ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

140年の歴史ある鰻専門店・・・

850_8077


 久しぶりの、水前寺東濱屋。近頃、無性に上質の鰻を食べたくて、苛立っていた筆者だったが、とうとう我慢できず、雨の中、急遽、水前寺東濱屋へと車を進めた。個人的な話で申し訳ないが、若くして他界した兄や数年前に世を去った父二人が、天国に逝く前に食べたいと言って、喜んで食べたのが同店の鰻弁当だった。

 今回ご紹介するのは、女性にはたまらない、すこぶるお得な「レディースセットDX」。写真下の通り、ミニサラダ、肝吸、ミニセイロ、ミニ茶そば、海老天、野菜天、茶碗蒸し、うざく(酢の物)と、とんでもなく御膳の中がお祭りみたいになっている。

 また、唯一無二の極上鰻として、日頃から知人友人に薦めているのが、「うなぎ定食(特上)」である。これは2匹の鰻から、美味しいところだけを厳選し、一人前にしている、とても贅沢な鰻の蒲焼。店主が編み出した独特な焼き方で、初めて食す人は腰を抜かし、必ず発する言葉が「鰻の常識が変わりました!」、である。

 明治10年創業と、140年の歴史と伝統を誇る水前寺東濱屋だが、雨の中も、ランチタイムぎりぎりになっても客足は止まらず、最後は80代の男性が独りやってきた。「皮目はしっかりと焦げるくらいに焼いてください!」と言っていたので、昔からの常連客かも知れないが、「お任せ!」と言った方が、より旨い鰻にありつけるのではないか。

 しかし、今日の極上のうなぎ定食は、今年一番じゃないかと、店主に尋ねた次第。そこで店主曰く、「今年は新仔うなぎが1ヶ月ほど遅かったので、今日の鰻は脂がのり、肉厚で美味しいかと思いますよ!」と。

 同店のタレは言わずもがな。よって、長年にわたり同店を支えてきたのは、上質の鰻ばかりか、この独特のタレと焼き方にあるようだ。焼き方は企業秘密なのであまり多くを語らぬが、まずは、この唯一無二の上質鰻をお試しいただければと・・・。37年間通っている筆者で、全国の有名鰻専門店を食べ歩いたこともあるけれども、未だに同店の鰻以上のものに出逢ったことがない。(これ、ほんと!)


▼レディースセットDX
850_8184


850_8085


850_8107


850_8156


▼うなぎ定食(特上)
850_8142


850_8100


850_8107



◎水前寺東濱屋公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/higashihamaya/Link

             

  • posted by Chikao Nishida at 2018/12/4 12:00 am

在りし日の熊本城写真を設置!!

▼photo by Chikao Nishida
yamamotoya-castle


 2018年11月9日に、熊本地震から復興リボーンし、グランドオープンを果たした「四季の味やまもとや」(熊本県益城町)。嬉しいかな、昨日、筆者の作品「在りし日の熊本城 大天守・小天守」(縦841mm×横1189mm)が、レストランホール入り口の中央壁面に設置された。勿論、熊本地震前の熊本城の姿だが、Nikon Df+Nikkor20mm(オールドレンズ)にて撮影したものである。

 実は、同店のロゴである書も筆者が担当し、グランドオープンから今回の写真の設置まで、あっという間に24日が経過した。自分の子供のように可愛く、大好きな同店が熊本地震から蘇る。胸が熱くなり、跳び上がって万歳したいほどの嬉しさを隠しきれない。

 日々、同店公式サイトやFacebookページを眺めていると、満面の笑みのお客が美味しそうに食している写真が沢山アップされている。100点と書かれていた呟きもあり、全ては同店の家族の人柄なのだろうと、ひたすら頷いてしまう。

 よって、テレビ局や雑誌社などの取材も絶えず、次から次へと取材依頼の声が掛かっている。昨日も一昨日も、満杯のレストランホール。法事や忘年会の予約も急増し、厨房やレストランホールはてんやわんやの連日となっている。

 欲目で見ても、同店はすこぶる魅力ある食事処として、多くの方々にお薦めしたいところだが、少なくとも1週間に1度は足を運びたいと思う筆者がいる。その理由を自問自答してみたが、確たる理由が見つからない。ただ、てんやわんやの中でも、接遇にあたるマネージャー(若奥さん)やスタッフが一所懸命なところが一番の理由なのかも知れないと・・・。(内緒だが、テイクアウトの太巻き寿司もたまらない!)


▼四季の味やまもとやの玄関暖簾
yamamotoya0


▼ランチタイムの「松花堂」
yamamotoya2


yamamotoya3


yamamotoya1


▼活気ある厨房
850_7126



◎四季の味 やまもとや公式サイト
 http://www.dandl.co.jp/yamamotoya/Link

◎四季の味 やまもとや過去記事
 http://www.dandl.co.jp/rsblog/index.php?mode=category&aim=yamamotoyaLink

文責:西田親生

                           

  • posted by Chikao Nishida at 2018/12/3 12:25 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp