ロゼッタストーンBLOGニュース

The Rosetta Stone Blog

塩サバに吊られて・・・

DF1_9103


 新聞社時代、二十代の頃によく足を運んだ料理屋があった。そこは500円でお釣りがくるランチ定食。塩サバとなれば、腹の部分か尻尾の部分の半切れだが、それだけでも、味噌汁とご飯山盛り2杯でひもじい思いもせず、賄ってくれたような気がしてならない。

 それで、熊本市の上乃裏通りにある「生そば 森山」へ久しぶりに行くことにしたのだった。「確か、この辺りに!?」と思い、玄関前に立つと、「11月5日午後2時を持って廃業」と手書きの告知が貼られていたのだった。32年続いた老舗であったが、後取りが居なかったのか、ちょうど1ヶ月前に店を閉じたようである。急に寂しい気持ちになった。

 人間は慣れ親しんだ店などが急に無くなると、以前の店内の状況やその時に一緒に食した仲間たちの笑顔ばかりが、走馬灯のように頭に浮かんでくるのである。あの喧し者の店主だったが、蕎麦を食べる順番など・・・異常なほどに厳しかった。それが職人の拘りだったのだろうと。そんなこんなを思い出しつつ、朝食と昼飯を食べていなかったので、その空腹を抑えることはできない。

 よって、近場の居酒屋風の「和食処 室(むろ)」の暖簾を潜ることにした。

 既に、頭の中では、夕飯のメインは「塩サバ」となっていた。同店の塩サバは、他店よりもでかい。腹と尻尾を切ることなく、ドーンと皿に乗った新鮮な塩サバである。(写真上を参照)

 ガス釜で炊かれたご飯、味噌汁、お新香をオーダーし、更に、タラバガニのクリームコロッケ、豚足、桜納豆(馬刺しと納豆)、牡蠣の天ぷらを次から次へとオーダーし、胃袋は破裂寸前の風船のように膨れあがっていった。

 店内は土曜日でもあり、商店街の集まりや子供連れの一見客も入り、にわかに賑々しくなっている。人の話し声など聞こえぬ状態で食して行ったので、気づけば、これら写真の通り、とんでもない量を食したことになる。ちなみにご飯はお替わりをしたので、本日の朝食、昼食分も食べてしまったようなお得感があった。


▼タラバガニのクリームコロッケ
DF1_9092


▼豚足
DF1_9106


▼桜納豆
DF1_9094


▼牡蠣の天ぷら
DF1_9130



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

               

  • posted by Chikao Nishida at 2015/12/6 02:55 pm

船場の蕎麦を食して・・・

▼船場 花屋の鰻そば

800_8036


 寒くなると、ざる蕎麦大好きの私でさえ、熱々の蕎麦を欲してしまう。

 昨日は、時折足を運ぶ、船場 花屋に立ち寄った。母と息子の二人が切り盛りしている老舗である。よって、同店は50年以上も続いている食事処。蕎麦や丼ものがメインであり、少々お値段は良いものの、昔ながらのファンが多い。

 昨日も、10年ぶりだろうか、30年来の知人とバッタリと遭ってしまった。彼は、今、熊本から博多、東京、そして札幌まで店を展開しているプロのバーテンダーである。互いに太り、年を重ねたことへの冷やかしを交えながら、僅かな時間ではあったが、今を語ってくれた。

 店主の息子がにこやかに、「今日のオススメは鰻そばです!」と。・・・実は前日のランチは、水前寺東濱屋(創業140年)にて極上の鰻を食していた。しかし、そこで断れないのが私らしいと、苦笑いをしてしまった次第。

 店主のリコメンド通り、鰻はやわらか煮(有馬煮)が絶妙で、出汁は流石に最後まですすってしまった。ただ、私の胃袋であれば、鰻があと2つほどあれば、最高だったろうと・・・。

 食後、体は汗をかくほど暖まり、今度は、桜の馬場 城彩苑で休憩するために移動した。駐車場に車を置いて外に出ると、何やら、鈴なりに実をつけた大木が目に入ったのである。・・・栴檀の実!?・・・近づくと美しいとは思えぬが、奇妙で面白みがあったのでパシャりとシャッターを押して、その場を立ち去った。

 最近は観光旅行で国内外へ出ることが少なく、撮影のネタ不足と思いつつも・・・されど、絶好の被写体は足元にゴロゴロと転がっていることが多い。同苑を出ようとした矢先、「今日の夕飯はどうしようか!?」と、蕎麦を食して間もないのに、夕食のシミュレーションをしている私がいた。・・・食いしん坊もほどほどにしておかねば、イベリコ豚になってしまいそうな勢いである。

※撮影機材:NIKON D800+SIGMA 50mm f1.4


▼船場 花屋の稲荷寿司(テイクアウト不可)
800_8033


▼桜の馬場 城彩苑で見つけた栴檀
800_8063


800_8039



【ディー・アンド・エルリサーチ株式会社公式サイト】 http://www.dandl.co.jp/dandl/Link

             

  • posted by Chikao Nishida at 2015/12/5 03:12 pm

1995年以来情報発信している老舗ポータルサイト「ロゼッタストーン」のブログをお楽しみ下さい。詳細はタイトルまたは、画像をクリックしてご覧ください。

behance如水美食研究会オブスクラ写真倶楽部facebook-www.dandl.co.jp