ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

蕎麦屋のない肥後民家村・・・

shirasagi1


 和水町にある肥後民家村の「蕎麦屋木阿彌」が6月25日で店を閉じたために、あれから、和水の白鷺や青鷺、五位鷺を撮影に行く事がなくなった。取材ランチとしては、少々贅沢なものではあったが、県内でも三本指に入るほど、すこぶる旨い古式手打ち十割蕎麦だったので、取材の最大の楽しみでもあった。

 写真は、6月21日に菊池川の堰で撮影した白鷺だが、蕎麦屋のない肥後民家村は、正直申し上げて、筆者にとって魅力に欠けるものとなってしまった。「和食」はユネスコ無形文化遺産に登録され、古式手打ち蕎麦もそのカテゴリーに含まれるものである。日本の心を、そして日本の伝統文化をテーマとした肥後民家村は、いつの間にやら迷走を始めたらしい。


shirasagi2


shirasagi3


shirasagi4


▼2016年8月31日に撮影したもの(和水町で最初に撮った白鷺)
D75_0857


▼想い出される蕎麦屋木阿彌の蕎麦がき
D60_3532



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

             

  • posted by Chikao Nishida at 2017/7/17 04:52 am

暑さを吹っ飛ばす、四川料理。

D75_4962


 猛暑が続く、日本列島。熊本の空も大地もカラカラで、眩しい太陽光が体全体を射す痛さが身に沁みる。

 毎年のことだが、このような猛暑の中で、食欲不振でぐったりと、滝のような汗に疲弊する身体に刺激を与え、元気付けてくれるのは、何と言っても、吸収率の高い飲み物と四川料理が一番だと思われる。

 本日の取材ランチは、熊本ホテルキャッスル地階にある四川料理 桃花源にて、リーズナブルで本格的な四川の味を楽しめる、ビジネスランチ。数品より3品を選び、汗を拭き拭き食事をする訳だ。

 中国料理を独りで食す人も居るけれども、数人でいろんな料理を楽しんだ方が、断然美味しい。ここで坦々麺1杯を食べて満腹になるよりは、激辛四川の麻婆豆腐、青椒肉絲、そして、鶏肉の甘酢かけを食せば大満足となる。

 土曜日だったので、スタートを一時間ほどずらしてのランチ。丁度、客の切れ目を狙ってのランチは、思いの外、ゆったりと楽しむことができた。足繁く通い始めて三十五年ほどが経つ同店。その間、料理長は現在、四代目。かの有名な東京四川飯店の流れを持つ、桃花源。一押しレストランの一つとなっている。


D75_4947


D75_4955


D75_4944


D75_4941



◎ロゼッタストーン公式サイト(since 1995)
 http://www.dandl.co.jp/Link

                   

  • posted by Chikao Nishida at 2017/7/16 11:11 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp