ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

戌亥櫓から見た城の姿・・

1


 戌亥櫓(いぬいやぐら)から大天守方面を撮影するのは初体験。今まで見てきた熊本城の大天守、小天守、宇土櫓が全く違う姿となった。まるで模型のように・・・。

 実は、旧細川刑部邸のにわかに赤に染まった邸内撮影に行うはずが、あまりにもフォトグラファーが多かったために長居を諦め、戌亥櫓方面へと足を運んだのである。

 欲を言えば、戌亥櫓の周囲に全て水がはられていれば、もっと水面に映り込む美しい姿を撮影することができるだろうと、妄想を巡らしてみた。しかし、事故などを考えれば、この景観で我慢すべきかとも・・・。

 帰りも同じ道を戻り、石段途中から振り返ると、大楠が石垣の天辺から挨拶しているようで面白い。次回は、超ワイドレンズを持参し、再度挑戦しようと。

2


▼右から、戌亥櫓、宇土櫓、大天守、小天守
3


4


5


6



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2015/12/10 12:37 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp