ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

うったまがった!!!

800_4079


 本日のランチは、今年になって初めての鹿央物産館の出前弁当(500円 税込)である。午後1時半過ぎに到着したので、ご飯は温かいものをサーブしてもらった。それから、お客も居なくなり、久しぶりに同館のティータイムで、「一生、現役。」の皆さんを激写したのだった。

 一言で、皆元気が良すぎる。70代から80代の方々ばかりだが、非常に口は達者である。時折、筆者へ突っ込みを入れて来るほど、女性らしく滑舌が素晴らしい。会議にでも参加すると(1)「ぬすけーっとしとったっちゃ、いかんたい!」と注意を受けるかも知れない。

 今回は、昔ながらの「山鹿弁」の話になった。筆者の祖父母は明治23年生まれだったので、その影響もあり、古典的な「山鹿弁」がインプットされている。「ひゃりこくる」、「つこくる」、「てんげ」、「てぬき」、「ねぶったくる」、「うしたる」、「さでこくる」、「おびかわ」など連発してみた。流石に皆さんも強者。筆者が発した古典的な「山鹿弁」の一つだけを残し、全て正解であった。

 正直なところ、「一生、現役。」な人たちの元気さには、(2)うったまがった!!!

※(1)ぬすけーっとしとったっちゃ、いかんたい!=ぼーっとしていたら、ダメでしょう!
※(2)うったまがった=驚いた、吃驚した・・・


800_4103


800_4200


800_4184


800_4151


800_4135


800_4145


800_4108


800_4095


800_4130


800_4207



◎鹿央古代の森 鹿央物産館
 熊本県山鹿市鹿央町岩原2965/TEL 0968-36-3838
1)鹿央物産館公式サイト
  http://kao-kodainomori.comLink
2)鹿央物産館関連記事
  http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?mode=category&aim=kaoLink

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2019/1/19 12:00 am

四季の味やまもとやの穴子御膳

▼写真3枚は、四季の味やまもとやの穴子御膳(並み)
800_4028


 香ばしい穴子の焼き具合と食感と香り。それがホカホカご飯の上にトッピングされ、甘タレが上品に掛けられている。それが、実に良い。もし、じゃぶじゃぶとした濃いタレとなれば、食は進むが、後から喉が渇くばかりで切れ味も悪くなるに違いない。

 しかし、タレ大好き人間には、この甘タレはやや少なく感じるかも知れない。その場合、甘タレを別の小さな器に入れてサーブする選択肢もある。因みに、この穴子御膳は、二種類ある。所謂、「並み(1800円/税別)」と「特上(2500円/税別)」であるが、その他の料理もしっかりしているので、ランチタイムのメニューとしては質量ともに「並み」で十分である。勿論、予算など関係ないと仰る方には、是々非々、「特上」をお薦めしたい。

 ただ、食いしん坊の筆者であるが故に、空腹となれば、毎回、メニューを開くたびに、全ての料理を頬張りたい気分となってしまう。このような美味しいグランドメニューがあるからこそ、70年続く同レストランには、根強いファンが沢山いると推察する次第。よって、最近の筆者も旨い料理に魅せられ、毎日でも通いたい気分となっている。


800_4037


800_4051



◎四季の味 やまもとや公式サイト
 http://www.dandl.co.jp/yamamotoya/Link

◎四季の味 やまもとや過去記事
 http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?mode=category&aim=yamamotoyaLink

文責:西田親生

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2019/1/18 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp