ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

花より葉っぱ・・・

▼写真は、鹿央古代の森「蓮園」の蓮の葉っぱ
D75_1367


 「花より団子」のような語呂合わせだが、本日のタイトルを「花より葉っぱ」とした。「花より団子」とは、実は、風流よりも実利を選ぶことの例えだが、「花より葉っぱ」は、それとは全く関係のない言葉として、思いつきでタイトルとしたというのが正直なところである。

 この1ヶ月間は、縁あって鹿央古代の森の「蓮園」を取材することが続いた。手元には、蓮の花や葉っぱのデータがわんさとある。一眼レフデジタルカメラのの記録データをRAWのみで行なっているので、そのデータの嵩みは日に日に、どデカイものとなってしまう。よって、クラウドは勿論のこと、パソコンにはUSBやイーサネット接続により、外部に4基のテラ単位のストレージを準備し、不慮の事故による万が一のデータ紛失に対応している次第。

 デジタルな話は横に置いて、「蓮園」を取材するのは、どうしても炎天下を避けたいので、ほとんどが雨降りか雨上がりの後を選んで撮影することが多い。「蓮園」には、ニョキニョキと伸びる蓮の葉っぱと、水面に浮く睡蓮の葉っぱがある。雨が上がると、蓮の葉っぱには面白いように水玉があり、風に吹かれる葉っぱとシンクロして、水玉がコロコロと転がっている。

 こんなにも蓮の葉っぱを撮影したことはなかった。しかし、撮影して行く度に、その水玉がとても気になってしまい。目の前をオニヤンマが横切ろうが、蝶が舞おうが、美女が歩いていようが全く眼中になく、ただただ蓮の葉っぱと水玉にレンズを向けたのだった。

 本来ならば、地べたに座り、蓮の葉っぱと同じ高さにレンズを調整し、葉っぱの上に転がる水玉と、葉っぱの裏側に垂れる水玉を撮影したかった。しかし、最近、若干太ったのか、低い位置の撮影が窮屈になってしまい、息を殺しながらカメラを操作していると、呼吸が辛くなり、長時間の定点撮影が困難であることに気づいたのだった。

 蓮の花は早朝から撮影すれば、華麗な花々を捉えることができる。しかし、朝起きが苦手な人間には、雨上がりの蓮の葉っぱの方が似合っているように思い込み、気付けば、「花より葉っぱ」となってしまった訳だ。確たる根拠のない蓮の葉っぱ狙いの取材。そろそろ卒業しなければと考える次第。


D75_1310


D75_1311


D75_1313


D75_1315


D75_1327


D75_1391


D75_1794


DFD_6632




◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2018/7/15 01:57 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp