ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

「九曜紋」の考察から・・・

▼細川家家紋「九曜紋」をあしらった提灯

kuyoumon-001


 「九曜紋」(くようもん)とは、熊本県民にとっては、とても慣れ親しんでいる家紋である。社会人であれば、ほとんどの人たちは、それが細川家家紋であることを知らぬ人はいない。一昨日、紅葉の名所である旧細川刑部邸庭園(12月5日まで無料開放)を散策しながら、「九曜紋」の提灯や瓦などを撮影し、ふと思い出したのだった。

 一つは、現代社会における「家紋」の経済効果である。江戸時代の肥後藩主であった細川家の家紋について、Googleなどで「九曜紋」で検索すると、その経済効果が絶大なことが窺い知れる。美味しそうなお菓子の写真等がわんさと抽出され、昔の和のデザインが、今も尚、脈々と生き続けている。

 二つは、特に名だたる武将たちの家紋を見てみると、左右対称のものがほとんどだ。とてもシンプルなものから複雑なものまで、多種多様。そのデザインを最初に考案したのは誰なのか知る由もないが、長年にわたり、その一族の威風なる存在を諸国へ伝えるシンボルマークやピクトグラム、アイコンとしての役割を果たしてきたと言える。

 今の時代でも、車のエンブレムを眺めてみると、特に高級外車については、インパクトのあるアイキャッチ能力を秘めている。跳ね馬であれば、ポルシェ、フェラーリ。ステアリングイメージであればメルセデス。輪っかが4つであればアウディと、瞬間的にメーカーイメージが伝わり、それぞれのフォルムに魅了される。

 しかし、日本車のエンブレムで好印象を与えるものは、なかなか見当たらない。敢えて意表を突くものとしては、スバルの「六連星」(むつらぼし)ではないか。このイメージは、国内外で「スバリスト」と呼ばれる人たちに、この上なく愛され、親しまれていると聞いたことがあった。また、バイクであれば、ヤマハの「音叉」エンブレムが意表を突く。

 このように家紋やシンボルマーク、エンブレムなどを考察すると、その家系なり企業なりの歴史と伝統を窺い知るところが、実に面白い。読者の方々も、手隙の時にでも、ご自分の家紋の歴史を辿ってみると、何か新たな発見があるのかも知れないと考える次第。(筆者の母方の家紋「梅鉢」により新たな発見があった)

 話は前後するが、熊本銘菓に「九曜紋」を使った美味しい「五十四万石」がある。実は、藩主が加藤家から細川家に渡り、後々の石高は九十万石以上あったと記した書籍を発見。加藤清正の治水事業の賜物に違いないが、江戸幕府への申告は「五十四万石」のまま。その事実関係を調べてみても新たな発見があるかもと・・・。

 ※因みに、熊本ホテルキャッスル1階レストラン名は、「ダイニングキッチン九曜杏」である。


▼旧細川刑部邸散策
kuyoumon-002


kuyoumon-003


kuyoumon-008


kuyoumon-004


kuyoumon-005


kuyoumon-006


kuyoumon-007


▼熊本ホテルキャッスル(シンボルマークは、県木の銀杏)
castle-tower



ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2021/11/28 12:00 am

兎角に人の世は住みにくい・・・

josui-3


 熊本県護国神社の大きな鳥居右側に、老人が倒れている。最初は、昼から酒を飲んで、芝生の上で爆睡しているのだろうと思いつつ、横を通り過ぎようとすると、大きく口を開けて、妙な体勢にて微動だにしない。体は「く」の字で、リュックが横にあり、正直なところ、事故か事件かと胸騒ぎがした。

 口が開きっぱなしなので、既に絶命しているのかと思い、側に行き、「大丈夫ですか!?」と二度声を掛けた。その老人は、驚いたように飛び起きた。「あ、どうもすみません。」と小声で一言。生存を確認して安堵したが、このようなケースでは、声を掛けるべきか否か、一瞬、判断に戸惑った。

 実は、これまでに、高層ビルから落ちたり、鉄道に飛び込んで絶命した人たちを何度も目視したことがあるので、それ以来、ややトラウマになっている自分が居るのだろうと。しかし、寒空の下、如何に芝生にて防寒服を着ていようとも、不自然な形で倒れていれば、事件事故という文字が頭を過る。

 ただ、遅ればせながら、声を掛けたことは正解であると考える。他国では、道端に人が倒れ絶命していようとも、知らぬ顔して、無視して通り過ぎることが多いと聞いたことがあったが、ここは日本、非道なことは許されない。勿論、大人であれば、その責任を果たす必要がある。(罠も想定内に)

 取材が終わり、野鳥園から引き返す時も、まだその老人は芝生の上に座ったまま、周囲を眺めていたようだった。もしかすると帰る家がないのかも知れない。勿論、「ヘルプ」があれば早急に救済する必要があるが、それがなければ、その老人のプライベートゾーンには土足で踏み込むべきではない。

 また、話は変わるが、先般、某所にて車を停めて、山際を撮ろうかと思っていた矢先、まだ小学校低学年だろうか、二人の女の子が自転車を乗り回し、付き纏ってきた。「あのー、あのー、景色を見てるの?」と何度も馴れ馴れしく聞いてくる。良く言えば人馴れしている。悪く言えば、妙な輩に簡単に誘拐されると危惧したのだった。

 今の時代、なかなか他人との距離の取り方が難しいので、上述の女の子には挨拶、会釈程度が限界である。万が一、優しく構ってしまうと、逆に「不審者」として通報される可能性も無きにしも非ず。実は、以前、夕景を撮影しようと思い、高台に居たところ、帰宅して警察官が二人きたのだった。

 「すみません。このナンバーの車はお宅の車ですか?先ほど、不審者通報があったので、ちょっと話を聴かせて貰えませんか!?」と。とんでもない世の中だと思い、通報した大馬鹿者に閉口した。警察官への対応は、名刺とバイオグラフィを渡すことに。「ご迷惑掛けました。通報した人間には、ちゃんとした方であると伝えておきます。大変、失礼しました!」と。

 通報する者も大変な非常識者だが、何の根拠もなく、初手から犯人扱いする警察官のレベルの低さには驚いた。一人は研修中の若い警察官のようで、こんな低レベルの捜査じゃ、初動の段階で失格。通報があり、行き当たりばったりで他人の家を捜査する前に、リサーチをして行動すべきではないか。

 記事を書きつつ、文豪 夏目漱石の作品「草枕」の冒頭の文章が浮かんできた。「智に働けば角が立つ。情に棹差せば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角に人の世は住みにくい。」と・・・・・。


▼熊本県護国神社近くにある「野鳥園」のAutumn leaves
YACHOUEN-2021-002


YACHOUEN-2021-001


YACHOUEN-2021-003


YACHOUEN-2021-004


YACHOUEN-2021-005


YACHOUEN-2021-006


YACHOUEN-2021-007



ロゼッタストーン公式サイト(since 1995/熊本県第一号WEBサイト)
 https://www.dandl.co.jp/Link
文責:西田親生

           

  • posted by Chikao Nishida at 2021/11/27 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behanceオブスクラ写真倶楽部ディー・アンド・エルリサーチ株式会社facebook-www.dandl.co.jp