプロダクションとWi-Fi環境はありますが、安心安全な海外企業との接点が必要になったのです。

 よって、筆者が1995年以来保有しているポータルサイト「The Rosetta Stone」の表紙に「SAVE UKRAINE」をテーマに、第1号のウクライナ人として、しっかりと応援できればと考えるに至ったのである。

 因みに、同ポータルサイトのニュース欄は、1日あたり2万件から、多い時は6万件のアクセスがあるので、これを機会に、是非、日本国内の企業や店舗へ、特に、パッケージデザインやロゴデザインが必要な方々へ周知したいと考える次第。

 この程度しか、今の筆者には「SAVE UKRAINE」を実行できないけれども、この記事を読まれた方は、是非、リツートなり拡散いただければと・・・。

 勿論、前述の通り、筆者も当社も、この件に関しては全てボランティアにて進めているので、ご理解、ご協力を賜れば幸甚である。

 これを皮切りに、今後Allaのクリエイターフレンドも、「The Rosetta Stone」のトップページに集まってもらい、新たなビジネスチャンスになればと、期待しているところだ。

 皆様方のご理解、ご支援を心よりお願い申し上げる次第。

※今回の打ち合わせは、Messenger電話で話を行い、詳細については、テキストチャットにて、今後の展開について双方が合意した。
※以上は、寄付や金銭を願うものでは無く、クリエイターとしての仕事の可能性をエキスパンドする記事として受け止めて下さい。

▼ENGLISH

When I happened to look into LinkedIn last night, I got a message from my friend Alla is a designer from Ukraine.

Almost two months have passed since Russia's invasion of Ukraine, but I was wondering if I could support Ukraine with a little effort every day.

I met Alla a few years ago. I remember it was an Adobe pay site where artists from all over the world called Behance gathered. She liked and commented on my photos, and we spoke some time with her about design, packaging, flyers, logo production, and so on.

After all these event's that happened at her country she faced with the working environment became poor and it was in a difficult situation. Her current whereabouts is not a safe and she is worry that she might need to relocate.

The sixth sense worked when the author could do what Ukraine could do at this timing. Yesterday, I suspected the God pushed Alla's back to send me a message. The details of the message are personal, so I'll refrain from showing them here, but it's decided that it's not trivial.

She talked about her current state of mind as follows.

'That during the life in Ukraine, I lived very peacefully, and I had many clients for package design, logo production and many other mostly from Ukraine but also Russian, sometimes even from American, Western Europe and Japanese companies. However, due to this Ukraine Crisis, the contact points with most excellent clients have been cut off, and although there is a production and Wi-Fi environment using a personal computer, it has become necessary to have contact points with safe and secure overseas companies.'

Therefore, I came to think that I would be able to firmly support as the first Ukrainian with the theme of "SAVE UKRAINE" on the cover of the portal site "The Rosetta Stone" that I have owned since 1995.

By the way, the news section of the portal site receives 20,000 to 60,000 accesses per a day, so please take this opportunity to visit companies and stores in Japan, especially package design. As soon as I want to inform people who need logo design.

Although I can only execute "SAVE UKRAINE" to this extent, I hope that those who read this article will be able to re-tweet and spread it.

Of course, as mentioned above, both the author and our company are volunteering on this matter, so we appreciate your understanding, cooperation, and even support !!!

Starting with this, I hope that Alla's creator friends will gather on the top page of "The Rosetta Stone" and create new business opportunities.

We sincerely ask for your understanding and support.

*This meeting was held on the Messenger phone, and for details, the text chat was used, and both sides agreed on future developments.


▼Allaのワークス(一部)
alla-2022-0421-1


alla-2022-0421-2


alla-2022-0421-3


alla-2022-0421-4


alla-2022-0421-5


alla-2022-0421-6


alla-2022-0421-7


alla-2022-0421-8


alla-2022-0421-9



▼詳細は、以下のBehanceでご覧ください。
https://www.behance.net/avitkoLink

▼ICT Doctor Chikao NISHIDA
chikao-Ukraine-S


----------
◎西田親生@ICTdocotor「Note」プロフィール
 https://note.com/chikaonishida/n/n6513d8114749Link
◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

               

  • posted by Chikao Nishida at 2022/4/21 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behanceオブスクラ写真倶楽部ディー・アンド・エルリサーチ株式会社facebook-www.dandl.co.jp