ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

無念の一語に尽きる・・・

▼写真下は、一人前の霊巌寺普茶料理(当時5000円/2009年撮影)
reiganji


 八女茶発祥の地として知られる霊巌寺(れいがんじ)。同寺は福岡県八女郡黒木町笠原の山林に囲まれたところにあり、普茶料理でも有名な食事処。自称グルメ通の筆者にとっては、京都の天龍寺に勝るとも劣らなぬ普茶料理のお寺さんとして、すこぶるお気に入りだった。今まで、数回は足を運び、その普茶料理を堪能している。

 三十三年ほど前(新聞社時代)に初めて訪れ、自然てんこ盛りの優しい普茶料理に感銘を受けたのであった。豪雨が続く昨今、甚大な被害が出ている福岡県や大分県の情報を知り、同寺や女将さんことが気になり、唐突に電話をしたのだった。(五年前の大水害の時にも安否確認の電話をしている)

 電話先の息子さん(現在の種田明道住職)にお母様のことを尋ねると、残念ながら昨年他界されたとのこと。言葉を失ってしまった。無念の一語に尽きる。最後にお会いしたのは2009年(料理写真を撮影した時)で、当時、筆者が引率したロゼッタストーン異業種交流会のメンバーを、心から世話をしていただいた女将の笑顔を思い出される。

 実は、全国各地に多くのファンを持つ同寺の「普茶料理」だが、昨年、お母様が他界されてからは休止しているとのことであった。手間暇のかかる普茶料理だけれども、何とか近い内に再開していただければと、切に願うばかりである。ちなみに、住職によれば、再開を目指して試行錯誤しているとのことだったので、正直、ほっとした。

 ふと気付いたのであるが、以前、NHK連続テレビ小説「ほんまもん(放送期間:2001年~2002年)」の主人公のモデルとなった、かの有名な故 村瀬明道尼(月心寺)の法名が、偶然にも、霊巌寺の息子さんと同じ「明道」であることに、何か不思議な気持ちとなった。・・・何かのご縁なのだろうか!?

 ※月心寺も、同じく、三十三年ほど前(新聞社時代)に足を運び、酒の一升瓶を片手にした村瀬明道尼を前に、見事な普茶料理を食したことがある。


【霊巌寺】福岡県八女郡黒木町笠原

               

  • posted by Chikao Nishida at 2017/7/10 12:00 am

四川料理 桃花源のビジネスランチ

DFD_6741


 写真は、四川料理 桃花源の週替わり(月曜日〜金曜日/11:30~14:00/祝日は除く)のビジネスランチ(1,250円/税別)の一部である。以下のメニュー6品から1品を選ぶと、スープ・ご飯・四川漬物・中華サラダがセットされるリーズナブルで、すこぶる満足できるランチメニューである。

 写真上から、麻婆豆腐(マーボー豆腐)、糖醋魚塊(白身魚の甘酢炒め)、雲白肉片(冷菜)(豚肉のにんにくソースかけ)。先週の6品の内、3品を食した。3人の場合は、単純計算で1,250円の3倍となるが、2人の場合、2品セットと別に1品をオーダーすれば、格安にて食せることになる。よって、大食い3人組の場合は、6品を頼めば、1,250円の3倍額と後は格安3品分で、6種類の料理を皆でシェアできると言うことだ。

 ちなみに、先週のビジネスランチの6種は以下の通り。

 ①麻婆豆腐(マーボー豆腐)
 ②雲白肉片(冷菜)(豚肉のにんにくソースかけ)
 ③家常牛肉(牛肉の辛子煮込み)
 ④乃油蝦仁(小海老のミルク炒め)
 ⑤糖醋魚塊(白身魚の甘酢炒め)
 ⑥素炒不砕(野菜炒め)

 筆者のオススメは、勿論、四川料理の代表格でもあるピリ辛の麻婆豆腐となる。白ご飯の上にかけて食すと、何杯もご飯が進む。猛暑で食欲がなく元気のない人には、特にお薦めしたい。四川特有の舌が痺れるような辛さと、唐辛子の刺すような辛さがたまらない。

 食事中に、四川料理 桃花源の四代目の早川史朗料理長が挨拶に来てくれた。桃花源としては、生粋のキャッスルマンとして、叩き上げで初の料理長となる。高校時代はバスケをしていたというイケメン料理長の誕生である。

 桃花源には三十数年通っているけれども、歴代の料理長として、初代 斉藤料理長(現同ホテル社長)、二代目 善家料理長(元同ホテル総料理長), 三代目 川上料理長(元同ホテル総料理長)のすべての料理を食してきた訳だが、四代目料理長オリジナル料理はまだ食したことがない。

 いつの日か、先輩料理長たちを越す日も必ず来るに違いない。よって、近々、早川料理長が創る乾燥アワビのステーキ、フカヒレ姿煮、フカヒレと蟹のスープ、アヒルの燻製などを食したいと・・・。珍味食材を引き立てる、四代目オリジナルソースやスープが如何なるものか・・・楽しみにしている次第。


DFD_6728


DFD_6720


DFD_6724



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

文責:西田親生

             

  • posted by Chikao Nishida at 2017/7/9 01:05 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp