ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

四川料理 桃花源

▼フカヒレと蟹みそスープ
800_0626


 昨日、御歳暮の御礼方々、熊本ホテルキャッスルの四川料理 桃花源へ足を運んだ。また、昼過ぎに、同ホテル常務取締役兼総料理長とオークス通りでバッタリ遭ったので、無意識のまま同レストランへ足が向いたとも言える。

 同店の四川料理は欲目で見ても、全国区。四川料理としては、トップレベルのレストランとして、東京でも名が通っている。

 今回オーダーしたものは、(1)フカヒレと蟹みそスープ、(2)八宝全菜、(3)あひるの燻製、(4)貝柱のチャーハンである。

 フカヒレと蟹みそスープは、接待をする時に、必ずと言って良いほど、オーダーすることが多い。まったりとした濃厚な味わい深いスープは、当然の如く逸品中の逸品と言える。食す前に香菜(シャンツァイ)の葉っぱを2枚ほどトッピングすると、程よい味わいと変わる。

 八宝全菜は、色味も艶も申し分なく、食材の多さに驚いてしまう。特に、なまこ、椎茸、筍が印象的で、それらの食感を楽しみながら、完食したのだった。また、すべての食材を包み込む、とろとろのスープは絶妙。ほとんどのお客が虜になりそうな逸品である。

 あひるの燻製は、知る人ぞ知る、四川料理の代表格。同店のあひるは、蒸して、桜のチップとお茶で燻してあるので、肉に癖がなく、蒸しパンと八丁味噌で食すと、北京ダックよりも満足度が高い料理と言える。これは、是非お試し頂きたい料理の一つだ。

 最後の「〆」で悩んだのが・・・蟹チャーハンか貝柱チャーハン、または、中華粥のどれにするかであった。前回食したのが蟹チャーハンだったので、今回は貝柱チャーハンを選んだ。これもまた、筆舌に尽くしがたいほどの美味さに腰を抜かしてしまった次第。正直なところ、お代わりしても良かったと、少々悔いが残った。

 いつ足を運んでもブレのない桃花源。熊本のグルメ界をリードする、上質のレストランとしてお薦めしたい!


▼八宝全菜
800_0630


▼あひるの燻製
800_0649


▼蒸しパン
800_0663


▼貝柱チャーハン
800_0676



【ロゼッタストーン公式ポータルサイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

                 

  • posted by Chikao Nishida at 2015/12/19 03:37 am

晴れたり、曇ったり。

800_0243


 北風が強く、雲の流れが速い。

 10日ぶりだろうか・・・旧細川刑部邸に車を預け、石段を登り、戌亥櫓側へと進んだ。今日は、二の丸公園沿いから大天守、小天守、宇土櫓遠景を捉え、ぐるりと加藤神社を右手にちょいとブラリしてみようと。

 約1時間ほど歩きながらの撮影だったが、その間、陽が当たったり、突風が吹いたり、曇ったりと・・・頬、耳、指先は冷たくなって行く。寒さが厳しくなると体全体に力が入り、先日の取材よりもかなり歩き疲れたような錯覚に陥った次第。

 紅葉も終わり、枯葉が舞い散る季節となった。・・・何気に景色に寂しさを感じてしまう。

800_0253


800_0277


800_0289


800_0295


800_0307


800_0316


800_0325



【ロゼッタストーン公式ポータルサイト】 http://www.dandl.co.jp/Link

                     

  • posted by Chikao Nishida at 2015/12/17 04:13 pm

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp