ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

三ヶ月ぶりに、念願の鰻を!

unagi-1


 三ヶ月間、ずっと待っていた。改修工事の為に、9月から11月末までお休みとなっていた鰻専門店「水前寺東濱屋」。本日、12月3日(木)に営業を再開した。同店の鰻は比類なき逸品。熊本を訪れる知人、友人には必ず紹介する老舗である。

▼水前寺東濱屋公式サイト
 http://www.dandl.co.jp/higashihamaya/Link

 本日も取材方々、お客の切れ目に、店主と女将とのトークを楽しみ、待ちに待った「特上うなぎ定食」(写真上)を食したのであった。今日の仕入れられた鰻は、皮目と身の間に程よく脂が乗り、もちもちした食感で、あっという間に大盛りのご飯も平らげたのだった。

 普通の鰻屋さんの鰻は、醤油辛かったり、薄っぺらだったり、硬かったりで、食欲がわかない。特に尻尾の細い部分は喰えない。しかし、同店の特上鰻は、二匹の良いところを選び、一匹分をサーブしてくれるので、外側カリカリ内側ふわふわジューシーで癖のない良質さに、皆、感動してしまう。

 また、その他にお薦めしたいのは、「レディースセット」と「特上鰻セイロ蒸し」。写真にはないが、リーズナブルで、鰻のセイロ蒸し、茶そば、天ぷらなど多くの種類の食材を一度に楽しめるもの。

 セイロ蒸し(写真下)に至っては、言わずもがな。初めて食す人は、蓋を開けたとたんに腰を抜かす。湯気とともに何とも言えない香りが立ち込め、美しくコーティングされたご飯と二重に添えられた鰻に大満足となってしまう。

 本日、取材とは言えども、至福の極みとなってしまった次第。・・・余りの心地よさに、睡魔が襲ってきたのであった。
unagi-2


unagi-3


unagi-5


unagi-7


unagi-8



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2015/12/4 12:42 am

1785gのカメラ&レンズで・・・

▼NIKON D800+SIGMA 24-105mm f4

D800


 単焦点ずばかりを揃えて取材している現在、ちょっと気分転換にズームレンズ(24-105mm f4)を使ってみることにした。

 本格的な取材ともなると、ロケーションによっても異なるが、カメラ2台、レンズ数本をカメラバッグに詰め込んで行くことが多い。ところが、このズームレンズを使ってみると、如何にズームが楽々なのかが分かってしまう。

 勿論、手元の単焦点レンズと同様に、24、35、50、70、80、105と刻み込まれた数値を可能な限り設定して、単焦点レンズを使っているように自分に思い込ませ、騙し騙し撮影することにした。

 f4がf2.8となればもっと撮影しやすかろうと、ブツブツ文句を言いながらの撮影である。しかし、重い。取材後にネットでカメラ本体とレンズの重さを調べてみたが、何と、カメラ本体が900g、ズームレンズが885gあるではないか。

 左手にずしっと来るので、かなり重たいとは覚悟していたものの、取材先で1,785gのカメラを持ち歩き、手持ち撮影していたのである。気付かぬ内に、取材をしながら筋トレしている状態。

 なるほど、ズームレンズというものは便利なようだが、f値が少々大きく、ボケを楽しもうとしても、単焦点レンズには敵わない。しかし、このレンズは色乗りがよく、程よい質感を出してくれるので、お散歩用としてしばらくは使ってみようかと・・・。

▼設定:24mm
24


▼設定:35mm
35-1


▼設定:35mm
35-2


▼設定:50mm
50


▼設定:75mm
75


▼設定:80mm
80


▼設定:90mm
90


▼設定:105mm
105


▼取材風景
chikaonishida



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

                       

  • posted by Chikao Nishida at 2015/12/3 12:00 am

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp